スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

メントレG



メントレG

『メントレG』(メントレ・ザ・ジャイアント)は、フジテレビで毎週日曜日21:00-21:54(JST)に放送されているTOKIOがレギュラーのトーク・バラエティ番組である。地上デジタル放送ではハイビジョン製作(連動データ放送及びワンセグを放送していない)。

2007年3月30日放送分までは、毎週金曜日23:00~23:30に放送されていた。

内容・沿革

1999年10月8日、「料理の鉄人」の後番組として「三菱電機サイエンスジム メントレ」のタイトルで放送開始。メントレとは、mental training(メンタルトレーニング)の略で、精神の訓練を意味する。TOKIOがメインとなり、ゲストに著名人を呼んで心理テストやゲームなどを行う形式のバラエティ番組として登場。独特の裏声で話す「HIROSHI」が「ハイ皆さん注目~」「それではメントレスタートッ!」などの台詞でナビゲーターを務めた。その後2000年4月7日より「三菱電機サイエンスジム メントレG(ザ・ジャイアント)」に改める。この番組タイトルはプロレスラー・アンドレ・ザ・ジャイアントのもじり。なお、TOKIOは「LOVE LOVEあいしてる」の「プリプリプリティ」のコーナーに出演した際に同番組出演者篠原ともえからこの改称を知らされた。しかしTOKIOメンバーたちはなぜか素っ気ない態度を取っていた。

「G」となった当初はメントレ時代の形式(心理テストとトークのみ)を踏襲するとともに、ウサギ型のマスコットキャラクター「ココちゃん」(声の出演:一龍斎貞友)がナビゲートしていたが、同年10月6日からはゲストとのトークと料理ゲーム「メントレレストラン」を行うという内容に変更された。さらに、2002年10月4日からはオープニングコーナーの「クイズ楽屋訪問」が開始し、現在も続く3コーナー構成となった。この時期から視聴率が毎週15%前後で安定するようになり、またTOKIO人気と番組の安定感もあり、準ゴールデンタイム(ノンプライム)の番組としては長寿の人気番組となり、更に裏番組だった「FUN」(日本テレビ系)や「ウンナンの気分は上々。」(TBS系)を打ち切りに追い込んだ。

当時の視聴率は関西地区では『探偵!ナイトスクープ』(ABC)に押されていた(平均視聴率は、全国的に約12~14%前後だったが、関西のみ約6~8%という状況)ために低迷していたが、それ以外の地域では安定していた。

然し、この金曜日の放送で大きな問題が起きる。他局の年末恒例音楽ライブにTOKIOが出演する際にリーダーの城島茂が披露している1ネタに引っ掛かってしまい後日、ファンに城島が謝罪した。

番組スポンサーは当初から三菱電機の1社提供だったが、2003年10月3日から同社を含め複数社の提供に変更、この際TOKIOによるタイトルコールも「メントレG」に変わった。

レギュラー放送とは別に過去の放送総集編を中心に据えたスペシャル版「メントレスーパーG!」として、2004年9月22日・2005年4月11日・2006年4月10日の19:00~20:54に放送された。ゲストは1回目・菅原文太、2回目・ヒロシ、3回目・唐沢寿明と南海キャンディーズ。3回目の放送ゴールデンタイムスペシャル視聴率は同時間帯トップで裏番組に大差を付ける19.8%を記録した。更に、2007年3月23日(ゲスト・荒川静香)にはレギュラー放送最高視聴率の20.1%を記録した(なお、この直前には「世界フィギュアスケート選手権2007東京」が28.9%を記録している)。

2007年4月15日より日曜21:00~21:54に移行し、ゴールデンタイムに昇格した(その経緯については後述)。また、同日16:00~17:25には番宣番組として「今夜9時から新装開店メントレGの裏側全部見せますスペシャル!」が放送された。

満を持してのゴールデン昇格であったが、2007年4~6月の平均視聴率は11.9%(関東地区)と振るわず、ゴールデン昇格前の金曜23時台よりも低下しており(2007年1~3月期の平均は13.8%)、ほとんどの回で裏番組の『行列のできる法律相談所』(NNN加盟局)、『日曜洋画劇場』(一部系列局除くテレビ朝日系)、 『日曜劇場』(TBS系)を下回り、日によっては1桁を記録し『NHKスペシャル』(NHK総合)、「日曜ビッグバラエティ」(テレビ東京系)と拮抗する場合もあり、この時間帯の前番組「あるある大事典II」よりも低下していたが、2007年の後半では、『日曜劇場』の『ハタチの恋人』が大低迷していたこともあり、回によっては15%を越える回もあった。特に、2007年11月11日放送分では、『ワールドカップバレーボール』の後の時間帯であったことや、強力なライバルである日テレの『行列のできる法律相談所』が野球の『アジアシリーズ』生中継が1時間延長で22:00からの放送となったことにより放送時間が重ならなかったことが追い風となり、18.2%を記録(ビデオリサーチ・関東地区)してその週の娯楽番組部門で1位となった。

余談ではあるが、2008年1月13日放送分の『行列のできる法律相談所』において司会の島田紳助はある罰ゲームを課せられた際に、「フジテレビでTOKIOが司会してる番組に出てやる!」と発言した。


放送局と放送時間

2007年10月以降
フジテレビ系列26局…毎週日曜日21:00 - 21:54
テレビ大分(遅れネット)…毎週水曜日16:55 - 17:53
テレビ宮崎(遅れネット)…毎週日曜日13:10 - 14:05
※テレビ大分とテレビ宮崎では、本来の放送日時に「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)を放送しているため、放送日時差し替え。
青森テレビ(JNN系、遅れネット)…毎週水曜日23:55 - 24:50(尚、提供クレジット(とCM)は、差し替えられている)
山梨放送(NNN・NNS系、遅れネット)…毎週土曜15:00 - 15:55(2007年5月12日から)
テレビ山口(JNN系、遅れネット)…毎週日曜15:55 - 16:55(2007年7月8日から)
※四国放送は拡大を機に打ち切られた。後番組はVivaVivaV6

2007年3月まで
フジテレビ系列26局(テレビ大分、テレビ宮崎を除く)…毎週金曜日23:00 - 23:30
テレビ大分(遅れネット)…毎週木曜日24:56-25:26
テレビ宮崎(遅れネット)…毎週土曜日14:00-14:30
青森テレビ(JNN系、遅れネット)…毎週水曜日23:55-24:25(尚、提供クレジット(とCM)は、差し替えられている)
山梨放送(NNN・NNS系、遅れネット)…毎週日曜日15:55-16:25
テレビ山口(JNN系、遅れネット)…毎週月曜日23:55-24:25
2007年7月16日まで放送された。そのためその日までは60分版と30分版が平行して放送されていた。
四国放送(NNN・NNS系、遅れネット)…毎週月曜日24:55-25:25
(放送時間は日本時間-JST)


「メントレ」時代のコーナー

メンタルトラブル
略して、「メントラ」。視聴者からの心理学的な質問に答える。
最初にフィールドワークを行い、質問された内容について待ち行く人々にも当てはまるのか調べる。その後、人間心理に基づいた解説を行う。

恋のメンキャラテスト
恋愛に関する心理テストを行う。

悪キャラテスト
最初に4人の人物が登場するショートストーリーを見る。
4人の人物は皆それぞれ悪いことをしている。メンバーはそれを「許せる」と思う順に並べる。

「メントレG」初期のコーナー

深層心理テスト・メントレチェック
初期では4択の心理テストを行う。心理テストの内容と同じセットが用意されている。
後に選択肢のない心理テストに変わり、松岡がその内容の司会を担当。診断の後にゲストやTOKIOのメンバーの回答を発表する。

ココロのカルテ

メントラーズ
映画スターなどの自身のメンタルトレーニングの方法を紹介する。不定期放送。

ジャンキング
ゲストとTOKIOのメンバーがじゃんけんで対決。ゲストが勝つと三菱電機のモニター「VISEO」をプレゼント。
TOKIOは何を出すのかを事前に告知する。

建て前顔・本音顔

現在のコーナー

クイズ楽屋訪問
その週のゲストの楽屋前の廊下からゲストの私物や私服などを披露するコーナー。2002年10月から開始。このコーナーはオープニング後に放送されており、ゲストの声や顔、名前に加工処理がなされているため、この時点では誰かは分からない(次回予告でもゲストの顔と声を加工処理を施しており、同じ手法だが、公式ホームページの次回予告や一部のテレビ雑誌ではゲストの正体が見られる)。

また、楽屋前の廊下で収録されているため、他番組の収録や打ち合わせに来ていた有名人が偶然出演することがよくある(中には確信犯的に狙って出演する人もいた)。2007年3月までは、このコーナーの5回出演すると、ゲストに呼ばれるという設定もあった。

ゴールデン進出後は、国分と山口の"今、気になるお笑い芸人"を呼ぶ「呼んじゃった」のミニコーナーが登場した。出演したお笑い芸人は狩野英孝、フルーツポンチなど。

基本的に国分と山口が担当しているが、他のメンバーが出演することもある。(例:ゲストが憧れの女性タレント、TOKIOにとって重要な人、たまたま通りかかった有名人の要望など)

Gのポイント
2007年4月のゴールデン進出とともにスタート(内容自体は深夜時代のトークコーナーの拡大リニューアルしたもの)。それまでのフリートーク、ゲストのエピソードやヒストリーの紹介に加え、ゲストの人生に大きな影響を与えたエピソードや運命を決定付けたような瞬間などのターニング・ポイントを「Gのポイント」(NHKの『その時、歴史が動いた』における「その時」とほぼ同意義)としてスポットをあて、その時のエピソードや心境を中心にトークを繰り広げるコーナーである。また、ゲストのプライベートに迫るための密着取材が放送される。

メントレGレストラン
2000年10月に始まった名物コーナー。支配人の国分太一(支配人を国分が務めるのは、国分の持ち込み企画だからである)が、ゲストの大好物の料理を1品ずつ試食し、他のメンバー(城島茂、山口達也、松岡昌宏、長瀬智也)がゲストの食べたい料理が何であるかを心理戦で当てるゲーム。当初は「メントレレストラン」というタイトルだったが、2002年10月より「メントレGレストラン」と改題し、セットや国分支配人の衣装もリニューアルされ、ルールも多少改正されている。2007年4月からは新たなルールとして「Gのスプーン」が登場する。

このコーナーの目的は、「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ)の企画「ゴチになります!」で、国分が料理を食べる姿が視聴者に好評であることから、彼の食事シーンをメントレGでも放送し視聴率を獲得することにある。したがって、心理戦の模様やゲームの勝敗などよりも、国分の食事シーンに重点を置いた構成となっている。国分がおいしそうに食べるので、お腹の空き具合によっては怒り出すゲストもいる。稀にTOKIO4人から国分に対して、不満や愚痴を言ったり、もどかしさから八つ当たりをしたりもする。

2000年10月のリニューアル第1回と2007年4月のゴールデン第1回ゲストはいずれもみのもんた。

ルール
ゲストの大好物3品を前に、国分以外のTOKIOメンバーがそれぞれ1品ずつのカードを選び、どれが食べたいのかを予想する。
ゲストの食べたい料理をTOKIOメンバーの4人全員が不正解となるか1人のみ正解となった場合にゲストが料理を(1人のみ正解となった場合、正解したメンバー1人とゲストで)食べられるが、2人以上が正解したら、ゲストは料理を食べられない。
2007年4月からは、事前におみくじ(導入開始当初はルーレット)で選ばれたTOKIOメンバーの4人の内の1人が「Gのスプーン(我慢の限界スプーン)」という、3品の料理の内の1つを任意の時間にスプーン1杯分だけ試食できるという権利を獲得できるというルールが新たに登場する。
2002年9月まではTOKIO4人vsゲストの一対一による対決で行われ、TOKIOが当てたらTOKIO4人が、TOKIOがはずしたらゲストが料理を食べることができた。2006年7月7日放送分では、ゲストの次長課長それぞれの好物2品しか出なかったために、久々にTOKIOvsゲスト対決で行った。
その他
近年はこのコーナーに慣れてきたためか数々の作戦を練ることも少なくなくなってきている(例:長瀬 - ゲストに嘘でもいいので今食べたい料理を指させる。TOKIO - 2人ずつ同じものを選択し、ゲストの食べられる確率を1/3にする。)

メントレスーパーG(スペシャル)
改編期には「メントレスーパーG」と題して2時間の特番が放送される。過去の特番は全て月曜日の19:00~20:54(ゴールデンタイム)で放送された。ローカルセールス枠である月曜日7時枠が含まれるため、「ネプリーグ」を同時ネットで放送していない一部の地域(関西テレビ・沖縄テレビは2006年12月現在全てのこの特番を短縮している)では短縮版での放送となってしまい、視聴者から不満の声が上がることも少なくなかった。

日曜9時への移動後は、ローカル枠をまたぐことはなくなるため、関テレや沖縄テレビなどでも必ずフル放送になるものと考えられる。


ゴールデンタイム昇格の経緯

前身の「メントレ」の開始から7年半を経て、2007年春の改編で、満を持してのゴールデン昇格となることが決まった。
当初は『クイズ$ミリオネア』の後番組として、木曜日19時枠に移動する予定だったが、捏造問題から打ち切りとなった『発掘!あるある大事典II』に代わって、日曜日21時台への移動に変更になった。この日曜日午後9時枠が、もともと制作局だった関西テレビからフジテレビに枠返上されることになったため。なお木曜19時枠の新番組は『まるまるちびまる子ちゃん』に決定。
これにより既に放送中の「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)とあわせて、TOKIOのメンバー全員が出演するレギュラー番組が日曜日に集中することになる。また城島茂・国分太一の二人のTOKIOメンバーで城島はラジオ番組「城島茂のどっち派?!」(TBSラジオ金曜24:00~25:00)と特に国分太一に至っては、土曜日に「オーラの泉」(テレビ朝日系、土曜19時57分~20時54分)、「解体新ショー」(NHK総合テレビ土曜22時~22時30分)と、G帯番組とP帯番組の2本番組がスタートするため、週末土曜・日曜の夜は出ずっぱりであり、それに既存のレギュラーであるぐるぐるナインティナインの人気コーナー「ゴチになります!」のコーナーがある場合もある。前者は金・土・日の週末の夜・深夜番組に出演、後者は金・土・日の週末の夜の番組に3日間続けて出ることになる。
この枠でのフジテレビ制作番組は1973年10月に21時台から22時台に移行した「ラブラブショー」以来33年半ぶりである。
変更になった背景には、『あるある大事典II』の単独冠スポンサーであった花王が打ち切りと同時にこの時間の提供を降板、スポンサー確保のために三菱電機筆頭提供番組である「メントレG」を持ってきたという見方がある。なお、花王は「メントレG」の裏番組となるTBSの「恋するハニカミ!」で1社提供をしている。また、2007年4月から移動する日曜日午後9時枠でも、やはりTBSが放送している「日曜劇場」のメイン提供の1つとなっている。このため、花王側が2月から「水10!」の花王CM枠を90秒に拡大(原則クレジット自粛。但し特番の時はクレジットあり)、また4月以降は「スリルな夜」と「まるまるちびまる子ちゃん」、「土曜プレミアム」の筆頭スポンサー(土曜プレミアムは90秒スポンサー)となったが、「スリルな夜」だけはスポンサークレジットは非表示である。これは裏番組「恋するハニカミ!」を提供しているため。
また、関西では、深夜時代に裏番組で「探偵!ナイトスクープ」に直接ぶつかるために、終始視聴率が低枠していたため、これを解消する意味もあったと思われる。


過去のゲスト

金曜夜11時時代

2000年10月6日 - みのもんた
2001年7月20日 - 柴田理恵
2001年7月27日 - 菊川怜
2001年8月3日 - 観月ありさ
2001年8月10日 - 伊東四朗
2001年8月17日 - 高田純次
2001年8月24日 - 室井滋
2001年8月30日 - 桂三枝
2001年9月6日 - 泉谷しげる
2001年9月13日 - YOU
2001年9月20日 - 佐野史郎
2001年9月27日 - 超豪華21人大集合スペシャル!!


2002年

6月28日 - 谷村新司
10月4日 - 根津甚八
10月11日 - 酒井美紀
10月18日 - 叶姉妹
10月25日 - 石田ゆり子
11月1日 - 峰竜太
11月8日 - 的場浩司
11月15日 - 優香
11月22日 - オセロ
11月29日 - 岸本加世子
12月6日 - 渡辺美里
12月13日 - アグネスチャン
12月20日 - 宇津井健


2003年
1月10日 - 長谷川京子
1月17日 - 中井貴一
1月24日 - 池脇千鶴
1月31日 - 東野幸治
2月7日 - ココリコ
2月14日 - 雛形あきこ
2月21日 - 大原麗子
2月28日 - 原田芳雄
3月7日 - 山本寛斎
3月14日 - 内山理名
3月21日 - 高見沢俊彦(THE ALFEE)
3月28日 - 赤井英和
4月4日 - 江川卓
4月11日 - 江口洋介
4月18日 - 東幹久
4月25日 - 奥菜恵
5月2日 - 天童よしみ
5月9日 - 渡辺えり子
5月16日 - ユンソナ
5月23日 - キャイ~ン
5月30日 - 筧利夫
6月6日 - 菅野美穂
6月13日 - 財前直見
6月20日 - 永作博美
6月27日 - 柳沢慎吾
7月4日 - 石川さゆり
7月11日 - 吉川ひなの
7月18日 - 堀内孝雄
7月25日 - 渡辺徹
8月1日 - 宇崎竜童
8月8日 - 富田靖子
8月15日 - 小倉智昭
8月22日 - 中川家
8月29日 - 井筒和幸
9月5日 - 京野ことみ
9月12日 - 片岡鶴太郎
9月19日 - 高橋英樹
9月26日 - 瀬川瑛子
10月3日 - 白石美帆
10月10日 - 黒沢年雄
10月17日 - 八代亜紀
10月24日 - 世良公則
10月31日 - 宇梶剛士
11月7日 - 山咲トオル
11月14日 - 石原良純
11月21日 - 船越英一郎
11月28日 - 瀬戸朝香
12月5日 - 南こうせつ
12月12日 - 山本譲二
12月19日 - 哀川翔
12月26日 - 菊川怜


2004年
1月9日 - 矢田亜希子
1月16日 - 高橋克実
1月23日 - 井口資仁・和田毅
1月30日 - 勝村政信
2月6日 - 古手川祐子
2月13日 - 津川雅彦
2月20日 - 山口智充(DonDokoDon)
相方の平畠啓史が先に出演した。
2月27日 - 高木美保
3月5日 - 杉本哲太
3月12日 - 品川庄司
3月19日 - 椎名桔平
4月2日 - 桃井かおり
4月9日 - 夏木マリ
4月16日 - 寺脇康文
4月23日 - 江守徹
4月30日 - 武田鉄矢
5月7日 - 小池栄子
5月14日 - 水前寺清子
5月21日 - KABA.ちゃん
5月28日 - 石井竜也
6月4日 - 竹内結子
6月11日 - 勝俣州和
6月18日 - 五木ひろし
6月25日 - 及川光博
7月2日 - 生瀬勝久
7月9日 - テリー伊藤
7月16日 - 鈴木史朗
7月23日 - 京本政樹
7月30日 - 笑福亭笑瓶
8月6日 - 松本伊代
8月13日 - 西村知美
8月20日 - 石川亜沙美
8月27日 - 杉田かおる
9月3日 - 磯野貴理子
9月10日 - 吉川晃司
9月17日 - 里見浩太朗
9月24日 - さまぁ~ず
10月1日 - 米倉涼子
10月8日 - 真矢みき
10月15日 - 葉加瀬太郎
10月22日 - 小倉久寛
10月29日 - 五月みどり
11月5日 - 辰巳琢郎
11月12日 - MEGUMI
11月19日 - 戸田恵子
11月26日 - 野村克也
12月3日 - 萬田久子
12月10日 - 北村一輝
12月17日 - 錦野旦
12月24日 - 高田延彦・桜庭和志


2005年
1月7日 - 市村正親
1月14日 - さだまさし
1月21日 - 引田天功
1月28日 - マルシア
2月4日 - 増田恵子
2月11日 - 川島なお美
2月18日 - 藤井隆・YOU・今田耕司
2月25日 - 中村雅俊
3月4日 - 林家こぶ平・春風亭小朝
3月11日 - 上戸彩
3月25日 - 奥菜恵
4月1日 - 宮藤官九郎
4月8日 - 薬丸裕英
4月15日 - 田中健
4月22日 - 真琴つばさ
4月29日 - 大友康平(HOUND DOG)
5月6日 - 水野美紀
5月13日 - 三宅裕司
5月20日 - とよた真帆
5月27日 - 堀ちえみ
6月3日 - 加賀まりこ
6月10日 - 布施明
6月17日 - 梨花
6月24日 - 野口五郎
7月1日 - 高田万由子
7月8日 - 横山めぐみ
7月15日 - 和田アキ子
7月22日 - つんく♂(シャ乱Q)
7月29日 - 山本譲二・小金沢昇司
8月5日 - 橋下徹
8月12日 - ふじいあきら・マギー審司
8月19日 - 中越典子
8月26日 - 舘ひろし
9月2日 - 田中麗奈
9月16日 - 高樹沙耶
9月23日 - ボビーオロゴン
9月30日 - 阿木燿子
10月14日 - 細川茂樹
10月21日 - 徳永英明
10月28日 - 松崎しげる
11月4日 - 吉幾三
11月11日 - 佐々木健介・北斗晶
11月18日 - 鹿賀丈史
11月25日 - 渡辺満里奈
12月2日 - 藤井フミヤ
12月9日 - 相田翔子
12月16日 - 東儀秀樹
12月23日 - 堺正章


2006年
1月6日 - 小堺一機
1月13日 - 寺尾聰
1月20日 - 篠原涼子
1月27日 - 松たか子
2月3日 - 沢口靖子
2月10日 - 永作博美
2月17日 - 黒田知永子
2月24日 - 松本伊代・早見優・堀ちえみ
※キューティー★マミーとして出演。
3月3日 - 石坂浩二
3月10日 - 藤あや子・坂本冬美
3月17日 - 大木こだまひびき
3月24日 - 江角マキコ
3月31日 - 内田恭子・高島彩
4月7日 - 北村総一朗
4月10日 - 唐沢寿明、南海キャンディーズ
4月14日 - 上戸彩
4月21日 - 山瀬まみ
4月28日 - 大橋巨泉
5月5日 - アンガールズ
5月12日 - 板東英二
5月19日 - 高畑淳子
5月26日 - 石黒賢
6月2日 - ラサール石井
6月9日 - RIKACO
6月16日 - 中村七之助
6月23日 - 麻木久仁子
6月30日 - 草刈民代
7月7日 - 次長課長
7月14日 - 米倉涼子
7月21日 - 大地真央
7月28日 - 大泉洋
8月4日 - 細川たかし
8月11日 - りょう
8月18日 - 渡辺正行
8月25日 - Mr.マリック
9月1日 - トータス松本(ウルフルズ)
9月8日 - 白石美帆
9月15日 - 哀川翔
9月22日 - 市川海老蔵
9月29日 - 石原さとみ
10月6日 - めちゃイケメンバー
(めちゃ×2イケてるッ!10周年スペシャルの番宣として)
10月9日 - 島田紳助、めちゃイケメンバー未公開集
10月13日 - 沢村一樹
10月20日 - 清水ミチコ
10月27日 - 堀ちえみ
11月3日 - 賀来千香子
11月10日 - 黒谷友香
11月17日 - 東ちづる
11月24日 - 山本寛斎
12月1日 - 大塚範一
12月8日 - 宮本亜門
12月15日 - 赤木春恵
12月22日 - 関根勤・キャイ~ン


2007年
1月5日 - 浅野ゆう子
1月12日 - 余貴美子
1月19日 - 谷啓
1月26日 - 佐藤藍子
2月2日 - 寺島進
2月9日 - 劇団ひとり
2月16日 - 川合俊一
2月23日 - 八嶋智人
3月2日 - 柴田理恵
3月9日 - 加藤雅也
3月16日 - 武田鉄矢
3月23日 - 荒川静香
3月30日 - ゴールデンお引越し記念スペシャル!


日曜夜9時時代

2007年
4月15日 - 松居直美(メントレGの裏側全部見せますスペシャル!、16:00~17:25)
4月15日 - みのもんた、ゴリ(ガレッジセール)
4月22日 - 浅田真央
4月29日 - 観月ありさ
5月6日 - 千代大海&九重親方(元横綱千代の富士)
5月13日 - 谷村新司
5月20日 - 伊東四朗
5月27日 - 長澤まさみ
6月3日 - アンタッチャブル
6月10日 - 時任三郎
6月17日 - 戸田恵子
6月24日 - 酒井法子
7月1日 - 美輪明宏
7月8日 - 井上真央
7月15日 - オリエンタルラジオ
7月22日 - 米村でんじろう
8月12日 - ブラックマヨネーズ&チュートリアル
8月19日 - ハリセンボン&森三中&まちゃまちゃ&オアシズ
8月26日 - 竹中直人
9月2日 - 小池栄子(小池の入籍当日に収録)
9月9日 - 高原直泰
9月16日 - 沢尻エリカ
9月30日 - 所ジョージ、中村勘三郎
10月12日 - 神田うの
10月19日 - 上戸彩、大泉洋
10月26日 - 宇津井健、内田有紀
11月4日 - 田中麗奈、中井貴一
11月11日 - 川島なお美、柳原可奈子、片岡鶴太郎、肥後克広、上島竜兵
11月25日 - なだぎ武、友近
12月9日 - 高橋ジョージ、三船美佳、野々村真、野々村俊恵、佐々木健介、北斗晶
12月16日 - 島田洋七、泉ピン子、石塚英彦


2008年
1月13日 - ギャル曽根、永作博美、温水洋一
1月20日 - 浅尾美和、西堀健実
1月27日 - モト冬樹、三宅裕司、岩城滉一
2月3日 - 高田純次、おぎやはぎ
2月10日 - 大地真央、宮川大輔
2月17日 - 放送休止
2月24日 - 春風亭小朝、泰葉、黒田有、細川茂樹、田村裕、ほしのあき、岸部四郎、研ナオコ
2月29日 - 和田アキ子
3月7日 - 今田耕司、千原ジュニア
3月14日 -


※金曜時代の次回の予告ではゲストの画像と声が加工されており、だれが出てくるのか判らないようにしており、当日見ないと判らない仕組みになっており(番組予告スポットも同じ)、公式ホームページで素顔を見ることが出来た(番組終了後に更新)。また一部新聞のテレビ番組・案内欄やテレビ雑誌にも名前が載っていることもあり、ゴールデン進出後は全国紙でも番組表に名前が表示されるようになった為、このシステムはあまり意味がなくなってしまった。


タイトルのロゴ
初代 - 1999.10.08-2000.03.31 「三菱電機サイエンスジム メントレ」
2代目 - 2000.04.07-2003.09.26 「三菱電機サイエンスジム メントレG」
3代目 - 2003.10.03-現在 「メントレG」

歴代セット
初代 - 1999.10.08-2003.03.28
2代目 - 2003.04.04-2005.09.30
3代目 - 2005.10.14-2007.03.30
4代目 - 2007.04.15-現在

スタッフ
ナレーション・DJナイク(2005年4月~)、住友七絵
構成・山内浩嗣、海老克哉、すずきB、小川浩之、渡辺健久、田中到、むらまつこうすけ
ディレクター・田中友幸、荒木浩二(D:COMPLEX)、岡島友孝、近藤貴浩(BEE BRAIN)、澤入いづみ(えすと)、松本祐紀(フジテレビ)
演出・三浦淳(フジテレビ)
総合演出・疋田雅一
プロデューサー・大川泰(D:COMPLEX)、鈴木浩史(CELL)
チーフプロデューサー・神原孝(フジテレビ)
協力・ジャニーズ事務所
制作・フジテレビバラエティ制作センター

エンディングテーマ
メントレ
Heart 1999年10月~2000年3月
メントレG
みんなでワーッハッハ! 2000年4月~2000年9月
どいつもこいつも 2000年10月~2001年9月
Only One Song 2001年10月~2002年9月
glider 2002年10月~2003年9月
ALIVE-LIFE 2003年10月~2004年9月
for you 2004年10月~2005年9月
僕の恋愛事情と台所事情 2005年10月~2007年3月
Over Drive 2007年4月~











スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。