スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

堂本剛



堂本剛

堂本 剛(どうもと つよし、1979年4月10日 - )は、奈良県奈良市出身のアイドル、歌手、俳優、タレント、シンガーソングライター。ジャニーズ事務所に所属するKinKi Kidsのメンバー。 血液型AB型。愛称はつよ、つよちゃん、どつよ。身長166cm。堀越高等学校卒業。 KinKi Kidsの相方・堂本光一と名字が同じなのは偶然で、血縁関係は無い。

参加ユニット
KinKi Kids
J-FRIENDS
トラジ・ハイジ
他 ジャニーズ関連プライベートユニット

来歴

子役時代
ジャニーズ事務所入所以前(小学校1年~6年)は、大阪市北区にある児童劇団『劇団アカデミー』に所属し、堂本直宏(なおひろ)の芸名で子役として舞台・ドラマ・CMなどに出演していた。北島三郎の舞台では親子役で共演したり、事務所入所前に「堂本直宏」として国分太一などの一部のジャニーズタレントと共演した等のエピソードがある。ちなみに「直宏」という芸名の由来は、姉の初恋の人の名前から。

ジャニーズ入所後
母と6歳上の姉が、本人の知らない間に履歴書をジャニーズ事務所に送った事がきっかけで、1991年5月5日に堂本光一と共に事務所入り。
1992年、堂本光一と2人でグループを結成。
1993年4月4日、ABCテレビ『KISSした?SMAP』にて初めて「Kinki Kids」のグループ名を発表(当時はまだ“K”の表記が全て大文字ではなかった)。
KinKi KidsとしてCDデビューする以前から、いち早くドラマの主題歌でソロの楽曲を披露していた(当時の歌は『A album』に収録されている)。
1997年7月21日、『硝子の少年』でCDデビュー。
2002年5月29日にソロCDデビュー。ソロシングル・アルバムとも、ほぼ全ての曲を自身で作詞・作曲している。
2005年には、TOKIOの国分太一とともに期間限定ユニット「トラジ・ハイジ」でも活動。
同年12月よりENDLICHERI☆ENDLICHERIというソロプロジェクト活動を開始した。シングル『空が泣くから』でソロでは通算5曲連続初登場首位獲得。オリコンシングルランキングにおいて、名義違いでの1位獲得数が最多の一人である(5名義:KinKi Kids、堂本剛、J-FRIENDS、トラジ・ハイジ、ENDLICHERI☆ENDLICHERI)。
2006年10月19日、初ソロ写真集『正直I LOVE YOU』を発売。

人物

性格
本人は、「“芸能人”というよりも、“一人の男性”として、生活をしていきたい」、「自分のありのままを見せ、その姿を好きになってもらうことで、自分とファンの関係に意味が出てくる」という考えを持っている。よって、時には過激な格好やヘアスタイルをしたり、ライブMCで自分の率直な本音を語るなど、通常のアイドルから逸脱した行動を行なうことがよくある。だがその本音を語る部分や独特のファッションスタイルに対し、最近では男性からも少なからず支持を集め出している。

相方との関係
相方の光一との共通項は、家族構成、姉が履歴書を送ったことが事務所入りのきっかけであること、人と目を合わせるのが苦手(特に女性とは)なことなど。
基本的にボケ側であるが、相方の光一が天然ボケなために番組内ではツッコミをしなくては収拾が付かない場合が多々ある為、最近ではボケとツッコミをその時々でこなすようになった。
タッキー&翼が『堂本兄弟』に出演した際、堂本剛のイメージを聞かれ今井翼は「ベストジーニスト」、滝沢秀明は「クマのぬいぐるみ」と答えた。
KinKi KidsのライブMCでは突然ドラムやキーボードの演奏を始めたり、ボクシングパフォーマンスを始めたりと自由な行動が多い(相方の光一は「君は本当に自由やな!」「俺はどうしたらええんや」などと文句を言いつつも、大概はニコニコしながら眺めている)。

特技
バスケットボールが得意。自身の冠番組である「正直しんどい」では、経験者の山里亮太や安田美沙子らと共にしんどいチームとして何度か試合もしている。
イラストを描くことが得意。著書やオフィシャルグッズ、『新堂本兄弟』『堂本剛の正直しんどい』などで披露しているほか、ENDLICHERI☆ENDLICHERIのシンボルキャラクター「Sankaku」もデザインしている。1枚目のアルバムROSSO E AZZURROのジャケットイラストも手がけており、自身でデザインやプロデュースしたライブグッズ等も多い。
ものまねが得意で、『(新)堂本兄弟』でチャン・ドンゴンが叫んでいるCMの物真似を披露していた。また、ダンカンをバカヤロウ!と叱るビートたけし、若井おさむ(アムロ)、ペ・ヨンジュンもレパートリー。その他ライブMCなどで様々な物真似を披露している。

趣味
釣りが好きで、撮影の合間やプライベートでスタッフと釣りに行くことがある。しかし多忙で行けなくなり、そのため魚を家で飼い始めた(本人談)。
お笑いが好き。特にダウンタウンの大ファンで、ジャニーズ事務所に入る以前の小学校の頃は、吉本興業への進路を希望していた(『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』にて)。本人の意向かは不明だが、『正直しんどい』や『堂本兄弟』にもお笑い芸人のゲストが多い。
とても動物好きである。虫以外の動物(哺乳類、爬虫類、魚等)を見るとコミュニケーションをとろうとする。虫も、怖いとか触れないということはない。
漫画好きで、『ろくでなしBLUES』に登場させてもらった事がある(作者の森田まさのり氏は『正直しんどい』のオープニングにアニメーション用イラストを提供している)。他には『ドラゴンボール』も好きで、『堂本兄弟』で作者の鳥山明について語ったり、ラジオなどでドラゴンボール絡みのネタを話すことも少なくない。

愛郷心
故郷の奈良をこよなく愛する。ENDLICHERI☆ENDLICHERIのアルバム名(ライブ名)が「NARA」の折句になっていたり、「奈良は自分の原点」「老後は奈良に帰ってお寺巡りをしたい」「奈良の大仏の前でいつかライブをしたい」「楽曲を作るときのイメージや哲学を思うとき、いつも奈良が顔を出してくる」と奈良にちなんだ発言も多い。迷った時も、帰郷して空気を入れ換え、仕事に戻ることがある。
2008年、自身の初奈良公演、なら100年会館(奈良県奈良市)でのライブが決定した。


延々と自分の髪の毛を触る癖がある。この癖は後に落ち着かなくなると自分を落ち着かせる為に出てくると告白している。

恋愛
恋愛観は本人自らも女性的であると語っている。また、好みの女性感もマニアック過ぎるせいか、周りから同意されることが少ないらしい。
漫画電影少女の「あい」や、宮崎アニメの主人公「ナウシカ」が好きだったらしい。好みの女性のタイプをあげるときにはよく「このアニメのこのキャラクターがいい」と例に出す。本人曰く(アニメキャラに恋することも)「これもれっきとした恋」。
10代の早いうちから芸能活動を始めたため、手をつないで街を歩いたことがないという。そのため、女性と自転車を二人乗りしたいという。ちなみに自分は後ろに乗りたいと発言している。

家族・ペット
ミニチュア・ダックスフンドを飼っていて、名前はケンシロウ。雑誌のグラビアなどにも本人と共にたびたび登場している。名前は好きな漫画である『北斗の拳』の主人公から取った。ミニチュアながら通常のダックスフンド並に大きいらしい。
魚好きで魚に詳しく、家で熱帯魚・大型魚をはじめとする様々な魚をたくさん飼っている(本人曰く、水槽は最大180cmのを含め、6本以上あるらしい)。ソロワークプロジェクトネームにもなっている、ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリーは40匹近く飼っている。
母親思いとして知られる。ENDLICHERI☆ENDLICHERI名義の楽曲『ソメイヨシノ』は、一緒に花見をした際に母親が何気なくつぶやいた「この桜、あんたとあと、何回見られるんやろなあ」という一言から、その“老い”を感じた彼の想いが込められた曲である。
本人曰くおじいちゃん子だったそうで、祖父が生前入院していた頃は、一番忙しい時期であったにもかかわらず暇を見つけてはお見舞いに行き、亡くなってからも毎年奈良までお墓参りに行っている。
お姉ちゃん子でもある。6歳年上の姉は本人いわく「やさしい人」。喧嘩をしたことがないという。

服装・ヘアスタイル
おしゃれな歌手ランキングの上位常連で、ファッション雑誌で表紙を飾ることがある。
2004年度のベストジーニストに選ばれた。2005年には女性誌「SEDA」の表紙を飾ると共にモデルデビューも果たした。(同誌が表紙に男性タレントを起用するのは初)
感受性と霊感が非常に強い。そのため、母親にお寺でお祓いしてもらったブレスレット・茶色い数珠を、ほとんどいつも身に付けている。
以前母親に貰った羊を象った手作りのネックレスを失くしてしまったため、後日母親と一緒に買い物に行った時に見つけたという金色のカメのペンダントを、撮影時も含めほとんどいつも付けている。
洋服の色で好きなものは紫、緑、ピンクなど(特に、ショッキングピンクなど彩度の強いもの)。周りと同じが嫌いで、好んでいた服装や色でも流行り出すと興味がなくなる。
私服は個性的すぎて、堂本剛だと認識される以前に不審者と間違われたことがある。また、外に出る時に変装のたぐいはしないが、その派手さのせいか、却ってあまり声をかけられない。(雑誌インタビューやライブMC、音楽番組など)
頻繁に髪型が変わる。アシンメトリーヘアー、ピンクやオレンジなどの派手なメッシュ、片側だけ刈り上げるなど、個性的な髪型が多い。本人曰く、「女性受けしやすい髪型をしてる時は女性共演者やスタッフによく食事に誘われるが、そうでない時は全然」とのこと。

音楽性
歌唱力は「ジャニーズ随一」と言われるほどで、過去にマイケル・ジャクソンから「君は歌が上手い」と評価された事がある(J-FRIENDS名義で活動している時、マイケルに曲を提供してもらったことがきっかけ)。
私物のギターは30本以上あり、アンプやエフェクターも多数揃えている。新しく買ったギターは抱いて寝たりもする。ラジオ番組でリスナーから「どうして抱いて寝るんですか?」「壊れたり傷んだりしないんですか?」と質問が来た際に「匂いが落ち着く」「僕は寝相がいいから大丈夫です」と答えている。
自身の音楽やプロデュース内容にこだわりがあり、スタッフや事務所、時には相方の光一との折衝も辞さない。楽曲発表のタイミングが狙いと外れたり、サプライズを狙って秘密にしていた内部情報がインターネットや新聞などのメディアや噂によって事前に外部に漏れてしまうことなどによって、企画や音楽そのものが勢いをなくしてしまうことを嫌っている。
愛という言葉や概念に思い入れがあり、家族や自分の大切な人間に対する愛、自分に向けられる愛を大切にし、音楽などによって自らも愛を発信していきたいという主旨のことを、MCやインタビューなどでよく口にしている。
ソウル、ファンク、ブルースなど主にブラックミュージックを好む傾向あり。アフリカの音楽や民族楽器にも魅力を感じていると言う。中でもお気に入りはジミ・ヘンドリックスで、『正直しんどい』のオープニングでも楽曲が使われている。
請われて、後輩へ曲を提供する事も多い。今井翼、二宮和也、岡田准一、KAT-TUNなど。

交友関係
フジテレビ「LOVE LOVE あいしてる」で共演し、現在も親交の深い吉田拓郎は、彼について次のように語っていた事がある。「他人を傷つける前に、その場から消えてしまう。剛はそう云うヤツだ。彼の存在は自己主張が強すぎて「ムシアツイ」青春を送った僕を「癒して」くれる。だから僕は堂本剛を信じている。」

Mr.Children・CHAGE and ASKA・DREAMS COME TRUE・椎名林檎のファン。中でもドリカムとは交流が深く、KinKi Kidsへの曲提供、プライベートでライブを見に行く、3人で会うことなどがある。『堂本剛の正直しんどい』にて、3人でゲリラ的にストリートライヴを行った。

ポルノグラフィティの岡野昭仁と交流がある。音楽番組で共演した際、岡野から釣りに誘われていたが、先日、メールのやり取りをしていた流れでそのまま急遽夜中に二人でお台場で釣りをする事になり、夜明けまで楽しんだらしい。(岡野が自分のラジオで発言)『堂本剛の正直しんどい』に岡野が出演した際にもプライヴェートでは音楽的な話題で語り明かしたりしたなどと語っていた。

西川貴教と仲が良い。2人で食事をしても、会話がいわゆる「ボケ合戦」になり、熱中するあまり「ご飯が減らへん」と言う状態になるらしい。(「新堂本兄弟」より)

お笑い芸人の友人が多い。ココリコの田中直樹とエネルギーの森一弥とは番組で共演して以来大変仲がよく、親友として本人が名前を挙げている。 ココリコの2人とも交遊がある。遠藤章造は自ら『堂本剛の正直しんどい』のフリークと名乗り、同番組に何度か出演した際にはマニアックな知識を披露したりしている。

一時期、「堂本剛と共演した女優は結婚する確率が高い」と言われていた。ただし、これは剛の恋人役を演じた女優にのみ起きる現象と言われる。

ジャニーズ事務所タレントとの交友関係
ジャニーズの同僚では、TOKIOの長瀬智也、タッキー&翼の今井翼、V6の岡田准一、井ノ原快彦と仲が良い。松岡昌宏には「オレの癒しは、森田剛と堂本剛だね。一緒にいると、なんか落ち着く。」と言われた事も。長瀬智也とは共にギター好きとしても話が合うようで、ソロプロジェクト、ENDLICHERI☆ENDLICHERIのライブを長瀬が観に来た際には、ステージに上がりギター・セッションなども披露しあった。

NEWSの山下智久とはよくメール交換する仲。誕生日が一日違いのため、お互いの誕生日にはお祝いのメールをやりとりする。山下には「メールにハートマークは使わないほうが…」と「(新)堂本兄弟」で指摘されてもいた。

後輩に尊敬する先輩としてよく名前をあげられる。関ジャニ∞の渋谷すばる、安田章大や丸山隆平、Hey! Say! JUMPの八乙女光、ジャニーズJr.の 戸塚祥太、浅香航大、二階堂高嗣など。 渋谷は公式サイトの日記や雑誌インタビュー内でたびたびそのファン振りを告白している。「事務所に入所したばかりの頃に『堂本剛のDO-YA』で競演をして剛君を見て同じ関西人にこんなにかっこいい人がいるのかと思った。」、「ジャニーズ運動会の楽屋に挨拶に行こうと思ったが緊張しすぎてなかなか行けずにいたら剛君の方から挨拶してくれて感激した。」、「剛君と楽屋で話した際、緊張しすぎて自分からは何も話せなかった。」などのエピソードも数多く語っている。去年、今年と行なわれたENDLICHERI☆ENDLICHERIのライブ会場へも何度か足を運んでいるのも目撃されている。戸塚は髪型を真似したというエピソードなどがある。

関ジャニ∞のメンバーと交流が多く、その中でも横山裕の話をすることが多い。大体は横山を「声が気持ち悪い」などけなす発言だが、愛を持っての言葉である。


持病について
芸能界活動に対する自身のストレスから、CDデビューしたての頃に過呼吸を発症。 2000年夏のコンサートツアーにて、ナゴヤドームでの第一部公演の途中に、過呼吸の大きな発作に見舞われる。
2003年5月の「Dome F Concert」の途中体調不良で倒れた事をきっかけにして、同月、ジャニーズオフィシャル携帯サイト「Johnny's web」にて、自ら過去6年に及ぶ過換気症候群(過呼吸症候群、パニック障害)との闘病中であることを告白した。 しかしそれまでにも、2002年の1stソロアルバム『ROSSO E AZZURRO』収録の自作曲『Panic Disorder(和訳すると「パニック障害」)』や、著書『ぼくの靴音』の内容からも、パニック障害の発症を告白しているという向きがあった。 尚、その後の記者会見でも「6年前(1997年頃)から病気と闘っている」と発言。

ENDLICHERI☆ENDLICHERIのライブMCでは何度も「18歳からの5年間死にたいと思っていた。死にたい、死ねない、死にたい、死ねない、死にたい、を繰り返していた。」、「音楽が僕を救ってくれた。音楽やギターと出会えていなかったら、僕はもう居ない。」といった告白をしている。

恐怖症
高所恐怖症にして飛行機恐怖症。密閉されている感じが嫌だとのことで、新幹線もあまり好きではない。かつてはバラエティ番組などで、極度の高所恐怖症をネタにして、ジェットコースター乗りなど(本人にとっては)過酷な企画に挑戦していた。飛行機では恐怖から逃れるため、前日は徹夜などをして必ず眠るようにしている。飛行機に乗っている間はシートを倒さずシートベルトをしたまま離陸前に眠り、飛んでいる間に起こされないようにしている。

音楽活動

CDシングル
街/溺愛ロジック (2002年5月29日)
WAVER (2004年6月9日)

CDアルバム
ROSSO E AZZURRO (2002年8月7日)
[síː] (2004年8月18日)

ビデオ/DVD
LIVE ROSSO E AZZURRO (2003年1月8日)
TSUYOSHI DOMOTO 2nd Live [si:] ~FIRST LINE~ (2005年4月6日)

ライブ
TSUYOSHI DOMOTO LIVE "ROSSO E AZZURRO"
2002年7月24日 - 2002年8月14日
横浜アリーナ、名古屋レインボーホール、大阪城ホール
本人曰く、「不完全なライブだった。」との事。まだKinKi Kidsのステージの影響があり、MCも長かった。
TSUYOSHI DOMOTO 2nd LIVE [si;] ~FIRST LINE~
2004年8月11日 - 2004年9月5日
横浜アリーナ、大阪城ホール、名古屋レインボーホール、さいたまスーパーアリーナ
「FIRST LINE」の意味は、「自分が初めて、自分の思うとおりのことが出来た。そのスタートラインの意味を込めた。」との事。このライブより、本人がステージ上で本音を喋り始めるようになった。また、このライブより、ソロライブは1日1公演となる。
横浜公演は、FC会員を対象に募集した有料公開リハーサル(リハーサルの為、グッズ販売は無かった)。また、各公演(横浜を含む)にステージ上に「スーパーシート」を作り、「スーパーシート・バージョンアップ」と銘打ち、当日来場した観客の席番号を抽選し会場ロビーに掲載、その対象座席の観客を無料で招待した。招待された観客は、通常の座席とは違い、ステージを間近で、しかも左右に回転する特別な客席を堪能出来た。


出演作品

テレビ

バラエティ番組

「堂本直宏」名義
2時のワイドショー (1987年8月、よみうりテレビ)
-TV MAGAZINE- 晴れ時々たかじん (1989年3月、ABCテレビ)
ワンパクテレビ局 (1989年秋、よみうりテレビ)番組の司会を担当。キダタローとも共演。
「堂本剛」名義
キスした?SMAP (ABCテレビ:1993年4月4日 - 1996年9月24日)
なるほど!ザ・ワールド (フジテレビ系:1995年5月 - 12月)
それ行けキンキ大冒険(日本テレビ系:1996年4月7日 - 1996年9月29日)
堂本剛のDO-YA (テレビ朝日系:1996年10月1日 - 1997年9月30日)
それ行けキンキ大放送(日本テレビ系:1996年10月6日 - 1998年3月29日)
Toki-kin急行 好きだよ!好きやねん(TBS系:1996年10月16日 - 1997年3月12日)
バリキン7賢者の戦略(TBS系:1996年10月17日 - 1997年9月11日)
LOVE LOVEあいしてる(フジテレビ系:1996年10月19日 - 2001年3月31日)
KinKi KidsのGyu!(日本テレビ系:1998年10月4日 - 1999年9月26日)
つよチャン堂本舗 (日本テレビ系:1999年3月29日 - 9月27日)
堂本兄弟→新堂本兄弟(フジテレビ系:2001年4月8日 - )
堂本剛の正直しんどい (テレビ朝日系:2002年10月9日 - )

連続ドラマ
「堂本直宏」名義
若大将天下ご免!
(1987年7月、第31話「皿ごと毒を喰った女!」に出演。テレビ朝日)
回想シーンにて、若君の子供時代役でほんの数秒の出演。
妻そして女シリーズ(19)・心霊ドラマスペシャル(4)「悪夢の後」 (1987年8月17日 - 8月28日、毎日放送)
ダウンタウン物語 (1987年10月20日、第3話に出演。毎日放送)回想シーンにて浜田雅功の子ども時代役
1・2・3と4・5・ロク (1988年7月にゲスト出演、関西テレビ)
妻そして女シリーズ(31)「砂上の家族」 (1988年9月26日 - 11月25日、毎日放送)レギュラー出演
部長刑事 (1989年2月、ABCテレビ)ゲスト出演
新・部長刑事 アーバンポリス24 (1989年、ABCテレビ)ゲスト出演
ハートに火をつけて! (1989年、フジテレビ)
ハートに火をつけて!~メイキング(1989年、フジテレビ)
田園のエイリアン (1989年7月、関西テレビ)
土曜ドラマ「別の愛」 (1990年1月6日 - 1月13日、NHK総合)
妻そして女シリーズ(42)「命みじかく~またママの子になりたい」
(1990年2月5日 - 3月30日、毎日放送)
全40話中、第11話から第37話までレギュラー出演。
参上! 天空剣士 (1990年5月27日、第9話「超能力少年・犬千代」に出演。テレビ東京)犬千代役

「堂本剛」名義
かりん (NHK連続テレビ小説:1994年4月1日 - 4月2日) 田上和則役
最終回とその前回の2話のみ出演。
人間・失格~たとえばぼくが死んだら~ (TBS系:1994年7月8日 - 9月28日) 大場誠役
家なき子2 (日本テレビ系:1995年7月8日)
最終回にカメオ出演。相方の光一がレギュラー出演していた。
セカンド・チャンス (TBS系:1995年4月14日 - 6月30日) 藤井渡役
金田一少年の事件簿 (日本テレビ系) 金田一はじめ役
第1シーズン(第1話のみ封印作品、1995年7月15日 - 9月16日)
第2シーズン(1996年7月13日 - 9月14日)
若葉のころ (TBS系:1996年4月12日 - 6月28日) 相沢武司役
ぼくらの勇気 未満都市 (封印作品、日本テレビ系:1997年10月18日 - 12月20日) タケル役
青の時代 (TBS系:1998年7月3日 - 9月11日) 安積リュウ役
君といた未来のために~I'll be back~ (日本テレビ系:1999年1月16日 - 3月20日) 堀上篤志役
to Heart ~恋して死にたい~ (TBS系:1999年7月2日 - 9月17日) 時枝ユウジ役
P.S. 元気です、俊平 (TBS系:1999年6月24日 - 9月16日)
to Heartの時枝ユウジ役でカメオ出演。俊平(堂本光一)の住むアパートの住人に花の配達をする役。
Summer Snow (TBS系:2000年7月7日 - 9月15日) 篠田夏生役
向井荒太の動物日記~愛犬ロシナンテの災難~ (封印作品、日本テレビ系:2001年1月3日 - 3月17日) 向井荒太役
ルーキー! (フジテレビ系:2001年6月26日)
CDの万引き犯として最終回にカメオ出演。ちなみに盗んだCDはKinKi Kidsの「情熱」。
ガッコの先生 (TBS系:2001年10月7日 - 12月16日)
調布市立富士見が丘小学校5年3組担任教師・桜木仙太郎役
夢のカリフォルニア (TBS系:2002年4月12日 - 6月28日) 山崎終役
元カレ (TBS系:2003年7月6日 - 9月7日) 柏葉東次役
ホームドラマ! (TBS系:2004年4月16日 - 6月25日) 井坂将吾役

単発ドラマ
「堂本直宏」名義
京都サスペンス ほたる草心中 (1987年12月14日、関西テレビ)
小林稔侍と藤田弓子の息子で兄の「ひろし」役
「堂本剛」名義
愛と欲望の独眼竜 伊達政宗 (TBS系:1995年1月1日)
金田一少年の事件簿SP 学園七不思議殺人事件 (日本テレビ系:1995年4月8日) 金田一はじめ役
金田一少年の事件簿SP 雪夜叉伝説殺人事件 (日本テレビ系:1995年12月28日) 金田一はじめ役
誰かが誰かに恋してる (TBS系:1996年3月29日)
永久保存版・金田一少年の事件簿 (日本テレビ系:1996年9月21日) 金田一はじめ役
帰ってきたセカンド・チャンス (TBS系:1996年12月20日) 野田渡役
お笑い金田一少年の事件簿 (日本テレビ系:1997年4月12日) 金田一はじめ役
ラスト・プレゼント (テレビ朝日系:2005年6月11日) 神崎健児役
星に願いを~七畳間で生まれた410万の星~ (フジテレビ系:2005年8月26日) 大平貴之役

映画
「堂本直宏」名義
夕空晴れて(1988年公開の教育映画)
ぼくと仔犬のわんぱく大事件 (1988年7月6日公開、共和教育映画社)
女帝 春日局 (1990年1月20日公開、東映:京都撮影所)七之丞役
「堂本剛」名義
200X年 翔 (1992年11月14日公開)
シュート! (1994年3月12日公開)
金田一少年の事件簿・上海魚人伝説 (1997年12月公開)
ファンタスティポ (2005年2月公開)

舞台・ミュージカル
「堂本直宏」名義
おんな京暦 すえひろ物語
(1987年6月2日 - 6月25日、京都四条・南座六月特別公演、全41回公演)
(1988年6月 - 、名古屋・岡山・広島・久留米・福岡・大分の7ヶ所全17回公演)
お葬式 (1987年9月)
王様と私 (1988年12月2日 - 12月27日、大阪・新歌舞伎座)
北島三郎特別公演/岡田茉莉子特別公演
演目 「あばれ無法松」
(1989年3月・梅田コマスタジアム、 6月2日 - 29日・新宿コマ劇場)
北島三郎特別公演
演目 「どぶろくの辰」
(1990年3月2日 - 29日・新宿コマ劇場、 6月・梅田コマスタジアム)
「堂本剛」名義
ANOTHER (1993年8月6日 - 8月24日)
花影の花 ― 大石内蔵助の妻 ― (1995年10月、東京宝塚劇場)

ラジオ
「堂本直宏」名義
おはようパーソナリティ道上洋三です (1988年1月、「こどもの詩」のコーナーで作文を読んだ。ABCラジオ)
FMシアター (1988年6月、ラジオドラマ出演。NHK京都)
「堂本剛」名義
KinKi Kids どんなもんヤ! (文化放送)
キンキラKinKiワールド (ニッポン放送:1995年 - 2007年9月)
E☆E RADIO cosmology (FM-FUJI:2007年4月 - 2007年6月)
TSUYOSHI'S RADIO LOVE-DHA! (FM-FUJI:2008年1月 - )
244 ENDLI-x produce BOOTLEG RADIO (FM大阪:2008年3月 - )

CM (ソロ出演作)
※堂本光一との共演CMは、KinKi Kidsの項目を参照。
「堂本直宏」名義
もやしのCM
『のりお君の夏休み日記』 (1987年12月)
萬年社『アーバンリゾート』 (1988年3月)
大塚化学 『マイクロマジック』 (1988年3月)
ナショナル住宅産業株式会社 (1988年5月、広告・パンフ・スチルのみ)
「PHP研究所・松下電器」の70周年の企業PV(ヴィジュアル・プロモーション)(1988年10月)
「堂本剛」名義
ベネッセコーポレーション 『進研ゼミ・高1講座』 (1997年)
Panasonic (1997年 - 1999年12月)
『おたっくす』
『電脳P・LINK』 (ポータブルMD篇)
資生堂 『GERAID』シリーズ (1999年3月 - 2001年9月)
ハウス食品
『オーザック』 (1999年4月 - 7月)
『バーモントカレー』 (「ベンガル共演篇」、「余貴美子共演篇」)
森永製菓 (2000年9月 - )
『DARS』 (2000年9月 - )
『チョコモナカジャンボ』 (2001年4月 - )
『ハイチュウ』 (2005年8月 - )
『つぶつぶハイチュウ』 (2007年 - )
NTTドコモ関西 (2001年11月 - 2003年5月、近畿地区でのみのOA)
旭化成 『旬果搾り』(レモン/グレープフルーツ、2002年3月 - 9月)
ジャニーズ・エンタテイメント 『街/溺愛ロジック』 (2002年5月、2ヴァージョン作られた)
ニンテンドーゲームキューブ 『ドンキーコングジャングルビート』 (2004年12月 - 2005年1月)
サントリー 『DAKARA』 (2005年4月 - 7月)
ダイハツ工業 『ダイハツ・ビーゴ』
「ロードサイド篇」 (2006年1月18日 - )
「海篇」 (2006年2月 - )
ドワンゴ 『Sankaku着ボイス』 (2007年6月 - 、本人出演は無し)

出版物

単行本
きみとあるけば (2002年7月)
伊集院静との共著。伊集院の文章に剛がイラストをつけ、雑誌『Person』で連載されていたものの単行本。
(朝日新聞社 / ISBN 978-4023303300 文庫版:ISBN 978-4041973233)
ずーっといっしょ。 (2003年7月)
伊集院静との共作第2弾。
(朝日新聞社 / ISBN 978-4023303317 文庫版:ISBN 978-4041973264)
ぼくの靴音 (2005年12月)
雑誌『Myojo』で連載していたものを本にして発売。ここではイラストではなく、文章を書いている。
(集英社 / ISBN 978-4087804157)

写真集
正直I LOVE YOU (2006年10月)
バラエティ番組『堂本剛の正直しんどい』から生まれた初のソロ写真集。番組のテーマでもある“年上の恋人とのデート”を想定したハワイデート旅行編。
(東京ニュース通信社 / ISBN 978-4924566590)

連載
PS (小学館)
『ツヨコレ (TSUYOSHI COLLECTION)』
FINEBOYS (日之出出版)
『気ままなオフ・スタイル 「宇宙人に逢いたい」』
(旧タイトル 『自然体 オフ・スタイル 「東京」』)
スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。