スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

草 剛



草 剛

草 剛(くさなぎ つよし、1974年7月9日 - )は、埼玉県春日部市出身の男性アイドルグループSMAPのメンバーである。所属事務所はジャニーズ事務所。血液型A型。身長170cm。愛称は「つよし」、「つよしくん」、「つよぽん」、「つよちゃん」など。イメージカラーはイエロー。

来歴
愛媛県西予市生まれの埼玉県春日部市育ち。小学生のときは器械体操部に所属し部長を歴任。国体→オリンピック出場を目標にしていた。その後、テレビで見た少年隊に憧れてジャニーズ事務所に履歴書を送り、1987年6月、ジャニーズJr.のメンバーとなった。

1988年4月、13歳の頃スケートボーイズの中からSMAPのメンバーに選ばれる。当初草はSMAPのメンバーの中でも控えめな立ち位置にいたが、1997年にドラマ『いいひと。』で一躍知名度を上げた。その後2003年の長者番付ではジャニーズ部門で首位になった。

堀越高等学校を埼玉の実家から3年間無遅刻無欠席の皆勤賞で卒業。そのときに、全コースから学業優秀、品行方正だった卒業生1人に贈呈される「堀越賞」を受賞した。なお、卒業後に活躍した有名人も数多い堀越高芸能コース卒業生であるが、芸能コースの生徒で受賞したのは草が初という快挙であり、その後も声優・歌手の水樹奈々しか例が無い。


参加ユニット
茶々隊 (結成初期に短期間在籍)
スケートボーイズ
SMAP

人物

趣味・特技
水泳、器械体操、タップダンス、テコンドーが得意。

ベストジーニスト殿堂入りしたことからもわかるように、大のジーンズ好きで知識が豊富である。2003年まで5年連続男性ベストジーニストに選ばれ、殿堂入りを果たす(これまで6回受賞している)。また、コンピュータゲーム好きでもあり、特に『「ぷっ」すま』では豊富な知識を披露し、ゲーム関係の話題になると、そのあまりのはしゃぎっぷりから「ゲーマー」、「永遠の5歳児」とも呼ばれる。中でも、『バーチャファイター』は元旦の朝9時頃からゲームセンターに並んで夕方6時頃までやっていたほどハマッたのだという。

タバコは20代は吸っていたが、30代になってから禁煙した。また、大の酒好きで、「ぷっ」すまでは番組収録の際酒を飲むこともあり、ほろ酔い加減になるまで飲んでしまい、相方のユースケ・サンタマリアやスタッフから叱られることもある(ちなみにヤクルトも大好き)。一方でドラマや舞台などが集中する期間は禁酒する。

NHKの動物番組をよく見るらしく、『「ぷっ」すま』で、たびたび動物の話をする。NHKの『地球!ふしぎ大自然』のナレーターも務めた。

音楽はB'zのファンで、LIVEにも何回か顔を見せたことがある。TBS系の番組「うたばん」のスペシャルでのカラオケ大会では、あまり一般に知られていないB'zのアルバムの曲「Baby, you're my home」をリクエストし歌った。


交友関係
お笑い芸人のビビる大木とは同じ春日部育ちで同じ幼稚園及び中学校の同級生であり、お互い旧知の仲。ただし、草は笑いを取るために大木のことを気遣い、あえて「知らない」と語ることがある。

メンバーでは特に香取慎吾と仲がよく、本人曰く「慎吾といると楽しい。」また、中居正広の家に行くこともある。本人曰く、他のメンバーとは兄弟のような関係とのこと。ニックネームの一つ「つよぽん」は香取慎吾が言い出したもの。テレビ朝日系列『「ぷっ」すま』にて香取がゲストで登場した回において、草は「(慎吾は)自分より年下のくせに自分を年上扱いしない」という理由で「もし自分が勝ったら年上扱いしろ」という条件の下挑戦状を叩きつけ、ダンスダンスレボリューションなど様々なゲームで勝負したところ、見事に完敗、決勝戦の前に慎吾に宣言された通りのニックネーム「つよぽん」と呼ばれることになった。

プライベートは徹底的に隠す。「何処に住んでいるか知らない」と香取慎吾や木村拓哉がテレビで証言している。時々メンバーに車で送ってもらっても、実際に住んでいる場所から少し離れた場所で降りて、ひとりで歩いて帰宅する。ごく一部の熱狂的ファンに自宅を突き止められ、そのファンに「家にいるんだろ!?」「風呂入ってるんだろ!?」と叫ばれたことがある。

毎年正月休みはほとんど、伊豆にあるタモリの別荘で過ごしている。そのため、タモリの遠い親戚等に「一義にこんな息子がおったと?」と言われた。

「ぷっ」すま」で共演中のユースケ・サンタマリアと仲がいいと思われることもあるが、実際には仲が悪くもなければ良いと言うわけでもない。9年間一緒に番組をやってるが、携帯の番号をお互い知らないと暴露した。ただし息は合うらしく、スマスマのビストロスマップでユースケ・サンタマリアがゲストの回で、木村拓哉は「(「ぷっ」すまで)ユースケさんと共演している時の方が生き生きしている。」と評した。

「いい人」で有名で、天野ひろゆきが天声慎吾で「本当にいい人なのか」と疑って同番組で彼にドッキリを仕掛けた。ラストで香取慎吾とお気に入りのジーパン(実は偽物)とどちらを助けるかと言うところで「香取慎吾を助ける」というボタンを押して、結果的に「いい人」だと言うことがわかった。


アイドル・タレントとして
SMAPがデビューする直前までCHA-CHAのメンバーも掛け持ちしていたが、CHA-CHAとしてデビューしているわけではない。

TV番組『「ぷっ」すま』の『新·記憶力絵心クイズ』のコーナーではその独創的な画風から“画伯”と称されている。お世辞にもうまいとは言えないものが多いが、絵心がありギリギリ最下位を逃れたりして最下位の時のユースケ・サンタマリアやゲストを悔しがらせることも少なくない。描いた絵はお題とはかけ離れたものばかりだが、時々「神が降りた」といわれる奇跡が起こる。

2005年12月7日放送の『2005FNS歌謡祭』では初の司会を担当。


俳優として
2003年、初主演映画『黄泉がえり』(共演:竹内結子・柴咲コウ)が異例の大ヒット&ロングラン。2004年6月25日には主演映画『ホテルビーナス』がモスクワ国際映画祭に出展され、パースペクティブ・コンペティション部門の最優秀作品賞を受賞。

韓国語の勉強に熱心で、全編韓国語の映画『ホテルビーナス』において、韓国語を披露している。(勉強途中に、逆に日本語の語彙が出てこないこともあったという。)そのため、『SMAP×SMAP』において、韓国人ゲストとの会話では韓国語で話し続けるため、他のメンバーがついていけないことがしばしばある。

『僕の生きる道』では役作りのために9kg減量した。しかし、ファンを心配させないために「役作り前から5kg絞った」と少なめに表現した。その後暫く食欲も体重もなかなか戻らなかった。その後、主演映画『ホテルビーナス』のオファーの際、筋トレを始める。その理由は「トラウマを抱えた繊細な青年の役なので、そのコンプレックスの裏返しとして筋肉をつけて体躯を強靭にして欲しい」と監督からの要請があったため。その結果、映画のクランクイン時に体重を60kgまで増やした。

2006年夏、柴咲コウと共演した『日本沈没』が初登場1位、興行収入50億円を突破する大ヒットを記録。過去のジャニーズタレントが出演した実写映画の中でNo.1ヒットとなった。また、アジアや欧州など16カ国で上映されることとなり、韓国においては210館と日本映画としては『ハウルの動く城』(237館)に次ぐスクリーン数(実写としては最大規模)で上映され、邦画としては初めて初登場1位を記録した。

韓国放送協会主催ソウル・ドラマアワーズ2006にて『海峡を渡るバイオリン』が短編ドラマ部門の最優秀作品賞を受賞し、授賞式に出席した草は韓国語であいさつし出席者から大きな拍手を浴びた。


“チョナン・カン”としての草剛
チョナン・カンとしてのデビュー初期は、頬を赤く強調した化粧に派手な衣装が多かったが、次第に奇抜な格好はしなくなった。また、上記のように草は韓国語を熱心に勉強しており、その語学力は日常会話には不自由ないというレベルのものであり、韓国の芸能人とも全て韓国語で話せる。その模様は、コンサートやテレビ番組などで度々韓国語を披露しているほか、毎週金曜日(土曜日未明)の番組『チョナン・カン』で見ることができる。

「チョナン・カン」とは「草剛」の漢字を韓国語で音読みしたものだが、「なぎ」(ナン)の漢字は韓国で使われていないため(「」は「国字」=日本製の漢字=と言われる。余談だが、「」という漢字は漢字検定の一級にも入っていない)漢字「薙」を当てたものである(たとえば静岡市=旧清水市=に草薙駅がある)。薙は日本音で「ち」(薙髪など)、韓国音も同じく「チ」である。薙を韓国で「ナン」と読むのは「難」と字形が近いため、漢字に詳しくない韓国人が誤読したものと思われる。韓国語の連濁に準拠すると「チョナン・ガン」になる。

バラエティ番組の企画が発端となり、「チョナン・カン(초난강; Chonan Gang)」として韓国でバラエティーや『シットコム』に出演し、韓国語でCDを日韓同時にリリース。ケンタッキーフライドチキンのCMにも出演した。そのCMに流れるCMソングもチョナン・カンが歌うものである。

韓国では「SMAPのチョナン・カン」より「チョナン・カンがいるSMAP」として認知されている面が強いが、SMAPとしても人気を誇っている。またチェ・ジウが『SMAP×SMAP』に出演した際には「チョナン・カンだ!!」と驚く様子が見られた。

チョナン・カンとして訪韓した際は、雑誌の取材、テレビ出演を多数こなし、報道番組での盧武鉉大統領との対談は、日韓同時放映された。


受賞歴
1997年第14回ベストジーニスト(協議会選出部門)
1998年第11回DVD&ビデオで~た大賞・ベストタレント賞
1998年MEN'S CLUB ベストドレッサー賞
1999年第16回ベストジーニスト(初)
2000年第17回ベストジーニスト(2)
2001年第18回ベストジーニスト(3)
2002年第19回ベストジーニスト(4)
2003年第20回ベストジーニスト(5…殿堂入り)
2003年第20回ATP賞・個人賞(『僕の生きる道』の演技による)
2004年日本イノベーター大賞・ジャパンクール賞(日本産業界で活躍が際立った独創的な人物に贈られる)
2005年第13回橋田寿賀子賞・橋田賞(『僕と彼女と彼女の生きる道』、『海峡を渡るバイオリン』の演技による)
2007年第14回読売演劇大賞・杉村春子賞・優秀男優賞(「父帰る」「屋上の狂人」の演技による)

出演

バラエティー
レギュラー
SMAP×SMAP(フジテレビ系(関西テレビ・フジテレビ共同制作))
「ぷっ」すま(テレビ朝日系)
笑っていいとも!(フジテレビ系) 金曜日レギュラー
僕らの音楽2(フジテレビ系)ナレーション
チョナン・カン2(フジテレビ系)
笑っていいとも!増刊号(フジテレビ系)

過去
欽きらリン!530(日本テレビ系)
アイドル共和国(テレビ朝日系)
歌のBIG FIGHT(テレビ東京系)
ポップシティーX(テレビ東京系)
所さんのまっかなテレビ(日本テレビ系)
ヤンヤンもぎたて族(テレビ東京系)
満員御礼!学園キッズ(テレビ東京系)
タモリの音楽は世界だ!(テレビ東京系)
輝け!噂のテンベストSHOW(日本テレビ系(よみうりテレビ・ハウフルス製作))
OH!エルクラブ(テレビ朝日系)
どっちの料理ショー→新どっちの料理ショー[1]((日本テレビ系(よみうりテレビ・ハウフルス製作))
BANG! BANG! BANG!(フジテレビ系)
スクラッチ(TBS系)
鶴瓶・草の夢中宣言"がんばります。"(テレビ朝日系)
チョナン・カン(フジテレビ)
SmaSTATION-5(テレビ朝日系)(準レギュラー)

単発
草 おすぎとピーコの女子アナスペシャル(フジテレビ)(毎年年始に放送)
FNSがんばった大賞(フジテレビ)(毎年春・秋2回放送)
「草剛・カリフォルニアを行く! ~究極のジーンズを探せ!」(TBS) (2003年11月8日放送)
日本の歴史(フジテレビ)(2005年9月17日放送)
24時間テレビ 「愛は地球を救う」(1995年・2005年/香取慎吾と一緒にメインパーソナリティを務めた)
FNS歌謡祭(2005年・2006年・2007年/黒木瞳と共に司会)

テレビドラマ
時間ですよ平成元年(1989年10月10日~12月26日)
命うるわしく~訪問看護婦物語~(1995年3月16日)
付き馬屋おえん事件帳スペシャル(1995年4月10日)
家なき子2(1995年4月15日~7月8日)
まだ恋は始まらない(1995年10月16日~12月18日)
木曜の怪談-秘密の仲間-(1995年12月14日)
名古屋嫁入り物語8(1996年3月22日)
結婚しようよ(1996年4月11日~1996年6月27日)
おいしい関係(1996年10月14日~12月16日)
僕が僕であるために(1997年1月3日)
沙粧妙子-帰還の挨拶-(1997年3月25日)
いいひと。(1997年4月15日~6月24日)
ギフト第7話(1997年5月28日)
世にも奇妙な物語 「無実の男」(1997年10月6日)
成田離婚(1997年10月15日~12月17日)
先生知らないの?(1998年4月10日~6月26日)
じんべえ(1998年10月12日~12月21日)
古畑任三郎vsSMAP(1999年1月3日)
バカヤロー1999-セクハラでから騒ぎするな-(1999年9月26日)
降霊-ウ・シ・ロ・ヲ・ミ・ル・ナ-(1999年9月28日)
TEAM(1999年10月13日~12月22日、以後毎年秋ごろスペシャルとして放送中)
世にも奇妙な物語 「銃男」(2000年3月27日)
フードファイト(2000年7月1日~9月16日、2001年4月1日と9月29日にスペシャル放送)(日本テレビ系)
世にも奇妙な物語SMAPの特別編「13番目の客」(2001年1月1日)
Smap Short Films「MUSIC POWER GO! GO!-ダモン君の巻-」・「菅原さん」・「コンセント」・「トイレ」・「のれない」「脱出不可能」・「BUS☆PANIC!!!」・「good-bye,cruel world」(2001年4月9日)
スタアの恋(2001年10月11日~12月20日)
チョナンカン・スペシャル サランヘヨ 愛の劇場&愛の唄 「ミアネヨ~ごめんね~」・「ヘンボカセヨ~幸せになれよ~」(2002年4月29日)
僕の生きる道(2003年1月7日~3月18日)
僕とあなたの生きる道~ONE DAY(2003年7月7日)
太閤記 サルと呼ばれた男(2003年12月27日)
僕と彼女と彼女の生きる道(2004年1月6日~3月23日)
僕と彼女と彼女の生きる道スペシャル(2004年9月18日)
新選組!(2004年11月21日)
海峡を渡るバイオリン(2004年11月27日)
X'smap~虎とライオンと五人の男(2004年12月25日)
徳川綱吉 イヌと呼ばれた男(2004年12月28日)
恋におちたら~僕の成功の秘密~(2005年4月14日~6月3日)
24時間テレビスペシャルドラマ小さな運転士 最後の夢(特別出演)(2005年8月27日)
愛と死をみつめて(2006年3月18日・19日)
僕の歩く道(2006年10月10日~12月19日)
佐々木夫妻の仁義なき戦い(特別出演)(2008年1月~)
猟奇的な彼女(2008年4月~)

映画
アンネの日記(声優)(1995年)
メッセンジャー(1999年)
黄泉がえり(2003年)
ホテルビーナス(2004年)
茶の味(2004年)
NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE(2004年)
ロボッツ(声優)(2005年)
日本沈没(2006年)
横綱マドンナ(2006年韓国)
ストリングス~愛と絆の旅路(声優)(2007年)
西遊記(2007年)
山のあなた〜徳市の恋〜(2008年)

アニメ
姫ちゃんのリボン(テレビ東京系列、1992年10月~1993年12月) - 支倉浩一役(レギュラー)。他に第13・14話で作品中に6人時代のSMAPが登場、本人役として出演。

ラジオ
スクランブルSMAP(TBSラジオ)
STOP THE SMAP(文化放送)
おはようSMAP(TOKYO FM)
SMAP POWER SPLASH(bayfm(ベイエフエム))

CM
ロッテ 冬色ショコラ
味の素 味の素
NTT東日本
エースコック スーパーカップ
ナムコワンダーエッグ2
金鳥 キンチョール
大王製紙 エリス
公共広告機構 覚醒剤撲滅運動(本人出演)、骨髄バンク登録キャンペーン・国連世界食糧計画(WFP)(ともにナレーションのみ)
野村證券
トヨタ自動車 トヨタレンタリース (1995年 - )
アサヒ飲料 あじわい緑茶
ヤマサ醤油 昆布ポン酢
サンクス
ソニー・ミュージックエンタテインメント Canna「風の向くまま」・ナレーションのみ
ロート製薬 パンシロン
サントリー 熟茶・BOSS
JRA ナレーションのみ
ANA 超割
三洋電機 xacti
田辺製薬 アスパラドリンクシリーズ
ケンタッキーフライドチキン 韓国風ツイスター・香り揚げ醤油チキン
九九プラス SHOP99
ロッテスノー シェ・ミルク
東京海上日動 超保険
P&Gアリエール
環境省チーム・マイナス6% ナレーションのみ
社団法人地上デジタル放送推進協会
大塚製薬 ポカリスエット
『cube篇』 (2007年 - )
大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーター
『朝篇』 (2007年4月 - )

ナレーション
NONFIX高橋由伸 300日の肖像 ~巨人の理由~(フジテレビ)(1998年1月27日)
地球!ふしぎ大自然(NHK 2001年4月~2003年3月)
素敵な宇宙船地球号(テレビ朝日)(2003年)
ドキュメンタリー『僕の生きる道』をたどって(フジテレビ)(2004年2月7日)
僕らの音楽2(フジテレビ)(2005年4月~)
ピタゴラスイッチ(ポキポキアニメ)(NHK教育)(2005年4月~)
ザ・ノンフィクション『日韓共同製作ドキュメンタリー・駆け抜けて今・・・岐路に立つ二つの団塊の世代』」(フジテレビ)(2006年8月20日)

舞台
聖闘士星矢(1991年8月15日~9月1日:青山劇場)
ドラゴンクエスト(1992年8月1日~8月25日:京都南座)
ANOTHER-沈黙の島-(1993年8月6日~15日:ア-トスフィア 8月17日~24日:京都南座)
姫ちゃんのリボン(1993年12月3日~26日:博品館劇場)
敗戦国の王子フォーティンブラス ~オリジナルスマイル~(初演・1995年3月6日~23日:紀伊國屋ホール 再演・1995年11月23日~26日:近鉄劇場)
蒲田行進曲(初演・1999年2月20日~28日:近鉄劇場 3月5日~27日:Bunkamuraシアターコクーン 再演・2000年1月15日~25日:近鉄劇場 1月28日~30日:アートピアホール 2月4日~20日:青山劇場)
THE SECRET LIVE(1999年7月1日~4日:紀伊國屋サザンシアター)
VOICE Reading『椿姫』with草剛(初演・2002年2月13~16日:サントリーホール 再演:2002年6月22日・23日:びわ湖ホール 6月30日:ホワイトキューブ)
父帰る/屋上の狂人(2006年4月1日~30日:シアタートラム)
瞼の母(2008年5月10日~6月8日:世田谷パブリックシアター)

著作
これが僕です(1997年4月1日発売)
チョンマルブック1, 1.5(2002年12月16日発売)
チョンマルブック2, 2.5(2004年11月26日発売)
okiraku(2007年3月14日発売)

雑誌連載
C'est la vie(WinkUp 連載終了)
お気楽大好き(月刊テレビジョン 1996.4~)
草剛の僕の隠れ家にようこそ(MORE 2004.3~)

CDソロ作品
オトコのコ オンナのコ/小泉今日子(コーラス参加)(1996年10月21日) - 作曲:奥田民生。
愛の唄~チョンマル サランヘヨ~/チョナン・カン(2002年6月26日) - 作詞・作曲:つんく。のちに、つんくがセルフカバー。


スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。