スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

大倉忠義



大倉 忠義(おおくら ただよし、1985年5月16日 - )は、日本の男性アイドルグループ・関ジャニ∞のメンバーである。ジャニーズ事務所所属。

略歴

1997年9月6日、V6の森田剛に憧れジャニーズ事務所のオーディションを受ける。そして見事合格し、練習生として入所。安田章大、錦戸亮と同期である。

ジュニア時代は主に関西ジャニーズJr.の中心であった渋谷すばる、横山裕、村上信五のバックで活躍していた。

2002年12月、大倉を除く関ジャニ∞のメンバー7人がレギュラー出演していた番組「J3KANSAI」に、新たにレギュラーメンバーとして加入。関ジャニ∞の人数が8人になったのは、上記番組が関西地方の8chである関西テレビで放送されていたからである。

加入メンバーに大倉が選ばれた理由は、同期入所であった丸山と安田が「大倉はリズム感がいいからドラマーとしてグループに入れてくれ」と社長に直訴した為。ここから大倉はドラムを猛特訓し、加入が決まった。

2004年8月25日、関西限定発売の「浪花いろは節」で関ジャニ∞としてCDデビュー。

人物

弟が2人いる。

関ジャニ∞のメンバーで最も長身であり最も小顔である。

動きや喋りがスローなため人からよく突っ込まれているが、本人曰く周りが極端に早いだけであって自分では普通に喋っているつもりがスローだと言われるとのこと。

今はドラマーであるが昔はギターマンだった。最近はまたギターを弾いている。

関ジャニ∞ではドラムを担当。TOKIOなどのバンド形式を取っていないユニットでメンバーに楽器を常時持たせる事は珍しく、ジャニーズ事務所の若手ユニット(KAT-TUN、NEWSなど)内で明確な楽器を持つポジションで活動しているのは大倉と同グループの丸山隆平(ベース)、安田章大(ギター)のみである。

CDデビュー前の下積み時代は新聞配達のアルバイトをしていた。

飛行機恐怖症である。

昔から家族揃ってレンタルビデオ屋が好きで、今でも移動中にはパソコンで映画を観たりしている。

アイドルらしからぬぽっちゃり体型で、本人だけでなく周囲の人々もその太りやすい体質を気にかけている。本人曰く「似ているものはトトロか豚か熊としか言われたことがない」とのこと。

いちばん好きな食べ物は白米で、朝食もご飯派。

食べることは基本的に大好きだが、ケーキなどの甘過ぎるものや辛い食べ物は苦手であり、辛い物を食べた際には異様に騒ぐ。本人曰く、菓子類は洋菓子よりも和菓子のほうが好きとのこと。

食べるだけでなく実際に料理をすることも好きで、Johnny's webの連載でも度々自炊したことが書かれていた。

趣味でテディーベアを集めている。

Kis-My-Ft.2の北山宏光とは一緒にご飯を食べに行ったりするくらい仲が良い。

動物は犬が好きで、小動物や爬虫類や猫などは怖い。猫については雑誌のインタビューで「噛み付いてくるし引っ掻いてくるから」と答えている。

肌がたいへん弱く荒れやすいため、市販の洗顔料では合わない物がある。(DVD特典インタビューより本人談)

天然でおとなしいキャラであるが故に、メンバーからよくいじられる。しかしメンバーの丸山や安田に対しては強気な態度をとる場面が度々見受けられる。

寝起きが非常に悪く、『関ジャニ∞ えっ! ホンマ!? ビックリ!! TOUR 2007』の寝起きドッキリ作戦の時も、最初にドッキリに掛かったにも関わらず、後のメンバー以上に眠そうにしていた。実はこの寝起きドッキリの発案者は大倉本人であり、寝起きドッキリが行われた夜に『これからのエイトレンジャー』という嘘の打ち合わせで話し合いをした際、本人が「エイトレンジャーで“寝起きドッキリ”がしたい」と発言。その時既に手はずを整えていた横山と渋谷により、ドッキリを仕掛けられた後で事の真相を告げられた。

女の子に囲まれるのは基本的に苦手。

ドラマでのアドリブが苦手。土曜ドラマ『ヤスコとケンジ』でアドリブを命じられた時も、二言しか話さないままグダグダに終わらせてしまい、共演者の多部未華子に「がっかりした」と言われた。

エピソード

小さい頃は体がとても弱く、全身麻酔の手術も経験済みである。

涙もろい性格で、感動する映画や本を見て号泣することもある。雑誌のインタビューで「ジーンとなることは?」という質問では、「自分は涙もろいから。」と答えている。また、錦戸亮が出演していたドラマ『1リットルの涙』のDVD-BOXを一人で見ていて号泣し、仕事から帰ってきた錦戸を驚かせたこともある。

あだ名の「たっちょん」とは、安田によって名付けられた。

愛称

あだ名は「たっちょん」、「たつよし」、「たつ」、「たっくん」など。「ホテルオークラ」、「大蔵省」とも呼ばれていた。
小学校の頃は「大倉総理大臣」とみんなに呼ばれていた。
Kis-My-Ft.2の北山宏光からは「忠くん(ただくん)」と呼ばれている。
親戚には「ただよっちゃん」と呼ばれている(父親とかぶらない呼び方をするため)。
弟からは「たーしー」と呼ばれている。
『うたばん』では司会の石橋貴明と中居正広に「ジャニー大倉」と呼ばれている。

参加ユニット

J2000
V.WEST
MAO
ヤンジャニ
関ジャニ∞
関ジミ3(大山田)


出演

ドラマ

怖い日曜日〜2000〜 第10回:記憶からの使者〜よみがえる過去の恐怖!!(2000年9月10日、日本テレビ、)
シンデレラになりたい!(2006年3月18日、TBS) - 鳴海坂凡・鳴海坂剣 役
劇団演技者。 インテリジェンス(2006年、フジテレビ) - 従業員・はじめ君 役
必殺仕事人2007(2007年7月7日、テレビ朝日) - からくり屋の源太 役
歌姫(2007年10月12日 - 12月21日、TBS) - 神宮寺くん(後のジェームス) 役
ヤスコとケンジ(2008年7月12日 -、日本テレビ)- 椿 純 役

舞台

滝沢演舞城(2006年3月7日 - 4月25日)
Endless SHOCK(2008年1月6日 - 2月26日)

CM

オロナミンC 関ジャニ入らへん?・特訓編(2006年7月8日 - )

コンサート

大倉忠義コンサート 2008(2008年10月11日 - 10月21日)

ソロ曲

Butterfly I Loved(2006年)
まもりたい(2007年)
KJ2 ズッコケ大脱走収録曲
torn(錦戸亮とのデュエット曲)(2008年)
※タイトルは2人のイニシャル(t→忠義、o→大倉、r→亮、n→錦戸)の意味も込められている


スポンサーサイト
 
 

錦戸亮



錦戸 亮(にしきど りょう、1984年11月3日 - )は、日本の俳優、タレント、歌手である。ジャニーズ事務所に所属し、男性アイドルグループNEWS及び関ジャニ∞のメンバーである。身長170cm。体重55?。

略歴

熊本県出身の父と鹿児島県出身の母との間に兵庫県神戸市に生まれる。(本人がジャニーズweb内で「兵庫の尼崎という街に自分と言う名のコウノトリがはこばれてきました」と発言)、後大阪府に移住。

1997年の9月6日にジャニーズ事務所のオーディションを受け、訓練生として事務所に入る。このオーディションに合格し、ジャニーズJr.のひとりとなった。このときの同期に安田章大、大倉忠義、丸山隆平がいる。

関西ジャニーズJr.の中心として第一線で活躍。関西ジャニーズJr.としては、東京での仕事に早い段階で呼ばれていたメンバーの1人であり、『ミュージックステーション』などの音楽番組や、ジャニーズJr.のコンサートではソロで歌う機会も多かった。

2000年2月、「Secret Agent」名義でシングル『Secret Agent Man』(ソニー・ミュージックエンタテインメント)を発売。東山紀之主演『平成夫婦茶碗〜ドケチの花道〜』(日本テレビ系)の主題歌として使われ、『ミュージックステーション』では東山紀之と一緒に出演し、デュエットをした。クレジットには錦戸の名前は記載されておらず、ジャケットは外国人モデルが起用されている。錦戸の声変わり前の歌声が収録されている一枚である。

2002年の12月には関西テレビでのレギュラー番組内で、関西ジャニーズJr.の主力メンバーによる関ジャニ8(のちの関ジャニ∞)を結成。2003年9月には『バレーボールワールドカップ2003』に際してのイメージキャラクターとして結成されたNEWSのメンバーに選ばれる。同年の11月には『バレーボールワールドカップ2003』のイメージソング『NEWSニッポン』(M.Co.、セブン-イレブン独占発売)を発売。その後も関ジャニ8のメンバー活動を並行して行う。

2004年5月にはNEWSとして、シングル『希望〜Yell〜』(ジャニーズ・エンタテイメント)でメジャーデビュー。同年8月に関ジャニ∞として、シングル『浪花いろは節』(テイチクエンタテインメント)を関西地区限定で発売。9月には全国発売し、メジャーデビューを果たす。期間限定を除くCDデビューユニットに複数所属するのはジャニーズ事務所としては初の試みであった。

2006年1月には初のソロライブ『錦戸亮 LIVE』を横浜アリーナ・大阪城ホールで公演した。


人物・特徴


「関ジャニ戦隊∞レンジャー」(公式携帯サイトJohnney's Webでの連載名)でのレンジャーカラーは黄色。

基本は右利きだが、過去に右腕右手を三度骨折した経験により、左手も使えるようになった。またその結果、右肘が曲がりにくく、右手を肩につけることができない。

読書を好み、好奇心も旺盛のため、色々な分野の雑学を多く知っている。

ギターを弾けるようになってからは、自ら作詞・作曲を手掛けるようになり、実際にコンサートで披露したり、CDアルバムやライブDVDに収録されている曲もある。

NHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』で主人公の相手役を演じ、日刊スポーツが行った「第7回ドラマグランプリ」において、新人賞を受賞(2004年)。以後、『がんばっていきまっしょい』『1リットルの涙』(共にフジテレビ系・2005年)と出演作が続き、ザテレビジョンが行った「ドラマアカデミー賞」助演男優部門で読者票・審査員票・TV記者票から安定した評価を受け2位(2005年夏クール・秋クール)になるなど、俳優としての評価が高まる。なお、ジャニーズタレントによる朝の連続テレビ小説への主要キャストとしての出演は89年SMAP・稲垣吾郎の『青春家族』出演以来、14年ぶり2人目である。

ドラマ『ラスト・フレンズ』(フジテレビ系/2008)ではDV男役を演じたため、雑誌『日経エンタテイメント』(2008年8月号掲載)が行なった「上半期ヒット総まくり」の“イメージダウンした俳優ランキング”においてダントツの1位に選ばれたが、“嫌われ役”を徹底した故の結果とされ、俳優としての実力は高く評価された。これにより、ザテレビジョン実施の「ドラマアカデミー賞」(2008年春クール)にて、読者票・審査員票・TV記者票、すべての部門で投票数1位を獲得し、同誌では自身初となる最優秀助演男優賞を受賞。これまでの好青年役ばかりにより生まれたイメージを一転させ、俳優としての活動の域を広めた。

ドラマで演じる役は何かに挫折した役が多く、本人も「自分は“挫折顔”だからだろう」と語っている。重松圭一(『がんばっていきまっしょい』プロデューサー)には「挫折した役はドラマの王道をいくには最も必要であり彼は是からのドラマを背負っていくであろう」と評価を受けている。

普段は関西弁で話しているため、ドラマで標準語の役を演じる時は、言葉のイントネーションをスタッフに何度も確認してから撮影に臨んでいる。アドリブでの演技は、知らずに関西弁が出てしまう事があるため苦手である。基本的に脚本に書かれた台詞を忠実に演じている。また、撮影現場には台詞を完璧に頭に入れてから現場に行き、台本を持たないようにしている。

台本のない仕事(バラエティ番組、コンサートのMC等)では、上手く話せない事が多い。しかし、年下のメンバーが多いと、MCの要所で牽引している。

ジャニーズ事務所の先輩では松本潤(嵐)、同年代では内博貴(ジャニーズJr.) ・山下智久(NEWS)・安田章大(関ジャニ∞)・大倉忠義(関ジャニ∞)・赤西仁(KAT-TUN)とプライベートで会うことが多い。

発言やドラマで演じる役柄から「怖い」「クール」などのイメージを持たれやすいが、実際は恥ずかしがり屋で人見知りが激しい。

斉藤和義の大ファンで、各メディアにおいて度々本人が公言している。

出演

グループでの出演はNEWS及び関ジャニ∞を参照のこと。個人での出演のみ記載。なお、 NEWSではコンサート項のうち、2003年の「相信台湾」、2004年の「SUMMARY of Johnnys World」に、関ジャニ∞の舞台項のうち、2004年の「Magical Musical Dream Boy」には出演していない。


テレビドラマ

連続ドラマ

びんぼう同心御用帳(朝日放送、1998年7月 - 9月) - 伊之役
七人のサムライ J家の反乱(朝日放送、1999年4月 - 2000年9月) - 城之内亮役
ゼニゲッチュー!!(日本テレビ、2001年5月 - 6月) - 松上孝之助役
よるドラシリーズ かるたクイーン(NHK総合テレビ、2003年1月) - 倉田友也役
朝の連続テレビ小説 てるてる家族(NHK、2003年9月29日 - 2004年3月27日) - 桑原和人役
がんばっていきまっしょい(関西テレビ、2005年7月5日 - 9月13日) - 関野浩之役
1リットルの涙(フジテレビ、2005年10月11日 - 12月20日) - 麻生遥斗役
アテンションプリーズ(フジテレビ、2006年4月18日 - 6月27日) - 中原翔太役
一瞬の風になれ(フジテレビ、2008年2月25日 - 4夜連続放送) - 神谷健一役(友情出演)
ラスト・フレンズ(フジテレビ、2008年4月10日 - 6月19日〈特別編を含むと6月26日〉) - 及川宗佑役
流星の絆(TBS、2008年10月 -) - 有明泰輔役

単発ドラマ・ゲスト

熱血恋愛道〜乙女座のB型BOY(日本テレビ、1999年4月4日) - 主演
怖い日曜日〜新章〜 第4回「バイバイ」(日本テレビ、1999年10月24日) - 主演
BS-i 開局記念ドラマ Peace Wave〜ウクレレと少年〜(BS-i、2000年12月1日) - 主演・久田純役
史上最悪のデート 第8話「刑事の息子 vs ヤクザの娘」(日本テレビ、2001年1月28日) - 主演
関ジャニ∞青春ドラマシリーズ ダイブ・トゥ・ザ・フューチャー(関西テレビ、2006年12月27日) - 下田役
関ジャニ∞青春ドラマシリーズ 蹴鞠師(関西テレビ、2006年12月29日) - 黒島役
アテンションプリーズ スペシャル ハワイ・ホノルル編(フジテレビ、2007年1月13日) - 中原翔太役
1リットルの涙・特別編 〜追憶〜(フジテレビ、2007年4月5日) - 麻生遥斗役

バラエティ

8時だJ(テレビ朝日系) 1998年~1999年
USO!?ジャパン(TBS系) 2001年~2003年

ラジオ

ABCミュージックパラダイス(ABCラジオ、月2回マンスリーゲスト)
ミューパラ土曜日の「ミューパラ・アーティストレビュー」コーナーのマンスリーゲストとして月2回の出演だったが、同番組の土曜日放送が2008年3月29日で終了する為、2008年3月22日放送分が錦戸の最後のコーナー出演となった。

CM

ヤン坊マー坊天気予報「放送開始40周年記念」Ver.(ヤンマー、1999年)
オロナミンC「関ジャニ入らへん?・特訓」編(大塚製薬、2006年7月8日 - 2006年9月30日)
Ultra Music Power「先輩たち」篇(2007年11月12日 - 18日)

舞台

ミュージカル「MASK」(大阪松竹座、1997年12月6日・7日)
KYO TO KYO 春公演(京都シアター1200、1998年4月18日 - 7月12日)
KYO TO KYO サマーフェスティバル(京都シアター1200、1998年7月18日 - 8月31日)
KYO TO KYO 秋公演(京都シアター1200、1998年9月6日 - 11月29日)
PLAYZONE・THEME PARK(青山劇場、2000年7月16日 - 8月20日) - ゴロー役
PLAYZONE新世紀〜EMOTION〜(青山劇場・大阪、2001年7月14日 - 8月17日)
SHOW劇・SHOCK(帝国劇場、2001年12月1日 - 2002年1月17日) - リョウ役
Endless SHOCK(帝国劇場・32公演、2005年1月10日 - 31日) - リョウ役
Endless SHOCK(帝国劇場・34公演、2006年2月6日 - 3月28日) - リョウ役

コンサート

ジャニーズJr.「Johnny's Winter Concert」(横浜・大阪、1998年12月27日 - 1999年1月6日)
ジャニーズJr.「Fresh Spring Concert '99」(横浜・大阪、1999年5月2日 - 6月20日)
関西ジャニーズJr.「FIRST LIVE」(Zepp 大阪、1999年8月13日 - 15日)
ジャニーズJr.「特急投球コンサート(東京ドーム、1999年10月9日)
関西ジャニーズJr.「X'masプレゼント」(大阪松竹座、1999年12月20日 - 25日)
ジャニーズJr.「Spring Concert 2000」(大阪・名古屋・横浜、2000年4月3日 - 5月7日)
ジャニーズJr.「3大ドーム CONCERT」(大阪・名古屋・東京、2000年9月3日 - 10月15日)
東山紀之ディナーショー(東京・大阪、2000年12月24日 - 29日)
タッキー&翼 21世紀の対決(横浜・名古屋・大阪、2001年5月3日 - 6月3日)
ジャニーズJr. タッキー&翼総出演(大阪・名古屋・横浜、2002年3月29日 - 5月6日)
タッキー&翼 with allジャニーズJr.con'(大阪、2002年12月28日)
錦戸亮 LIVE(横浜アリーナ・大阪城ホール、2006年1月5日・9日)

シングル

グループでの作品はNEWS及び関ジャニ∞を参照のこと。

Secret Agent「Secret Agent Man」(2000年2月23日)

オリジナルソロ曲

この星で生まれて (B.B.A.として・DVD『素顔2』収録)
出会いは偶然、別れは必然 (舞台「X'mas party 2003」披露:未収録)
OPEN YOUR EYES (舞台「SUMMER STORM」:未収録)
愛以外のなんでもない (DVD『Spirits!!』収録)
強き心で行け (「ザ少年倶楽部 」2006.1.8放送:未収録)
盲点 (作詞作曲 ※曲はFIVEとの共作/ソロライブ「錦戸亮 LIVE」:未収録)
レース (作詞作曲/DVD『Heat up!』収録)
potential (作詞作曲/「KAN FU FIGHTING全国ツアー」:未収録)
stereo (作詞作曲/アルバム『KJ2 ズッコケ大脱走』・DVD『47[フォーティンセブン] 』収録)
code (作詞/アルバム『pacific』・DVD『Never Ending Wonderful Story』収録)
torn(大倉忠義とのデュエット) ※タイトルは2人のイニシャル(t→忠義、o→大倉、r→亮、n→錦戸)の意味も込められている (「KANJANI∞ LIVE TOUR 2008 ∞だよ!全員集合」)

 
 

安田章大



安田 章大(やすだ しょうた、1984年9月11日 - )は、日本の俳優であり、男性アイドルグループ関ジャニ∞のメンバーである。

兵庫県尼崎市出身。ジャニーズ事務所所属。身長164.5cm、体重54kg。

略歴

9月6日、「あんたはやったら何でもできる子や」と言う姉の薦めでジャニーズ事務所のオーディションを受け、練習生として入所。丸山隆平、錦戸亮、大倉忠義と同じオーディションであった。

Jr.時代は主に関西Jr.の中心であった渋谷すばる、横山裕、村上信五のバックで活躍し、同期メンバーで組まれたユニット「BIGWEST」にも参加。内博貴、丸山隆平、大倉忠義と共に「V.WEST」というバンド形式のユニットを結成し、ギターリストとして活動する。

2002年に関西Jr.のメンバーから関ジャニ∞を結成し、『浪花いろは節』でCDデビュー。

2006年12月13日、14日、15日に大阪松竹座にてソロコンサートを行った。

2008年2月10日から2月26日まで一人舞台『818』を公演。一人五役に挑戦した。


人物

姉がひとりいる。

姪を溺愛しており、姪の「ぶちゃいくな顔」を撮るのが好きである。

ピース、リアリー、ミルという名前の犬を飼っている。

イメージカラーである∞レンジャーカラーは青。

メンバー曰くたちの悪い天然。

作詞・作曲活動にも熱心で、関ジャニ∞内のユニットであるすばるBANDや三兄弟で披露しているオリジナル曲は安田が作曲したものがほとんどである。

ギターの所有数が多く、主に使用しているエレキギターはギブソン・レスポールクラシックである。『∞SAKAおばちゃんROCK』のPVではグレッチのフルアコースティクギターやギブソン・ES-335を使用している。『えっ!ホンマ!?ビックリ!!TOUR 2007』ではギブソン・レスポールのスタンダードとPaul Reed Smith社のエレキギターを使っている。またコンサートによってはフェンダーのストラトキャスターやTaylor社のアコースティックギターを使用している。

愛用ギターを「僕の彼女です」と紹介したり「ギター嬢」と称するなど、ただならぬ愛情を注いでいることが度々見受けられる。

ELLEGARDENにハマった際、そのギタリストが使用しているものと同じギターを購入した(偶然にも同じ店だった)。

関ジャニ∞のメンバーで一番のスポーツ万能で、マスコットキャラ的存在である。またイジられ役でもあり、メンバー内では安田=「サブい」という考えが通っている。「大阪で一番おもろない。」(横山)「ユニットで一番サブい。」(村上)と、散々な言われようである。また、ラジオで安田のファンが見当違いな内容のメールを送ってきたときは、「やっぱり類は友を呼ぶやなぁ。安田はファンまで空気読まれん。」とまで言われていた。

背が低く、人懐っこいキャラクターのためか、メンバーに寄り掛かられたり、肩にひじをのせられることが多い。手を繋いでいたり、抱きつかれたりしていることもある。特に、渋谷、錦戸、丸山、大倉はそのような行動が度々見られる。

スポーツ、作曲、ギター、ダンス、歌など、なんでも上手にこなすため、村上に「おまえはほんとにありがたい存在やな。」と言われたことがある。他のメンバーも安田が器用であることを認めている。

また安田はジャニーズの中でもダンスに定評があり、2006-2007年カウントダウンコンサートでは近藤真彦の『上海慕情』のバックでソロダンスを披露した。

井岡弘樹ボクシングジムの練習生でもある安田は、以前ラジオで「メンバー間で本気で喧嘩をしたら、一番強そうなのは安田。」だと言われたことがある。理由はそのボクシングジムで本気でスカウトされていたから。背筋がすごいとのこと。

また2005年に出演した『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』の企画コーナーで、専用の機械を使いパンチ力を測定した際の結果は98kgだった。

最近カワイイキャラになっており、横山に雑誌で「安田は女子化している、昔は男らしかったのに」と言われるほどである。

睡眠時間が短い(3-4時間)。コンサートDVD『47』の通常盤、特典映像の企画『関ジャニ∞ 寝起きドッキリ大作戦』では安田がなかなか寝ないため1日目は断念。2日目は部屋に入ることには成功したものの、メンバーが小道具を使って起こす前に起きてしまうという結果に終わった。10~20分前に寝たばかりだったらしい。

信条は「人の幸せは自分の幸せ」。しかし、心理テストを行った際に「愛」を一番初めに捨てるという結果が出たため、「偽善者や!」と言われてしまったことがある。

腰に持病を抱えている。数年前にはヘルニアを患い、手術をしたことがある。また、2007年11月頃には慢性副鼻腔炎になり、鼻の手術をしている。

尊敬する先輩に堂本剛をあげている。

Jr.に入る前は主要科目5教科で100点をとったことがある(Jr.名鑑vol.5 安田のページより)。また、中学生の頃にテストで学年トップに、高校では学年3位になったことがある。

安田の中学校の時の担任教師は、ダウンタウンの浜田雅功を受け持っていたことがある。

友達は吉本新喜劇の烏川耕一である。大阪に居る時はよくご飯を食べにいくらしい(関西テレビ、マルコポロリで本人が発言)。また、Aqua Timezの太志をメール友達としてあげている。

横山曰く、「ちょっとアホなだけで、根は良い子。」(アナパラより)。

趣味・嗜好

好きな食べ物はおかんのカレー、ラーメン、バナナ、餅、苺。

嫌いな食べ物は納豆。スカ☆Jで一度食べた時は平気だったが、今は喉に通すのも嫌うほどである。

個性的なファッションが好きで、よくマニキュアもしている。ごくたまにペディキュアをしていることもある。

ファッションセンターしまむらでよく買い物をする。(ジャニ勉より)

右の軟骨に2つ、トラガスに1つ、左の耳たぶに1つ計4つのピアスの穴を開けている。またヘソピアスもしている。

音楽がないと生きていけないほど音楽が好きで、ハワイアンやレゲエからハードなロックまで、様々なジャンルの音楽を聴いている。

もしこの仕事をしていなかったら、ファッションデザイナーか画家になりたかった。現在も将来自分のブランドを立ち上げるのが夢である。また、初の全国ツアーでは販売していたTシャツのデザインを担当。後に行われた大阪松竹座でのソロコンサートでも、Tシャツのデザインを担当した。初の一人舞台「818」ではグッズのデザインを自ら行い、女性用下着もプロデュースした。『KANJANI∞ LIVE TOUR 2008 ∞だよ! 全員集合 夏だ! ツアーだ! ワッハッハー!』では、Tシャツのデザインを担当し、さらに素材選びなども行った。

コンサートで披露している『関ジャニ戦隊∞レンジャ-』のナレ-タ-をしている。

渋谷とお揃いの指輪を2つ着けていたことがある。

『うたばん』に出演した際は、メンバーの中で1番好きなのは誰と聞かれた時に、照れながら「ジャニー・デップ(渋谷)」と答えた。

大倉、渋谷とともにRIZEの大ファンであり、ライブにも行っている。

特に渋谷とは大変仲が良い。『関風ファイティング』の初回限定盤に特典として付いていたミサンガを、安田は渋谷の色を、渋谷は安田の色を腕に着けていた。

スポーツ飲料が好きらしい。以前は喉に引っかかる感じがあまり好きではなかったが、「最近はすごくさっぱりとおいしく感じる。」とのこと。

本人曰く、将来は「60歳ぐらいには海外か、国内なら沖縄とかで自分のブランドショップを出して永住したい。」とのこと。

エピソード

下積み時代は服屋のバイトをしていた(本人談、ザ・ワイドより)。

幼稚園の時、遊園地に行けるとテンションが上がっていた際に不注意で車に轢かれ、一日ほど意識不明になったことがある(本人談、スカ☆J 一番星より)。

初恋は幼稚園の時であり、相手は毎日可愛がってくれていた保育士。

大阪城ホールでのコンサート中、村上のソロ曲でダンスに付いていた際に脇のステージから落ちたことがある。その様子は2ndDVD『Spirits!!』にも収録されており、歌う村上の奥でステージから消える瞬間の安田の姿が映っていて周りのファンの声が響いている。本人曰く「いつもはある床がなくなっていて、気づかずに落ちた。」とのこと。幸いにもちょうど下にいたスタッフが抱きとめてくれたおかげですぐにステージに戻れた。

「47都道府県ツアー中に変わったことは?」との問いに「父母が以前よりいちゃいちゃしだしたこと。」と答えた(本人談、ザ・ワイドより)。

横山の母親は大倉ファンだが、大倉と安田を勘違いして安田とばかり話していたことがある(横山談、ミュージックステーションより)。

安田の友人が、安田の事を占い師に占ってもらったところ、「本人は自覚してないようだが、霊能力がある。」という結果が出た。

『裏ジャニ』の女装企画でブレザー姿の女子高生をしたことがある。同企画で女性しか入れない店へ入店しようとした際に共に女装していた内はすぐにバレたが安田だけ男だとバレず、受付にいた店員からは「分からなかった」と言われるほど違和感がなかった。

2008年に行った『818』という舞台の題名は、自身の生まれた時間から名付けられている。

愛称

主にヤス、やっさん、章ちゃん(メンバーでは錦戸のみ)、ヤス君

父親がチンパンジーに似ていることから、「浪花のチンパンジー」と呼ばれ、チンパンジーの略で「チパ」と呼ばれることもある。また、日本語を間違えてしまう事が多いからという意味もある。グループ内ユニット三兄弟での名前も「チパ」である。

『ほんじゃに!』のナレーションでは、よく「なんでもできる子、安田君。」と紹介されていた。

コンサートDVD「Spirits!!」のMCでは餅が好きだからと言う理由で『カチン』という呼び名を提案していたが結局メンバーには「はぁ?」と採用されなかった。

参加ユニット

B.I.G. West
J2000
FIVE-WEST
V.WEST
ヤンジャニ
関ジャニ∞
リスペクトチーム
三兄弟
山田
関ジミ3(大山田)
すばるBAND

出演

テレビドラマ

連続ドラマ
ショコラ(2003年5月 - 7月、TBS) - 中ノ島達人 役

単発ドラマ・ゲスト出演

自転車少年記(2006年11月23日、テレビ東京) - 昇平 役
関ジャニ∞青春ドラマシリーズ ダイブ・トゥ・ザ・フューチャー(2006年12月27日、関西テレビ) - 北白河悟 役
関ジャニ∞青春ドラマシリーズ ダブル(複体)(2006年12月28日、関西テレビ) - DJ安田 役
ヤスコとケンジ(2008年8月9日、日本テレビ) - 山田幹夫 役

舞台
818(2008年2月10日 - 2月20日、東京グローブ座・2月23日 - 2月26日、大阪厚生年金会館芸術ホール)


 
 

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。