スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

ジャニーズカウントダウンライブ



ジャニーズカウントダウンライブは、ジャニーズ事務所に所属しているアイドルが、日本時間の大晦日から元旦にかけて行うカウントダウンコンサート、および、同公演の中継番組の総称である。「ジャニーズカウントダウンコンサート」ともいい、その場合は「カウコン」、「ジャニコン」と略される。

概要

1996年にV6が行った「V6 COUNTDOWN '97」を皮切りに、阪神大震災の災害復興チャリティーイベントとして始まる。1997年以降はJ-FRIENDSとして出演し、各会場で募金活動やチャリティーグッズを販売。収益金は神戸市教育委員会に寄付した。

1998年から公演場所を東京ドームに移し、大晦日の昼夜にKinKi Kidsがコンサートを行っている都合により、KinKi Kidsのステージセットをそのまま転用するようになる。また、同公演よりフジテレビ系列のテレビ放送局で特別番組として生中継するようになり、番組の終了間際に記念撮影を行うのが恒例となる。J-FRIENDSとしての公演は、その後2002年まで続いた。

2003年より、CDデビューをしているタレント・グループ一同が参加し、スペシャルゲストとして、近藤真彦を始めとする1970年代から1980年代にデビューした先輩タレントや、ジャニーズ事務所との親交が深い女優の森光子も出演するようになる。ただし、内海光司やSMAPが出演した事はない。また、18歳未満のメンバーは労働基準法の関係で参加できないため、あらかじめ撮影しておいた録画映像を使用する場合がある。

2006年からは「年男ユニット」という期間限定ユニットが登場するようになった。


チャリティーイベントとしてのカウントダウンライブ

1996年 - V6 COUNTDOWN '97(神戸ワールド記念ホール)

1997年 - ジャニーズ カウントダウン・コンサート(東京宝塚劇場)

1998年 - Asia Biggest Countdown in Dome(『ワールドカウントダウンスペシャル 踊る大みそか・走るお台場』の中で、23時45分から3時に中継。本公演以降、東京ドームでの年越しが恒例となる)

1999年 - J-FRIENDS MILLENNIUM in TOKYO DOME(『ワールドカウントダウンスーパースペシャル24時間まるごとライブLOVE LOVE2000~世界中の子供たちに僕らが愛でできること』の中で中継)

2000年 - J-FRIENDS COUNTDOWN FROM TOKYO(23時45分から0時30分に中継)

2001年 - Vivaメントレ兄弟presents J-FRIENDS COUNTDOWN in TOKYO DOME(23時40分から0時40分に中継)

2002年 - J-FRIENDS カウントダウンコンサート(23時40分から0時40分に中継)


ジャニーズスターシップカウントダウン

2003年12月31日23時40分から、2004年1月1日0時40分までの時間帯に中継した。本公演より、一部を除く全タレント・グループが参加するようになった。

初登場のNEWSは、労働基準法の関係により小山慶一郎・錦戸亮・山下智久の3名のみの出演となり、カウントダウン後に少年隊「君だけに」や光GENJI「パラダイス銀河」など、先輩の楽曲をカバーした。また、スペシャルゲストとして、東山紀之・岡本健一・赤坂晃・佐藤アツヒロが出演した。


ジャニーズビッグサプライズカウントダウンライブ

2004年12月31日23時40分から、2005年1月1日0時40分までの時間帯に中継し、平均視聴率10.6%を記録した。出演者および曲目は、TOKIO「自分のために」、NEWS「希望〜Yell〜」、KAT-TUN「ハルカナ約束」、嵐「Hero」、V6「ありがとうのうた」、関ジャニ∞「浪花いろは節」、KinKi Kids「Anniversary」である。

18歳未満のメンバーがいたNEWSは、小山慶一郎・錦戸亮・山下智久・増田貴久・内博貴の5名での出演だったが、「希望~Yell~」は直前まで行われていたKinKi Kidsのコンサート「KinKi Kids DOME TOUR ~font de Anniversary~」の中で収録した映像を使用した。また、特別出演者として、少年隊・岡本健一・赤坂晃・佐藤アツヒロ・タッキー&翼が登場。番組の最後には、各グループごとに、2005年の抱負を発表した。


見なきゃソンSONG「PRIDEかけてジャニーズ歌合戦」
at TOKYO DOME since 1998

2005年12月31日23時45分から、2006年1月1日0時45分までの時間で生中継し、平均視聴率13.0%を記録した。司会はKinKi Kidsが担当。タイトルにある「PRIDE」と、総合格闘技イベントのPRIDEをかけた対決形式のメドレーがあり、グループを越えたステージを披露した。メドレーの出演者および曲目は以下の通りである。

期間限定グループ対決 - 修二と彰「青春アミーゴ」、トラジ・ハイジ「ファンタスティポ」。
バレーボール対決 - V6「MUSIC FOR THE PEOPLE」、嵐「A・RA・SHI」、NEWS「NEWSニッポン」。楽曲を披露したのちに、手に持ったバレーボールを投げ込む演出があった。
若手3組対決 - 関ジャニ∞「好きやねん、大阪。」、NEWS「TEPPEN」、修二と彰「青春アミーゴ」(中丸雄一がボイスパーカッション、田中聖がラップで参加)、KAT-TUN「絆」。最後にもう一度「好きやねん、大阪。」に戻り、3グループ全員がボーカルを取った。
KinKi Kids VS TOKIO対決 - TOKIO「AMBITIOUS JAPAN!」、KinKi Kids「永遠のBLOODS」。堂本剛がTOKIOでボーカルを取り、堂本光一・長瀬智也がKinKi Kidsの曲を歌った。
その他、KinKi Kids「ビロードの闇」、タッキー&翼「Venus」、嵐「WISH」、TOKIO「明日を目指して!」や、結成10周年を迎えたV6によるメドレーも披露された。昨年に引き続き、18歳未満のメンバーがいたNEWSは6人での出演だった。後半には、岡本健一・赤坂晃・佐藤アツヒロがスペシャルゲストとして登場。また、デビュー25周年を迎えた近藤真彦もゲストとして登場し、新曲の「挑戦者」や、代表曲のメドレーを歌い上げた。


ジャニーズカウントダウン2006-2007

2006年12月31日23時45分から、2007年1月1日0時45分までの時間帯に中継し、平均視聴率13.1%を記録した。司会はTOKIOが担当。出演者および曲目は、TOKIO「宙船(そらふね)」「Get Your Dream 」、V6「HONEY BEAT」、KinKi Kids「Harmony of December」、嵐「きっと大丈夫」「サクラ咲ケ」、タッキー&翼「Venus」、NEWS「NEWSニッポン」「サヤエンドウ」「TEPPEN」(山下智久「抱いてセニョリータ」、テゴマス「ミソスープ」も披露)、関ジャニ∞「関風ファイティング」、KAT-TUN「Real Face」「僕らの街で」である。

2007年デビュー10周年を迎えたKinKi Kidsは、年が明けた2007年1月1日0時以降から登場し、後輩グループと10周年を記念したメドレーを披露した。また、2006年5月から活動を休止していたNEWSが、年越し後の本公演で復帰。その際、城島茂が観客に向けて「NEWS!」コールを行い、場内を沸かせた。その他、本公演内のみの特別ユニットとして結成された「いのししエイト」が新年にあたっての抱負を述べ、後半には、スペシャルゲストとして近藤真彦・少年隊が登場し、それぞれの新曲を歌い上げた。


10年目だよ!見なきゃソンSONGジャニーズカウントダウン歌合戦

2007年12月31日23時45分から、2008年1月1日0時45分までの時間帯に中継され、平均視聴率10.1%を記録した。コンサートの正式名称は「Johnnys' Countdown 2007-2008」として開催。司会は嵐が担当。10周年にあたって、ヒット曲を年代順に振り返るメドレーを披露した。また、全員で唄う『はつうた』という曲を初披露したり、この公演限定のユニット「チューチューセブン」も登場した。 Hey! Say! JUMPは、前日のKinKi Kidsコンサート後に収録した映像を、労働基準法に触れるため、右上に表記していた「LIVE」を消し、Ultra Music Powerを歌った。その他、曲中などでメンバーが未成年Jr.らと一緒に客席にいる映像が流された。


中継スタッフ

チーフ・プロデューサー:きくち伸
プロデューサー:三浦淳
ディレクター:浜崎綾
制作:フジテレビバラエティ制作センター
監修:フジテレビ 音組
スポンサーサイト
 
 

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。