スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

田口淳之介



田口淳之介

田口 淳之介(1985年11月29日)は日本のタレント、歌手、俳優で、男性アイドルグループKAT-TUNのメンバーである。神奈川県相模原市出身。ジャニーズ事務所所属。血液型AB型。左利き。日本芸術高等学園卒。「淳之介」という名前は作家の吉行淳之介に由来する。

来歴

1999年5月16日:ジャニーズ事務所入所。

オーディションに応募したきっかけは、小学校6年生の時『SMAP×SMAP』を見てSMAPに憧れたため。

2001年にポップジャムで堂本光一の専属バックダンサーとして結成したKAT-TUNのメンバーに選ばれ、約5年間の活動を経て、2006年3月22日、シングル『Real Face』でCDデビューした。

2004年、右足の大腿骨と膝の間の軟骨を損傷し2月13日に手術を受けるが、同年8月に開催された『SUMMARY』で完全復帰。

人物

笑顔が魅力。爽やかなその笑顔は「じゅんのスマイル」と呼ばれ、親しまれている。

チャームポイントは目。理由は「笑うとなくなるから」。

幼少時代から転校と引越しが多かった。また小学校や中学校の頃は私設ファンクラブが出来るほどの人気者だったとのこと

KAT-TUNの中ではいじられキャラ。

好きな食べ物は、パエリア、嫌いな食べ物は、ピーマンと、ピータン。

小学3年生まで仙台に住んでいた。

子供のころは、神奈川県逗子市に住んでいた。また、その時ヨットをやっていた(『はなまるマーケット』より)。

ホストクラブにスカウトされた事がある(『はなまるマーケットより』)。

子供のころの将来の夢はスーパーマーケットにいる軽トラックの焼き鳥屋。

家計簿やお小遣い帳をつけており(『メレンゲの気持ち』メンバー亀梨談)、500円玉貯金をするなど、まめな性格である(『カートゥンKAT-TUN』で披露)。また、その500円玉貯金の使い道は親孝行。しかしその500円玉貯金も、『カートゥンKAT-TUN』で中丸雄一の手へわたってしまった。

本人がテレビ等で度々披露する「入り口、出口、田口です。」というギャグは、関ジャニ∞の横山裕の考案・提供によるもの。

趣味・特技・資格

趣味はビリヤード。マイキューを所有。

持ち前の運動神経で、大抵のスポーツをそつなくこなす

2006年4月に出演したテニスドラマ『Happy!』でプロ選手から指導を受けた際に、「君はプロになれる」と太鼓判を捺された。

特技はダジャレとジャグリングを掛け合わせた「ダジャリング」と、幼い頃から習っていたタップダンスとジャグリングを掛け合わせた「タップリング」。2004年から2005年にかけて行なわれた『KAT-TUN LIVE海賊帆』で、この「タップリング」を披露。

兄1人と姉1人がいる。

中学校のときは、バスケットボール部に入っていた。

子供のころの習い事は野球、サッカー、バレーボール、ヨット、タップダンス、陸上、卓球、ピアノ。
ドラマ『花嫁とパパ』では、よい俳優と評価され、「TVnavi」のドラマ・オブ・ザ・イヤー2007 •最優秀新人賞(男優)を受賞した。

ゲームが大好きで、仕事にも持っていく程である。

初めて買ったCDはB'zの『SURVIVE』。それ以来B'zファンでもある。

出演

単独出演のみ。

映画

模倣犯(2003年)塚田真一 役

テレビドラマ(連続)

お前の諭吉が泣いている(テレビ朝日、2001年)土方春樹 役
がんばっていきまっしょい(関西テレビ、2005年、第3話~)中田三郎 役
花嫁とパパ(フジテレビ、 2007年)三浦誠二 役
有閑倶楽部(日本テレビ、2007年)美童グランマニエ 役

テレビドラマ(単発)

少年は鳥になった(TBS、2001年)
Happy!(TBS、2006年)鳳圭一郎 役
Happy!2(TBS、2006年)鳳圭一郎 役

バラエティ

8時だJ(1998年4月 - 1999年9月、テレビ朝日)
music-enta(2001年4月19日 - 2002年3月14日、テレビ朝日)
ミュージック・ジャンプ(1997年4月 - 2000年3月NHK BS2)
ザ少年倶楽部(2000年4月 -(BS2)
ポップジャム(2001年4月 - 2002年3月、NHK)
裸の少年 (2001年4月 - 2003年3月 テレビ朝日)までレギュラー出演。その後不定期出演
THE夜もヒッパレ(2002年、日本テレビ) - 準レギュラー
ミンナのテレビ(2005年4月 - 2005年9月、日本テレビ)
KAT-TUN×3(2005年7月30日・8月6日、日本テレビ)
KAT-TUNのグラチャン応援プロジェクト(2005年10月1日 - 、日本テレビ)
歌笑HOTヒット10(2005年10月 - 2006年3月、日本テレビ)
ウタワラ(2006年4月 - 2007年1月、日本テレビ)
24時間テレビ29 「愛は地球を救う」〜絆〜(2006年8月26日 - 27日、日本テレビ) - メインパーソナリティ
高校生制服対抗ダンス甲子園(2006年12月30日、日本テレビ)
カートゥンKAT-TUN(2007年4月4日 - 、日本テレビ)
KAT-TUNの先輩教えて下さい!大人のオキテ100 ア〜ンドくりぃむ(2008年1月12日、日本テレビ)

ラジオ

KAT-TUN スタイル(ニッポン放送)
第33回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン(ニッポン放送)

CM

CMバリエーション、共演者に関してはこちらを参照。

ロッテ
「クランキー」(2002年~)
「プラスX」(2003年~)
「コロガリータ」(2006年~)
ロート製薬
「もぎたて果実」(2005年)
「ロートCキューブ」(2005年~)
「セセラ」(2007年)
スカイパーフェクト・コミュニケーションズ
「SKY PerfecTV!」(2006年)
「スカパー!アンテナ取付け0円キャンペーン」(2006年)
NTTドコモ
「new 9 シリーズ」(2006年)
「FOMA903i」(2006年)

連載

「KAT-TUN スタイル」(月刊 TVnavi)

ソロ曲

ビバップ・タイム
夜明け前
誓心
サムライ☆ラブ☆アタック(KAT-TUN 2nd Album「cartoon KAT-TUN II You」に収録)
夏の場所(KAT-TUN 7th single「DON'T U EVER STOP」初回限定盤1に収録)

参加ユニット

B.A.D.
J2000
KAT-TUN
ダジャレ隊(番組『ザ少年倶楽部』内ユニット)

 
 

赤西仁



赤西仁

赤西 仁(1984年7月4日 )は、日本のタレント、歌手、俳優で、男性アイドルグループKAT-TUNのメンバーである。

東京都江東区出身。ジャニーズ事務所所属。血液型O型。身長176cm、体重62kg。

来歴

テレビ番組で錦戸亮(関ジャニ∞・NEWS、当時ジャニーズJr.)が歌う姿を見て、自分もそんな人になりたいと思い、1998年11月8日にジャニーズ事務所のオーディションを受ける[1]。「結果は不合格だったが、付けていた名札を返した相手が、偶然ジャニー喜多川氏で、その名札の番号がNo.1だった為、『YOUも残っちゃいなよ。』と言われた」と本人は語った。同期はKAT-TUNの中丸雄一や亀梨和也、NEWSの増田貴久やKis-My-Ft.2の藤ヶ谷太輔である。

ジャニーズJr.としては、2000年からB.A.D.やM.A.D.に参加する。

2001年にポップジャムで堂本光一の専属バックダンサーとして結成したKAT-TUNのメンバーに選ばれ、約5年間の活動を経て、2006年3月22日、シングル『Real Face』でCDデビューした。

2005年1月、ドラマ『ごくせん』にKAT-TUNの亀梨和也とともに出演した。

2006年10月12日、芸能活動を無期限休業し、語学留学のため単身ロサンゼルスへ渡る。約半年後の2007年4月19日に帰国、翌20日にKAT-TUNのメンバーを伴い都内某ホテルにて帰国記者会見を行い、芸能活動復帰を発表した。

2007年10月、日本テレビ系連続ドラマ『有閑倶楽部』で連続ドラマ初主演。

2008年4月、日本テレビ系連続ドラマ『有閑倶楽部』で日刊スポーツ・ドラマグランプリ主演男優賞受賞。

2008年7月、映画『スピード・レーサー』(ワーナー・ブラザーズ映画)日本語吹替版・声優/スピード・レーサー役を務める。

2008年7月4日、24歳の誕生日を迎える。同年7月5日には東京・新宿ミラノ1で上述の映画『スピード・レーサー』の舞台挨拶に臨んだ際、観客に特製バースデーケーキと共に祝福され、吹き替えで共演した上戸彩からは花束を送られた。


人物

事務所入所前の小学生の頃に級友の女子生徒の応募により、アイドル雑誌『Myojo』に載ったことがある。

サッカーが得意で、中学生の時江東区選抜に選ばれる。
リフティングの最高記録は838回。

ポメラニアンの「テン」「マル」、トイプードルの「ピン」を飼っていて、ピンは一度テレビ番組汐留スタイル!で写真を紹介した。また、ピンは亀梨の愛犬「蘭」と同じ日に購入。

NEWSの山下智久、元D-BOYSの城田優とはプライベートでも仲が良く、城田のブログ、山下のブログ(ジャニーズの会員制携帯公式サイト『Johnny's Web』の『山下智久の日記』)ではよく名前が出てくる。

公式WebサイトJohnny's webの『中丸のページ』で「コンサートのコーナーや衣装などKAT-TUNの新しい面を常にプロデュースしてくれている」と書いている。

テレビや雑誌などで、プライベートでも仲の良い城田優の兄、城田純がデザイナーを勤めるブランドjanjiのネックレスやピアスなどのアクセサリーをよく身につけている。最近では、レディースジュエリーブランドの『meritorio』をよく身に付けている。  
  
よく聴く音楽はThe DarknessやBuckcherryなどハードな洋楽。他にもJ-POPではB'z、コブクロ、EXILE、ブリーフ&トランクスなどが好み。

弟の礼保も、2008年に颯太の芸名で芸能活動を開始しており、同年末公開予定の映画『三十九枚の年賀状』で俳優としてデビューすることが公表されている。

事務所の後輩でHey! Say! JUMPの薮宏太を事務所に入った頃から可愛がっている。

出演

グループでの出演作品はKAT-TUNを参照のこと。


映画

BANDAGE(2010年公開予定)-高杉ナツ 役

連続ドラマ

ベストフレンド(1999年10月 - 12月、テレビ朝日) - 渋谷涼太 役
晴れ着、ここ一番(2000年3月 - 6月、NHK) - 藍原大和 役
お前の諭吉が泣いている(2001年1月 - 3月、テレビ朝日) - 井上直人 役
ごくせん 第2シリーズ(2005年1月 - 3月、日本テレビ) - 矢吹隼人 役
anego(2005年4月 - 6月、日本テレビ) - 黒沢明彦 役
有閑倶楽部(2007年10月 - 12月、日本テレビ) - 主演・松竹梅魅録 役

単発ドラマ・ゲスト出演

熱血恋愛道 第2話(1999年1月17日)
っポイ!(1999年5月 - 6月、日本テレビ)第2話 - 村田 役
太陽は沈まない 第6話(2000年4月 - 6月、フジテレビ)‐少年 役
Xmasなんて大嫌い(2004年12月、日本テレビ) - 北川翔 役
anego~SP~(2005年12月28日、日本テレビ) - 黒沢明彦 役

ラジオ

KAT-TUN スタイル(2007年10月1日 - 2008年3月28日 、ニッポン放送)
第33回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン(2007年12月24日 - 25日、ニッポン放送)

吹き替え

スピード・レーサー(2008年7月5日) - 主演・スピード 役

CM

エフティ資生堂 シーブリーズ(2001年)
ロッテ 爽(2001年)
任天堂 ダンスダンスレボリューション with マリオ(2005年7月)
大塚製薬 オロナミンC「もしも私が校長先生なら」篇(2005年7月)
ロッテプラスX(2003年 - )
ロート製薬
ウォーターリップ セセラ(2006年 - )
天使のくちびる(2006年 - )
OXY(2006年 - )
NTTドコモ
FOMA 902iシリーズ「ラーメン」篇(2005年)
FOMA 902iシリーズ「おサイフケータイ」篇(2006年)
new 9シリーズ「動き出すレジ」篇(2006年)
FOMA 903iシリーズ「MUSIC」篇(2006年)
企業広告「優しい未来」編(2008年)

舞台

MILLENNIUM SHOCK(2000年11月、帝国劇場)
SHOW劇 SHOCK(2001年12月 - 2002年1月、帝国劇場)
SHOW劇 SHOCK(2002年6月、帝国劇場)
ANOTHER(2002年8月) - ゲスト出演
SHOCK〜is Real Shock〜(2003年1月 - 2月、帝国劇場)

オリジナルソロ曲

Hesitate
care(旧タイトル「I know」)
ha-ha
ムラサキ
PINKY
LOVEJUICE(KAT-TUN7th singleDON'T U EVER STOP」初回限定盤2に収録)
 
 

KAT-TUN 2



オリジナル曲

シングル・アルバムに収録されておらず、なおかつソロ・デュエットを除いた曲を、仮名50音順に記す。

あ行

愛はいつも追いかけるモノ(作詞: ERYKAH、作曲: 石塚知生・高橋哲也)
OH-E-OH! 太陽のSalsa!(作詞: SPIN、作曲: 船山基紀)
オリジナル・ブルー(作詞: 相田毅、作曲: コモリタミノル)

か行

さ行

Six Groove(作詞: ha-j、作曲: ha-j、編曲: ha-j)
青天の霹靂(作詞: Satomi、作曲: 稲田潤)

た行

Change(作詞・作曲:堂本光一)
ツキノミチ(作詞: TAKESHI、作曲: 蔦谷好位置、編曲: 蔦谷好位置)
元々はジャニーズJr.名義のオリジナル曲
DESTINY(作詞: SPIN、作曲: 飯田建彦、編曲: ha-j)
DRIVE ME DRIVE ON(作詞: 西野健次、作曲: 宮崎歩)
ど〜にかなるさ

な行

は行

ピカピカII(作詞・作曲: 永井真人)
FUCK ME〜Do me one time,Try me one night〜 (作詞:清水昭男 Erykah 作曲:清水昭男)

ま行

Messenger(作詞: ERYKAH、作曲: 酒井ミキオ)

や行

ら行

Le ciel 〜君の幸せ祈る言葉〜(作詞: SPIN・miguel、作曲: Akihito、編曲: ha-j)
Rockin'(作詞: JOKER・SPIN、作曲: 森元康介)

わ行


出演

バラエティ番組

8時だJ(1998年4月 - 1999年9月、テレビ朝日)
music-enta(2001年4月19日 - 2002年3月14日、テレビ朝日)
ミュージック・ジャンプ(1997年4月 - 2000年3月NHK BS2)
ザ少年倶楽部(2000年4月 -(BS2)
ポップジャム(2001年4月 - 2002年3月、NHK)
裸の少年 (2001年4月 - 2003年3月 テレビ朝日)までレギュラー出演。その後不定期出演
THE夜もヒッパレ(2002年、日本テレビ) - 準レギュラー
ミンナのテレビ(2005年4月 - 2005年9月、日本テレビ)
KAT-TUN×3(2005年7月30日・8月6日、日本テレビ)
KAT-TUNのグラチャン応援プロジェクト(2005年10月1日 - 、日本テレビ)
歌笑HOTヒット10(2005年10月 - 2006年3月、日本テレビ)
ウタワラ(2006年4月 - 2007年1月、日本テレビ)
24時間テレビ29 「愛は地球を救う」〜絆〜(2006年8月26日 - 27日、日本テレビ) - メインパーソナリティ
高校生制服対抗ダンス甲子園(2006年12月30日、日本テレビ)
カートゥンKAT-TUN(2007年4月4日 - 、日本テレビ)
KAT-TUNの先輩教えて下さい!大人のオキテ100 ア〜ンドくりぃむ(2008年1月12日、日本テレビ)

テレビドラマ

怖い日曜日(1999年7月4日 - 9月26日、日本テレビ)
怖い日曜日〜新章〜(1999年10月3日 - 12月26日、日本テレビ)
熱血恋愛道(1999年1月10日 - 5月2日、日本テレビ)
怖い日曜日〜2000〜(2000年7月2日 - 11月26日、日本テレビ)
史上最悪のデート(2000年12月3日 - 2001年4月29日、日本テレビ)

CM

NTTドコモ
FOMA new9(902iS)「いくぜオンガク! 篇」(2006年6月)
NTT DoCoMo 903i(2006年11月26日 - 12月30日、JR西日本・大阪環状線の車体広告として)
企業広告「ぼくたちの自由篇」(2007年8月)
スカイパーフェクTV!
「新魔球篇」(2006年3月)
「フリーキック篇」(2006年5月)
「MUSIC LIFE! 篇」(2006年8月)
「スカパー! よくばりパックキャンペーン トナカイチャンネル? 篇」(2006年12月)
ロート製薬
もぎたて果実(2005年7月)
ロートCキューブ(2005年10月)
ロッテ
クランキー
「CMが地味? 篇」(2002年9月)
「クセなんだ♪篇」
「クセなんだ♪篇II」
「おいしい食べ方篇」
「ウォーキングバー篇」
プラスX
「グリーンアップル&レッドベリー篇」(2003年11月)
「ブルーシトラス篇」(2004年)
「ピンクベリー篇」(2005年)
「チームプラスエックス篇」(2005年11月22日 - 27日、全5話)
「ゴールドパイン衣装篇」(2006年2月)
「ゴールドパインガム3箱篇」(2006年2月)
「レインボーフルーティア篇」(2006年7月)
「オリジナルボトルキャンペーン篇」(2007年1月)
「マジックキウイ篇」(2007年7月)
「パワーオブフルーツ篇」(2007年11月)

ラジオ

KAT-TUN スタイル(ニッポン放送)
R-One KAT-TUN(文化放送)

コンサート

お客様は神サマーConcert 55万人愛のリクエストに応えて!!(2002年8月10日 - 8月28日、2都市26公演)

Ko年モ Ah Taiヘン Thank U Natsu(2003年8月8日 - 8月28日、3都市10公演)

KAT-TUNの大冒険 de SHOW(2003年8月12日 - 8月20日、ホテル・グランパシフィック・メリディアン、20公演)

KAT-TUN Live海賊帆(2004年12月28日 - 2005年1月10日、3都市14公演)

Spring 05 Looking KAT-TUN(2005年3月25日 - 3月27日、横浜アリーナ、4公演)

Looking 05 KAT-TUN(2005年5月29日 - 6月26日、5都市14公演)

Looking KAT-TUN 2005ing(2005年8月26日 - 8月28日、横浜アリーナ、6公演)

KAT-TUN Special TOKYODOME CONCERT Debut "Real Face"(2006年3月17日、東京ドーム、1公演)

Spring Tour '06 Live of KAT-TUN "Real Face"(2006年3月28日 - 5月7日、8都市40公演)

Spring Tour '06 in TOKYO DOME Live of KAT-TUN "Real Face"(2006年5月13日 - 5月14日、東京ドーム、2公演)

TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You(2007年4月3日 - 6月17日、7都市28公演)

KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES(2008年6月21日 - 8月5日)


舞台

DREAM BOY(2004年1月8日 - 1月31日、帝国劇場)

「KAT-TUN&関ジャニ∞編」(2004年4月30日 - 5月7日、梅田コマ劇場)

「滝沢秀明編」(2004年5月8日 - 5月21日、梅田コマ劇場)

SUMMARY of Johnnys World(2004年8月8日 - 8月29日、原宿新ビッグトップ)

Hey! Say! Dream Boy(2005年4月27日 - 5月15日、梅田芸術劇場、34公演)

KAT-TUN vs 関ジャニ∞ Musical Dream Boys(2006年1月3日 - 1月29日、帝国劇場、38公演)

DREAM BOYS(2007年9月5日 - 9月30日、帝国劇場、38公演)


連載

ハートビートKAT-TUN(『POTATO』)
SECRET FACE(『duet』)
KAT-TUN'S MANUAL(Johnny's Web)
愛はKAT-TUN(『週刊ザテレビジョン』)
KAT-TUNスタイル(『月刊 TVnavi』)
R-One KAT-TUN(『月刊 TVnavi』)


書籍

KAT-TUN写真集 「KAT-TUN 1st. in NEW YORK」(2003年、ワニブックス)


TEN-G

TEN-Gは、KAT-TUNのメンバーが天狗になってしまった事を歌う、全米で大ヒットしたKAT-TUNの弟分グループであるという設定。2005年8月26日に行われた横浜アリーナでのコンサートで初登場し、2006年3月17日に行われた東京ドームでのデビューコンサート「KAT-TUN Special TOKYODOME CONCERT Debut "Real Face"」と「Spring Tour '06 Live of KAT-TUN "Real Face"」の大阪公演3月28日の1部のみにも出演した。

メンバー

紫天狗(亀梨)
ピンク天狗(赤西)
腹黒天狗(田口)
青天狗(田中)
赤天狗(上田)
黄天狗(中丸)

オリジナル曲

TEN-"G"(作詞: ピンク天狗・青天狗、作曲: 吉岡たく)

 
 

前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。