スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

FIVE



FIVE

Fi?e(ファイブ)は日本のジャニーズ事務所所属の4人編成バンドで、ジャニーズJr.内のユニットの一つである。

1999年5月、テレビ朝日『8時だJ』内にて、KinKi Kidsのバックバンドとして「?(ローマ数字の5)」の名前で結成された。 後に「FI?E」に改名。 更にその後、2007年5月16日に行われたLIVEより、現在の「Fi?e」に改名された。

メンバー
中江川力也(なかえがわ りきや、1983年6月6日 - )ギター担当
上里亮太(うえさと りょうた、1983年10月22日 - )ベース担当
牧野紘二(まきの こうじ、1984年1月30日 - )ドラム担当


過去のメンバー
小原裕貴 (ベース)
小場賢(ギター)
ジミーMackey(1st・2ndライブでのゲストボーカル)
石垣大祐(いしがき だいすけ、1985年6月28日 - )キーボード担当

概要

小原・上里・牧野・小場の4人編成で結成されたバンド。バラエティ番組『8時だJ』で5人目のメンバーを募集する企画も過去にあった。小原が脱退した同時期に中江川が加入。 更に2001年1月に小場が脱退した為、翌2月に石垣が加入し、現在の4人となった。 固定のボーカリストが不在であり、1st・2ndライブを行った際はジミーMackeyをゲストボーカルとして迎えた。2006年より石垣はQuestion?のメンバーとしても活動している。

近年、ジャニーズJr.の番組である『ザ少年倶楽部』などにバンド単位で出演する事はない。 また、初期の頃はKinKi Kidsや嵐のバックバンドとして活動していたが、現在は主にタッキー&翼や今井翼がコンサートツアーに回る際のバックバンドとして活躍している。バンドではあるがメンバー全員ダンスレッスンを受けた事があり、機会があれば踊りたいと話している。(『Wink up』2007年4月号より)

演奏する楽曲の殆どは、メンバーが作詞作曲編曲したオリジナル曲である。また、ロックとレゲエの影響を強く受けており、歌詞にはラップやヒッポホップ、レゲエでよく見られる「ライム」(「韻」を踏む歌詞)で書かれている曲が多い。

Question?が舞台などでザ少年倶楽部などに出演できない場合は代理で出演している。

現在、東京のShibuya eggmanにて、「You Gotta Rock」と題したコンサートを定期的に行なっている。また、この定期公演の実績が認められ、2008年3月21日に、初の地方公演(神戸・WYNTERLAND(ウィンターランド))が予定されている。


ライブ

1stライブ
2004年8月12日、SHIBUYA-AXにて"FIVE&ジミーMackey"初の単独ライブを行う。

セットリスト - 歌詞カードによる

途方も無く(作詞:牧野&ジミー 作曲:中江川 編曲:FIVE)
TIME(作詞・作曲:中江川 編曲:FIVE)
Lovely day(作詞:ジミー 作曲:中江川 編曲:FIVE)
友達へ(作詞・作曲:中江川 編曲:FIVE) - 中江川ソロ
RUNNING ON(作詞:ジミー 作曲:中江川 編曲:FIVE)
YOU&ME(作詞:ジミー 作曲:中江川 編曲:FIVE)
ガレ(作詞・作曲:上里 編曲:FIVE) - 上里ソロ
MY GIRL(作詞:ジミー 作曲:中江川 編曲:FIVE)
THAT'S ALRIGHT(作詞:ジミー 作曲:牧野 編曲:FIVE)
BREAKE IT(作詞:ジミー 作曲:中江川 編曲:FIVE)
ONE DAY(作詞:牧野&上里 作曲:中江川 編曲:FIVE)
TIME2(作詞:中江川&ジミー 作曲:中江川 編曲:FIVE)
I WONDER(作詞:中江川&ジミー 作曲:中江川  編曲:FIVE)
Party(作詞:ジミー 作曲:上里 編曲:FIVE)
ありがとうの唄(作詞・作曲・編曲:FIVE)

2ndライブ
2005年9月2日、品川プリンスホテル内ステラボールにて2度目の単独ライブを行い、前回同様ジミーMackeyをゲストボーカルに迎えた。

セットリスト - 歌詞カードによる

生(き)(作詞:中江川・ジミー 作曲:中江川)
I wonder(作詞:ジミー 作曲:中江川)
ガレ(作詞・作曲:上里)
RUNNING ON(作詞:ジミー 作曲:中江川)
ONE DAY(作詞:ジミー 作曲:中江川)
Breake it(作詞:ジミー 作曲:中江川)
MY GIRL(作詞:ジミー 作曲:中江川)
日(ひ)(作詞:中江川・雄 作曲:中江川)
That's alright(作詞:ジミー 作曲:牧野)
女(おんな)(作詞:中江川・ジミー 作曲:中江川)
友達へ(作詞・作曲:中江川)
Window(作詞:渋谷すばる 作曲:中江川)
途方も無く(作詞:牧野 作曲:中江川)
Party(作詞:ジミー 作曲:上里)
ありがとうの唄(作詞・作曲:FIVE) - 作詞は各自自分のパートを書いた。

渋谷すばるwith大倉BAND2006
2006年8月29日・30日・9月17日、東京国際フォーラムで行われた渋谷すばる・大倉忠義のライブに「BAND」として参加。バックバンドを務めただけではなく、披露した楽曲のアレンジもすべてFIVEが行った。(『Wink up』2006年11月号より) このライブにリハーサルの時間を割けなかった渋谷・大倉は、FIVEが事前に準備を進めていたおかげでバンドとしてすぐに取り掛かれる事が出来たと発言している。(『ポポロ』2006年11月号より) セットリストの中には牧野・大倉によるツインドラム対決や、FIVEとしてのコーナーも組み込まれてあった。

セットリスト - FIVEのコーナーのみ記載

I&I

お前だけ

泉 - 最終公演のみ

You Gotta Rock
2007年5月16日(1回公演)、7月18日(1回公演)、10月31日(1回公演)、12月12日(2回公演)、2008年2月27日(2回公演) 
会場:Shibuya eggman
現在定期的に、渋谷でFiVe4人としての単独ライブが行われている。
この公演は、ジャニーズ事務所、及びジャニーズ事務所の興行会社「コンサート事務局」主催の公演ではなく、主催はスマイルカンパニーが行っている。その為、開催当初はジャニーズ事務所から公式な告知や宣伝はなく、シークレットライブ扱いで、ファミリークラブでのチラシ配布と口コミ、タッキー&翼のコンサート中の告知、等、ごくわずかなメディアの告知のみであった。実際そういった話が出たのは開催日の1ヶ月を切ってから渋谷eggmanでの案内のみだったためデマとも思われた。その為5月・7月公演は、チケットは前売りなどではなく、当日に抽選方式による入場であった。ゲストにQuestion?と今井翼が登場した。
10月公演以降は、「コンサート事務局」が管理するチケット販売サイト「Jticket」(ジェイチケット)のホームページにて、開催告知及びチケット販売が行われている。
尚、タイトルの「You Gotta Rock」はダブルミーニングで、バンドのFiVeが「Rockする」という意味と、「夕方、6(ろく)」時開演という意味がある。(しかし実際に2回公演があっても、開演時間は17時と19時30分な為、夕方6時(18時)には開演しない。)
セットリスト(5月16日公演)
I&I
TIME
windows

お前だけ
ガレ

TIME2
izumi

YOU&ME
とりこ
ありがとうの唄

主な出演番組
裸の少年(テレビ朝日)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。