スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

忍者 2 (ディスコグラフィ)



忍者

ディスコグラフィ

シングル
1990年8月22日「お祭り忍者」(カップリング曲が違う2種類が発売された)
1991年1月22日「リンゴ白書」
1991年5月29日「おーい!車屋さん」
1991年10月23日「秘美子」
1992年3月27日「君に御中」
1992年6月24日「ハラショ!」
1992年11月1日「涙 涙のカラオケボックス」
1993年2月24日「日本」
1993年6月23日「日本ブギ」
1993年7月21日「Harapeko」
1994年10月17日「DO YOUR BEST」(「四銃士」名義でのリリース)
1995年3月21日「モンキーマジック」
1995年12月1日「たとえ君が嘘をついても」

アルバム
1990年10月2日「忍者」(ビデオ付きミニアルバム)
1991年3月22日「NINJA白書」
1991年8月21日「Summer Fiesta」
1991年12月21日「忍者参上」
1992年7月10日「まいった」
1993年4月1日「Summer Ski」
1993年7月21日「日本一」
1994年12月21日「DO OUR BEST」(ベスト盤)
1996年1月20日「Hi La Ri」

CD化されていない「少年忍者」時代の楽曲
恋のボーダーライン (TBS『おじゃまします』のテーマ曲。近藤真彦のバックバンド「YAMATO」の牧野哲人が作曲)
TAKE OFF (THE GOOD-BYEのカヴァー)
大脱走
KAMIKAZE
日本よいとこ摩訶不思議 (少年隊のカヴァー)
レッツ・メイク・メモリー
FAIRY TALE いまむかし (作詞・作曲は野村義男)
若さの伝説


少年忍者 (前身)

少年忍者(しょうねんにんじゃ)とは、忍者の前身グループで、1985年7月の結成から1990年の春までこの名前で活動していた。中村繁之のバックダンサーとして結成された為、最初期のグループ名は「シゲダン」だった。 その後、少年隊や鞆田紀世彦のバックを務めたり、「少年御三家」に参加したりした。


メンバー

柳沢超
正木慎也
高木延秀
遠藤直人
志賀泰伸
中村亘利


結成時の参加メンバー

内海光司
藤沢裕介
江端郁世
江端郁己


四銃士 (別ユニット)

1994年10月17日、テレビ朝日『94FIVBワールドスーパー4バレー』のイメーゾソング「DO YOUR BEST」を発売。 NHK-BS2の『アイドルオンステージ』や、テレビ朝日のバレーボール中継などに出演した。


メンバー

柳沢超
正木慎也
高木延秀
遠藤直人


主な出演作品

バラエティ番組

おじゃまします (1985年9月17日 - 11月1日、TBS)
新宿南口にあった「新宿コメディシアター」からの生放送。制作:東阪企画、演出:澤田隆治。低視聴率の為、早々に打ち切りとなり、最終回では演出の澤田が視聴者に、番組打ち切りの旨を謝罪発表した。(コメディシアターはその後閉鎖され、成人向け映画館となった)
ヤングスタジオ101 (NHK)
サブロー・シローの歌え!ヤング大放送 (1987年、TBS)
歌え!アイドルど~む (テレビ東京)
ニッポン快汗マップ ガムシャラ十勇士!! (日本テレビ)
アイドルオンステージ (NHKBS2)

映画

少年武道館 (1988年)
トイ・ソルジャー (日本語吹き替え版ビデオにて声優出演)
モンキートーク 天使のウィンク (高木・柳沢・遠藤・正木の4人が出演)

Vシネマ

バトル・チャレンジャー/激走

ラジオ

少年忍者のMidnight War (文化放送)
忍者、ナン者、モン者!! (ABCラジオ)
忍者の今夜もお祭り (文化放送)
忍者のハート・ロック 三十分一本勝負 (文化放送)

舞台・ミュージカル

ザ・サスケ (1985年)
「少年隊ミュージカルPLAYZONE」シリーズ (通称・プレゾン、PZ)
PLAYZONE "MYSTERY" (1986年)
PLAYZON'87 TIME-19 (1987年)
PLAYZONE'88 カプリッチョ ―天使と悪魔の狂想曲― (1988年)
PLAYZONE'89 Again (1989年)
PLAYZONE'90 MASK (1990年)
PLAYZONE'95 KING&JOKER (1995年、柳沢・遠藤・正木・高木)
砂の上のサンバ (柳沢・遠藤・高木)
スサノオ―古事記・生命と炎のロマン― (柳沢・遠藤・正木)
スポンサーサイト
 
 

忍者 1 (略歴)



忍者

忍者(にんじゃ)は、ジャニーズ事務所に所属し、活動していた男性アイドルグループである。

メンバー

柳沢超(やなぎさわ すすむ、1967年3月7日 - )
遠藤直人(えんどう なおと、1969年4月20日 - )
正木慎也(まさき しんや、1969年5月29日 - )(リードボーカル)
高木延秀(たかぎ のぶひで、1970年3月11日 - )

脱退メンバー

志賀泰伸(しが やすのぶ、1968年8月3日 - )
古川栄司(ふるかわ えいじ、1971年7月11日 - )

概要

同事務所に所属していたグループ「イーグルス」より、1985年7月24日にソロレコードデビューした中村繁之のバックダンサーとして、「シゲダン」(後述)の名前で結成された。結成当時のメンバーは、柳沢、正木、遠藤・高木・志賀の他、中村亘利(後に萩本欽一プロデュースの「CHA-CHA」でデビュー)・内海光司(後に光GENJIとしてデビュー)・江端郁己・江端郁世(江端郁己・郁世は、双子の兄弟)・藤沢裕介の10名にて結成。

グループ名が正式に「少年忍者」に落ち着く。しばらくして、内海・江端兄弟・藤沢の4名が脱退。

テレビ、ラジオ、また光GENJI、男闘呼組とともに『少年御三家』として、コンサート活動等を行っていた。

1988年に、光GENJIに対抗してグループ名を「平家派」に改名する話が持ち上がったが、結局実現する事はなく、「平家派」というグループは別に新たに誕生した。

中村亘利が、CHA-CHAでの活動が忙しくなった為に脱退。

1990年春、中村の穴埋めに外人メンバーを入れるという案もあったが、少年隊のミュージカルで実績を積んでいた平家派出身の古川栄司が大抜擢される。そしてグループ名も新たに「忍者」に改名された。

1990年8月22日、日本コロムビアより『お祭り忍者』でデビュー。キャッチフレーズは「世界は忍者を待っている」だった。また、デビューシングル用のコスチュームデザインを手がけたのは『コブラ』などの代表作を持つ漫画家・寺沢武一だった。

デビュー曲は美空ひばりの『お祭りマンボ』をリメイクした楽曲であり、当時「日本の伝統文化を取り入れた、演歌のような楽曲も歌えるアイドル」という形でデビューした。その流れは、現在の関ジャニ∞に引き継がれている。

1990年当時、史上最短記録のデビュー4ヶ月で紅白歌合戦初出場(その後TOKIO、WaTが記録更新)、他この年各音楽新人賞を総なめにする(ジャニーズ事務所は「歌謡曲部門」でのエントリーを求めたが認められず、不満をもっていたことが日刊スポーツに報じられた)。

藤子・F・不二雄アニメ『21エモン』主題歌「お~い!車屋さん」を含む初期3作品は美空ひばりの歌をリメイクしている和風楽曲。

映画「トイ・ソルジャー」の吹き替え版では、メインキャラクター達の声を6人が担当した。
1994年、メンバーの志賀泰伸、古川栄司が脱退(事実上は解雇)。

同年10月17日、「四銃士」名義でテレビ朝日"94FIVBワールドスーパー4バレー"イメーゾソング「DO YOUR BEST」発売。

1995年12月1日、事実上のラストシングル『たとえ君が嘘をついても』発売。更に1996年1月20日、ラストアルバム『Hi La Ri』の発売をもって、グループは活動休止(事実上の自然消滅)となった。

『お祭り忍者』以降ヒット曲が無かった事、元メンバーの解散後の活躍が見られない事などで、現在までのジャニーズの歴代グループの中では影が薄い。

エピソード
オセロの松嶋尚美が、正木慎也の追っかけをしていた事をテレビで告白している。 また、吉野公佳もかつては古川栄司のファンであった事で知られている。
志賀泰伸の妹も昔、アイドルとして芸能界デビューしていた過去がある。
遠藤直人は1990年代に、地元の友人たちと『劇男遠藤組』なるプライベート集団を作っていた。

解散後
柳沢超は、吉本興業への移籍を経て、タレントスクールの講師に。現在は「東京優勝」に所属。
遠藤直人は、TOKIOの現場マネージャーなどを経て、ジャニーズ事務所の関連会社「ヤングコミュニケーション」に入社。少年隊ミュージカル「PLAYZONE」や、V6、嵐、今井翼などのコンサートのプロデューサーに。
高木延秀は、カフェレストランで約1年間勉強した後、茨城県のレストランの店長をしたり、西新宿で小さなスナック『MEMBER'S 3と9』を経営していたが、後にジャニーズ事務所に戻り、ジャニーズJr.のチーフマネージャーへと転身。
 
 

光GENJI 3 (主な出演作品)



光GENJI

主な出演作品

バラエティ番組

サブロー・シローの歌え!ヤング大放送(1987年4月5日 - 9月、TBS)
番組開始当初はGENJIの5名のみのレギュラー出演だったが、途中から7人全員で出演するようになった。

あぶない少年番外編 (1987年、テレビ東京)
あぶない少年1周年 (1988年、テレビ東京)
スーパージョッキー(日本テレビ)
歌のトップテン(日本テレビ)
ザ・ベストテン(TBS)
夜のヒットスタジオ(フジテレビ)
ミュージックステーション(テレビ朝日)
アイドル共和国(テレビ朝日)
ハウスエナジー(フジテレビ) - 大沢
邦ちゃんのやまだかつてないテレビ(フジテレビ) - 大沢
桜っ子クラブ(テレビ朝日) - 内海
晴れたらイイねッ!(フジテレビ) - 内海、山本
アイドルオンステージ(NHKBS2) - 内海

テレビドラマ

連続ドラマ
桃色学園都市宣言!!・St.月桂寺HighSchool (フジテレビ) - 内海・大沢
あぶない少年I、II (テレビ東京)
あぶない少年III (テレビ東京) - 赤坂・佐藤敦啓
ワイルドで行こう! BORN TO BE WILD (フジテレビ) - 内海・大沢
HOTEL (TBS) - 赤坂
想い出にかわるまで (TBS) - 大沢
若さま侍捕物帖 (テレビ朝日) - 内海・佐藤敦啓
名奉行 遠山の金さん (テレビ朝日) - 内海
素敵な人! (テレビ朝日) - 佐藤寛之
アンバランス (テレビ朝日) - 大沢

単発ドラマ
スターライト・キッズ―新北斗七星伝説 (1988年10月11日、TBS)
源義経 (1990年1月1日、TBS) - 内海・大沢・諸星
天と地と〜黎明編 (1990年4月20日、日本テレビ) - 大沢
評論! 家族 (1990年7月22日、TBS) - 赤坂
ダンナ様は18歳 (1990年8月4日、TBS) - 諸星
非行少年たち (1992年10月15日、日本テレビ)

映画
少年武道館
ふ・し・ぎ・なBABY
これから物語 ~少年たちのブルース~ - 内海・大沢
新極道の妻たち 惚れたら地獄 - 赤坂
極道の妻たち 赫い絆 - 赤坂

ラジオ
光のスターライトキッス (1987年 - 、ニッポン放送) - 光
GENJI GENKI爆発!! (当初の仮タイトルは『GENJI爆発百点満点』)(1987年 - 、ニッポン放送) - GENJI
All about 光GENJI (ニッポン放送)- 光GENJI


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
 

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。