スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

郷ひろみ 1 略歴



郷ひろみ

郷 ひろみ(ごう ひろみ、本名:原武 裕美(はらたけ ひろみ)、1955年10月18日 - )は福岡県糟屋郡須恵町生まれの歌手・俳優で、新御三家の一人として、1970年代に日本を代表する程の絶大な人気を誇った男性アイドルである。

元ジャニーズ事務所所属。現在の所属事務所はバーニングプロダクション、所属レコード会社はソニー・ミュージックエンタテインメント(旧・CBSソニー)。
東京の世田谷にある日大桜ヶ丘高校に入学し野球部に所属したが、芸能活動が忙しくなったために一学期を終了した後に、当時の堀越学園芸能コースに転校。堀越高等学校卒業後、日大芸術学部を目指したが結局法学部に進学し日本大学法学部二部中退。
公表身長は178cm。血液型はA型。

略歴

1972年1月にNHK大河ドラマ『新・平家物語』で俳優として芸能界デビュー後、同年8月1日に『男の子女の子』で歌手デビューを果たす。
ジャニーズ事務所に所属し、当時人気絶頂だったフォーリーブスの後継者としての活躍が期待された。芸名の「郷」は、「5人目のフォーリーブス」という意味もかけていると言われる。女の子に間違えられる位に甘美で可愛らしいルックスと、鼻にかかった独特の歌声が、若い女性に絶大なる人気を博し、一躍トップアイドルになる。
野口五郎、西城秀樹とともに新御三家と呼ばれ、音楽番組以外に日本テレビ系『カックラキン大放送』などのバラエティ番組でも共演した。またテレビドラマにも多数出演し、まさに男性アイドルの典型でかつ象徴的な存在として、1973年、1977年の「ブロマイド」の年間売上実績でNo.1に輝いた。
更に集英社の月刊雑誌『明星』掲載の「アイドル人気投票」では、9年連続1位を獲得した。ファンによる親衛隊も多く誕生。代表的なグループは赤いハッピの「ヒロミックガールズ」や、東京と大阪に存在した「HEY GO」など。

『小さな体験』、『愛への出発』、『裸のビーナス』(1973年)、『花とみつばち』、『よろしく哀愁』(1974年)、『誘われてフラメンコ』(1975年)、『マイレディー』(1979年)、『How many いい顔』(1980年)、『お嫁サンバ』(1981年)などがアイドル時代の代表的なヒット曲。また、TBS系ドラマの挿入歌で、共演の樹木希林とのデュエット曲『お化けのロック』(ムー・1977年)、『林檎殺人事件』(ムー一族・1978年)が大ヒットした。

1976年、ジャニーズ事務所からバーニングに移籍。ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川はこの騒動で体調を崩すほどショックを受けたと言われている。この間の経緯については郷の著書『たったひとり』(1980年)に記述がある。

1978年には、ベストドレッサー賞の特別賞を受賞している。

1980年代には、『素敵にシンデレラ・コンプレックス』(1983年)、『2億4千万の瞳』(1984年)などのヒットもさることながら、西城秀樹の『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』の大ヒットに刺激されて『哀愁のカサブランカ』、『哀しみの黒い瞳』(1982年)、『ケアレス・ウィスパー』(1984年)などの洋楽でバラード曲のカヴァーを次々と発売し、アイドル歌手から大人の魅力を持った本格派歌手への脱皮を図る。またこの頃ボイストレーニングに渡米し、ブレス使いを学んで力まずに声を出す手法を会得し、スローバラードも聴かせられるほど歌唱力がアップした。
この事は1990年代のバラード3部作のヒットにも大きな影響力をもたらしたと言えるだろう。

1982年にTBS系音楽番組「ザ・ベストテン」への出演を拒否して話題となった。「僕にとっては僕の歌は全部1番、他人に僕の歌のランク付けされるのは嫌だ!」という理由からと説明されたが、絶大な人気を誇っていたテレビ番組への出演拒否は人気の面に悪影響も及ぼしたとされる。

1984年、初代ベストジーニスト賞に輝く。

1985年、交際を公にしていた歌手・松田聖子と破局。なお、2007年にはマンダムのCMの『青い珊瑚礁』の替え歌が話題となった。

1987年、女優の二谷友里恵と結婚する。結婚披露宴の模様をフジテレビが中継し、47.6%という記録的な視聴率をあげた。その後二谷友里恵は芸能界を引退し、生活の拠点を主にニューヨークに置き、2女を設ける。

1986年、主演した映画「鑓の権三」(篠田正浩監督)がベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞する。

1990年代に入るとTBS系ドラマ『お見合いの達人』の主題歌『言えないよ』などのバラード3部作がヒット。

1998年、二谷友里恵と離婚する。告白本『ダディ』を出版し、ミリオンセラーとなり出版元の幻冬舎の躍進に大きく貢献したとされる。

1999年、リッキー・マーティンの世界的ヒット曲『Livin' La Vida Loca』の日本語版『GOLDFINGER '99』のプロモーションとして渋谷でゲリラライブを行い、警察の許可を取っていなかったため交通渋滞を引き起こし渋滞に巻き込まれた都バスが数本運休する騒動になり、レコード会社社員が書類送検される事件に発展し話題となった。
デビューの年にレコード大賞の新人賞、さらに1976年『あなたがいたから僕がいた』で同賞の大衆賞を受賞して以来、賞には余り縁がなかったが、この年同賞の最優秀歌唱賞を受賞している。

2000年、再婚。2001年の紅白歌合戦を最後に活動を休止し、新妻と共に再びアメリカに移住。日本では「高須クリニック」のCMでのみ姿が見られる状態に。院長の高須克弥とは30年来の付き合い。

2005年3月、久々の活動再開を宣言。しかし同年4月、二度目の離婚。

2006年5月、埼玉スタジアムで行われたキリンカップ2006「日本VSスコットランド」戦において国歌独唱。全身ブルーのスーツで登場し歌い終わった後には、JFAのフラッグを縫い付けたお得意のジャケットプレイでパフォーマンス。スタジアムをどよめきで沸かせた。

2006年9月、デビュー35周年記念ライブとして、東京・日比谷野外音楽堂など全国6カ所で8公演を開催。

2007年5月、『Come On Baby』を国土交通省の「ビジット・ジャパン」のキャンペーンソングとして楽曲提供したことにより表彰された。

2007年5月30日、藤原紀香と陣内智則の結婚披露宴でスペシャルゲストとして『お嫁サンバ』を披露した。同披露宴は日本テレビで中継され、熱唱場面は高視聴率をたたき出した。
15年以上前から「ボランティア」「チャリティ」活動に従事する。これまでにフィリピンに学校を4つ設立した。そして日本テレビ「トシガイ」という自分の年齢の数だけ(51歳×1万円)好きなものに使えるという番組で、初めてフィリピンを訪問し子供たちから熱烈な歓迎を受ける。
51万円で子供たちに文房具、Tシャツなどをプレゼントした。これからもライフワークにしていきたいと熱く語った。

2007年9月、埼玉スーパーアリーナで開かれた、世界最大級のファッションフェスティバル「第五回東京ガールズコレクション」のライブの大トリを務めた。軽快なダンスと共に『お嫁サンバ』『Boom Boom Boom』『GOLDFINGER '99』の3曲を披露した。
郷の登場で2万5000人の観衆のボルテージは”最高潮”に達した。

2007年度「ネイルクイーン・協会特別賞」を受賞。


エピソード
高校を5年かけて卒業した後、日大法学部夜間部に入学したが、授業料を払わなかったので、除籍になった。

フォーリーブスの一員だった江木俊夫は、自著の中で「ジャニーズ事務所に最大の利益を与えたのはSMAPだろうが、ジャニー喜多川さんが今でも理想のアイドル像として思い描いているのは郷ひろみだろう」と述べている。

デビュー当時、週刊誌に自分はマザコンで童貞であることを告白して話題となった。
20代の頃、山口百恵に密かな恋心を抱いていたが、無視され続けたという苦い経験を持っている。

アイドル水泳大会では競泳など多くの競技に出場し、特にフジテレビの番組では「ミスター水泳大会」と呼ばれた。
しかし、若い女学生ファンの間では、スポーツ部の西城秀樹、文化部の野口五郎に対して、帰宅部の郷ひろみと評されることがあった。

『2億4千万の瞳』は当時の国鉄のキャンペーンに使われたが、これは郷の父親が国鉄職員であった縁によるとされる。その後、郷の父親は昇進試験を受け、東京駅の助役を勤めあげた。
2007年にはこの曲をアレンジしたものがBSデジタル放送3000万台突破記念キャンペーンソングとして用いられている。

KINCHOの「キンチョール」のCMで横山やすし・柄本明らと共演。
中でも「ムシムシコロコロ キンチョール」「ハエハエカカカ キンチョール」のセリフは流行語になった。

2005年フジテレビFNS歌謡祭に出演、アメリカでの休養後、久々のテレビ出演。
ヒットメドレー数曲歌った。彼独特のパワフルなステージパフォーマンス「高速でジャケットを脱いだり着たり」「櫛で髪をとく」「首を左右に動かす」なども健在で、メドレー中盤『2億4千万の瞳』『Livin' La Vida Loca』を歌い出だしたころには会場に居るジャニーズの後輩たちが立ち上がって彼に声援を送る程、会場が一体となって盛り上がった。

2007年5月21日放送の『SMAP×SMAP』のエンディングでSMAPと競演、5月23日放送の『めざましテレビ』で生ライブを行い、5月25日放送の『僕らの音楽-OUR MUSIC-』では話題のDJ OZMAと対談するなど、フジテレビの各番組で新曲の『Boom Boom Boom』の発売をアピールした。

NHKの「英語でしゃべらナイト」に出演し、流暢なニューヨーク仕込みの英語を披露した。
司会のパックンには「大学生レベルの英語」と絶賛される。 英語で「考える・行動する・継続する」という人生の哲学を語った。同番組内で新曲『Come On Baby』の英語バージョンを披露した。


夜のヒットスタジオ

郷ひろみの芸能活動の足跡を語る上で外せない音楽番組にフジテレビ系の『夜のヒットスタジオ』がある(フジテレビはこれ以外にも様々な番組で郷ひろみをメインに取り上げ、支援し続けている)。

番組への初出演は1972年の末、デビュー作の『男の子女の子』ではなく、2作目の『小さな体験』での出演であった。ジャニーズ事務所の「アイドルを夜の番組にはあまり出演させたくない」という方針から、同じ新御三家でライバルの西城秀樹・野口五郎と比べて出演機会が少なかったが、1976年のバーニングプロ移籍を機に、原則として月1回のペースで出演するようになった。

1982年にランキング番組への出演辞退を表明した後も、夜ヒットに限っては、大抵は本編・オープニングメドレーでトリをつとめたり、派手な演出を用意されるなどの厚遇を受け、1970年代後半~1980年代にかけて、出演回数の多さ、番組への寄与度の大きさなどから布施明・五木ひろし・沢田研二・田原俊彦・西城秀樹と肩を並べ、その中でも「ミスター夜ヒット」として最も重要視される存在であった(最終出演は1990年6月27日、総出演回数は174回)。そのため、番組内では数多くのエピソードを残している。

ジャニーズ所属時代、オープニングメドレーの際に、次にバトンを渡す橋幸夫を「舟木一夫さん」と間違って紹介してしまい、放送終了後、橋サイトから相当にクレームが付いた。

雨に打たれながらの歌唱や、副調整室からスタジオに繋がる階段の上から飛び降りるなどの過激かつ派手な演出が多かったことから、当時の週刊誌に、「郷ひろみは夜ヒットに虐げられている」との記事が書かれたこともある。

1981年2月16日、司会の井上順が休みのため、代打司会者として芳村真理の相手役を務める。この際、郷は歌を披露せず、司会役に徹した。

「哀愁のカサブランカ」を披露する際には必ず後姿の女性の肩を抱きながら歌を披露する演出が行われていた。特に1982年8月2日放送では郷の大ファンであることを公言して憚らない古手川祐子とテレビドラマさながらのワンシーンを演じた。

1981年から1984年にかけて、当時交際中であった松田聖子とセットで出演することも多く、お互いに歌の際には、あえて、歌っている姿を後ろで見ている時のそれぞれの表情がアップで映し出されるという演出が取られたり、1コーナーを使って二人の曲をつなげて披露させる(1982年の「野ばらのエチュード」(聖子)→「哀愁のカサブランカ」(郷)など)といった演出が行われることもしばしばあった。
特に1984年10月8日の特別版の際に聖子が小坂明子の名作「あなた」を披露していた最中で感極まり号泣した際には、二人の交際の進展具合と併せて様々な憶測を呼んだ(結果として、1985年初頭に二人は破局を迎えてしまう)。

松田聖子が神田正輝と結婚して間もなくの頃、海外から衛星中継で出演。
その際、司会の芳村真理から「結婚式での聖子ちゃん、綺麗だったわよ」と呼びかけられると、郷は「そうですか…」と一言だけ残して、そのまま中継先から「哀愁のカサブランカ」を披露した。このシーンは現在も郷、聖子それぞれのファンの間でも「伝説のシーン」として語り草となっている。

女優・二谷友里恵との結婚を控えた1987年5月には自身2度目となるマンスリーゲストとして出演。基本的には出演期間は1ヶ月間のみとの原則を打ち破り、郷は結婚式2日前の1987年6月10日放送まで6回連続で出演。特にマンスリー最終日の6月10日放送では二谷が特別出演し、結婚記念の特別企画として彼女に捧げる歌として製作された『REE』を披露している。

1988年2月3日、番組放送999回を記念してロンドンから全編衛星生中継を行った際、その翌週に番組を勇退する「恩人」芳村真理へ感謝の意を込めて、(当時たまたまロンドンに滞在中であったこともあり)夫婦そろって特別出演、『千年の孤独』を披露した。


郷ひろみの名前が登場した作品

ブラック・ジャック
ドラえもん


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
 

前ページ | ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。