スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

少年隊 1 (略歴)



少年隊

少年隊(しょうねんたい)とは、ジャニーズ事務所に所属する日本の3人組男性グループである。リーダーは錦織一清(東山は、少年隊夢という番組内のみでのリーダーだった)。3人の中で結婚しているメンバーは植草克秀のみである。

グループの愛称は「ショーネン」(発音的には“笑点”のイントネーション)。

メンバー

錦織一清(にしきおり かずきよ、1965年5月22日 - )愛称は、ファンからは「ニッキ」、メンバーからは「ニシキ」。

植草克秀(うえくさ かつひで、1966年7月24日 - )愛称は「カッちゃん」。

東山紀之(ひがしやま のりゆき、1966年9月30日 - )愛称は「ヒガシ」。

来歴

もともとは彼等を含み、当時まだ20~30人しか居なかったジャニーズJr.を総して「少年隊」と言っていたが、1981年10月6日からテレビ東京で始まった『ザ・ヤングベストテン』という番組のスタートに合わせ、錦織・植草・松原の3名で結成されたグループ「Bチーム」が、後に「ジャニーズ少年隊」(後述)になった。 翌1982年、松原から東山にメンバーチェンジをし、現在のメンバーとなる。

グループ結成当初は、田原俊彦、近藤真彦のバックダンサーとして、歌番組やコンサートへ出演していた。また、1982年6月にはレコードデビュー前であるにも関わらず、当時歌謡番組の雄として知られていたフジテレビ「夜のヒットスタジオ」にも単独のアーティストとして初出演、ジャニーズの先輩に当るフォーリーブスの往時の代表作『ブルドック』を披露し、事務所側の期待が高いことが示されるとともに、視聴者の注目も早くから受けるようになった(これ以降、夜ヒットには1985年9月の『サクセス・ストリート』まで、レコードデビューまでの間に既に10回前後単独のアーティストとしての出演実績がある)。

1982年11月、「ハワイ音楽祭」で金賞を受賞。

1984年4月2日、郵便貯金ホールにて単独ファースト・コンサートを行い、1日5回公演を行なった。また、この頃から親衛隊によるステージ用の応援コールも作られた。

「ニッキ・カッちゃん・ヒガシくん、ニッキ・カッちゃん・ヒガシくん、ジャニーズ少年隊!」(「ジャニーズ少年隊」時代)

「ニッキ・カッちゃん・ヒガシくん、ニッキ・カッちゃん・ヒガシくん、ソーレソレソレ少年隊!」(「少年隊」へ改名後)

同年5月、ビデオ『少年隊』を発売。その後、同ビデオ収録曲「あなたに今、Good-bye」で、歌番組へ多数出演する。

その後、テレビ・コンサート活動などを経て、1985年12月12日、『仮面舞踏会』でレコードデビュー。
1987年、「ブロマイド」年間売上成績が第1位になる。

デビューの翌年1986年より、毎年夏に上演し続けているオリジナルミュージカル『PLAYZONE(通称:プレゾン、PZ)』が、2005年の夏で20年、2007年(22年目)の夏で通算上演回数900回を迎えた。尚、19年目の2004年には、一度だけオリジナル以外の作品『ウェストサイドストーリー』を上演している。しかしこの作品は、PLAYZONEシリーズの恒例であるCD化・映像化がなされておらず、幻の作品となっている。この作品は、版権問題が非常に厳しく、上演する際に、非常に厳しい規定が設けられており、宝塚歌劇団も同作品を公演しているが、一切映像化は行なわれていない。 また、2007年公演の『PLAYZONE2007 Change2Chance』も、共演者だった赤坂晃が覚醒剤で現行犯逮捕された事により、DVD化が急遽中止となってしまった。

近年、グループとして3人揃った活動は『PLAYZONE』以外でみることは少なくなり、ソロでの活動が中心となっている。


ジャニーズ少年隊 (前身)

ジャニーズ少年隊とは少年隊の前身グループで、主に田原俊彦のバックダンサーを務めていた。

1981年10月6日からテレビ東京で始まった『ザ・ヤングベストテン』という番組のスタートに合わせ、錦織・植草・松原の3名で結成された。 当時はまだ「ジャニーズ少年隊」という名前が無く、「Bチーム」というグループ名で呼ばれていた。そしてそれに対する「Aチーム」の方は、後のシブがき隊だった。
1982年4月17日公開のひかる一平主演の映画『胸さわぎの放課後』に出演。この時だけ、鈴木則行も参加していた。

1982年の春から、松原がTBSドラマ『3年B組貫八先生』への出演が決まって忙しくなった為、それまで“髪の毛が短すぎる”事を理由にメンバー入りを見送られてきた東山紀之と交替となった。

メンバー

少年隊
錦織一清
植草克秀
東山紀之 (1982年4月1日から松原と交替で加入)
事務所退社
松原康行
(結成メンバー。愛称・やっちゃん。)
鈴木則行
(愛称・ノリくん。 映画『胸さわぎの放課後』出演時に参加したメンバー。後にジャPAニーズ・ジュニアのリーダーになり、日本テレビ開局30周年記念ミュージカル・ドラマ『夏の王様』(1982年10月6日放送)にも、ウィズの子どもたち役で出演した。事務所を退社後は演出家に転身し、ダンカンやグレート義太夫らが主宰する劇団「東京サギまがい」の第3回公演『ラブピース』(1998年12月)&第6回公演『ジャイアント馬場のフォークギター』(2001年3月)、ブッチャーブラザーズのぶっちゃあがプロデュースするサンミュージック企画の劇団「笑主義!?(わらいしゅぎ)」の公演『メラメラ★メランコリー』(2001年6月26日、なかの芸術小劇場)&『笑い茶筅』(2002年7月)&『アゲイン~死球を越えて~』(2002年10月、下落合TACCS1179)、シアターD+故林広志合同企画のミニ単独ライブ集『絹~練り笑い・人間交差点~』(2002年10月26日、渋谷シアターD)など、多岐に渡って活躍している。また、ピンク・レディーのコンサートツアーの演出も務め、その縁で未唯との熱愛が2004年に発覚している。)



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。