スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

LOVE LOVEあいしてる



LOVE LOVEあいしてる

LOVE LOVEあいしてる(らぶらぶ - )は、フジテレビ系列で1996年10月5日から2001年3月31日まで放送された音楽バラエティ番組。 『堂本兄弟』の前身番組に当たる。

放送時間は、日本時間の毎週土曜日の23:30-24:00。毎週1組のゲストを迎え、トークコーナーと音楽コーナーで構成される。スポンサーは前番組の流れから引き続き、松下電器産業のみがスポンサーだった。

出演者はKinKi Kids、吉田拓郎、篠原ともえ、坂崎幸之助、ブラザー・トム(正式なレギュラーはKinKi Kids、吉田、篠原のみであったが、基本的に坂崎とブラザー・トムは毎週出演していた)。スポンサー読みも交代で出演者が行っていた(KinKi Kids、吉田、篠原が担当)。

そのほか、バックバンドであるLOVE LOVE ALL STARSには武部聡志、吉田建、高中正義、松田弘(サザンオールスターズ)、野村義男、中西圭三など錚々たるメンバーが名を連ねる。

KinKi Kidsはこの番組で、吉田拓郎やLOVE LOVE ALL STARS等、大物ミュージシャンからギターの教えを請う等多大なる影響を受け、音楽的にも成長したと言われている。なお、1999年の大晦日から2000年元旦まで、この番組を軸とした年末長時間番組「LOVE LOVE2000」を行っている。音楽番組であるのにも関わらず、明石家さんまや志村けんら大御所芸人もゲスト出演している。

吉田がこのようなタイプ名番組にレギュラー出演するのは珍しいとして話題を呼んだが、きくち伸は彼の中にあったテレビに対する恐怖心を除くのに苦心したという。若い世代には吉田の情けないおじさんキャラがそれなりに受けたが、往年の彼がフォークの神様であった頃を知る団塊の世代には、あまりの変貌ぶりに大きな衝撃と晒し者にされたことへの反発も大きかった。ただし、吉田本人は「KinKi Kidsには感謝している」「番組に出演して本当に良かった」と後のインタビューで答えている。なお吉田は著書の中で、番組末期でも視聴率はそれほど下降しておらず、番組終了には政治的な力があったのではないかと書いている。(パナソニック側から「もう長く放送されたので、そろそろいいのではないか」と打診された、という説もあり)。また初期の出演者が、当番組の出演者であることをプライベートで鼻にかけて呑み歩いている噂があだとなった、という説もある。


番組の終焉とその後

視聴率は安定していたが裏番組に「ナイナイサイズ」(日本テレビ系)が開始して以降、視聴率面ではやや低落はしていたが打ち切りになるほど酷くはなかった。理由は前述のとおり政治的な力があったのではないかという説などがあるが理由は不明である。
2001年3月31日に生放送で「LOVE LOVE ALL STARS解散ライブ」を行って番組が終了。同年4月から時間帯とKinKi Kids以外の出演者を一新して後継番組『堂本兄弟』がスタートした。
2006年9月29日には、LOVE LOVE堂本兄弟10周年生スペシャルを放送。『LOVE LOVEあいしてる』の第1回ゲストだった安室奈美恵らをゲストに招き、『LOVE LOVEあいしてる』から『(新)堂本兄弟』でのライブ部分の総集編をカウントダウン形式で放送した。第1位は『LOVE LOVEあいしてる200回記念』の生放送で披露された吉田拓郎翻訳詞によるポルノグラフィティの「アポロ~広島弁バージョン~」。

コーナー

プリプリプリティ

篠原ともえが毎回ゲストの楽屋を訪ねて、視聴者プレゼントとしてグッズや私物をもらおうというコーナー。国際版として「プリプリプリティInternational」があり、エアロスミスやロビン・ウィリアムズ、レオナルド・ディカプリオ、ジェームス・ブラウンなど、来日中の世界のスーパースターが数多く出演した。なぜかキスを迫られる事が多い(特に外国人ゲスト)。正月時期には、このコーナーのみをクローズアップした特番を放送した。

カムカムギターキッズ

KinKi Kidsの二人に、吉田拓郎や坂崎幸之助がギターを教えるコーナー。他にも、charやゲストが講師として出演。一時期、楽屋裏のトークコーナーのようになり、視聴者から「本当にギターを教えているのか」という指摘がなされた。

ピカピカニューソング

KinKi Kidsの二人に、番組の新テーマ曲を作らせようというコーナー。剛の作詞は早々に出来上がったが、光一の作曲がなかなか進展しないために箱根合宿を行い、小室等がゲスト出演した。

GO! GO! BAND KIDS

「KinKi Kidsがギター、篠原ともえがベース、吉田拓郎がドラム」というバンドを作ろうというコーナーだったが、吉田が2回目にして脱退。「剛がギター、篠原がベース、光一がドラム」というバンド編成となってしまった。プロデューサーに松任谷正隆を迎え、1998年7月18日の「27時間テレビ夢列島 生LOVE LOVE あいしてる」にて『The Night before Your Birthday』を披露した。ちなみに、この時の衣装は、篠原ともえによるデザイン。

モアモアALL STARS

番組終了後に、前室でLOVE LOVE ALL STARSがゲストを囲んでトークするコーナー。視聴者から寄せられたメールなどにゆるゆると回答したりと、リラックスした雰囲気で行われた。不定期で放送。
番組の流れは基本的にオープニング→プリプリ→トーク→ラブラブな歌→ゲスト歌(→モアモア)→プレゼントという流れであった。上記の各コーナーは、トークの間に入ることもある。


オープニング
番組開始当初のオープニング曲は「全部だきしめて」。当初は吉田拓郎のオリジナル曲だったが、KinKi Kidsが歌詞等をアレンジしてシングルリリースした。また、『堂本兄弟』の特番等でも度々流される等、番組を代表する1曲となっている。
その後、前述の「ピカピカニューソング」コーナーでの合宿で制作された、堂本剛作詞・堂本光一作曲の「好きになってく 愛してく」に変わる。(これもKinKi Kids名義でシングル化)
しかし、その後は「全部だきしめて」に戻る。

スタッフ
構成 : 高須光聖、津曲裕之、山内浩嗣
TD (テクニカルディレクター) : 馬場直幸
SW (スイッチャー) : 菅野恒雄
CAM (カメラマン) : 関克哉
照明 : 植松晃一
VTR編集 : ゴン三浦(IMAGICA)
ペイント : 菊池大介(IMAGICA)
音響効果 : 中田圭三(4-Legs)
MA : 若月正幸(4-Legs)
美術 : 石鍋伸一朗
セットデザイン : 越野幸栄
美術進行 : 内山高太郎
CG : 松本幸也(orb)
タイムキーパー : 石原由季
広報 : 大貫伊都子、猪熊伴子
ディレクター : 深沢ボン、冨田哲朗
演出 : 城野智則
プロデューサー : きくち伸
技術協力 : 共同テレビジョン、八峯テレビ、FLT、PRGアジアライティング、サンフォニックス
収録スタジオ : 東京メディアシティ
制作協力 : CONTROL、オフィス源
製作 : フジテレビ第二制作部

ネット局
ほぼフジテレビ系列(テレビ大分は特番以外未放送で、テレビ宮崎はクロスネットで唯一、すべてを放送)とテレビユー山形(最初の半年のみ)と高知放送テレビ(最初の半年のみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。