スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

新堂本兄弟



新堂本兄弟

『新堂本兄弟』(しんどうもときょうだい)は、フジテレビ系列で放送されている音楽バラエティ番組。 『LOVE LOVEあいしてる』の後継番組に当たる『堂本兄弟』が、2004年10月17日よりリニューアルしたもの。 日本時間で毎週日曜23:15~23:45(JST)、ステレオ放送。

概略

2000年12月に結成された「堂本兄弟」というユニットを母体にして、2001年4月8日から放送開始。当初の放送時間は22:00~22:30で、「EZ!TV」の前番組であった。主に、毎週ゲスト1組を招いてトークとセッションなどを展開する。 開始当時は、「堂本兄弟」のそれぞれの役名(兄:堂本進=堂本剛、弟:歩=堂本光一)名義をメインに使用し、KinKi Kids本体と並行して使用していた。しかし、後に徐々にこの「堂本兄弟」という役柄を演ずるコンセプトは無くなっていってしまった。

現在のレギュラー放送最高視聴率は2006年2月26日放送(ゲストはオリエンタルラジオ)の16.8%(関東地区ビデオリサーチ調べ)。 スペシャル版はこちらを参照

長年この枠のトップを独占しており、裏の『Music Lovers』(日本テレビ系)というほぼ同一コンセプトの番組にも現時点では圧勝している。

出演者

堂本剛(堂本進)
堂本光一(堂本歩)

堂本兄弟の設定

堂本進(兄)
1978年4月11日生まれ、秋田県出身。好きなアーティストはボブ・ディラン、好物はタン塩。

堂本歩(弟)
1979年1月2日生まれ、岩手県出身。好きなアーティストはジェームス・ブラウン、好物は豚生姜焼き定食。

番組開始当初はそれぞれ「進」、「歩」などの名前で呼び合うなど「堂本兄弟」としての設定が重視されていたが、徐々に設定は消えていき「設定はもうええやろ」と頓挫し、結局はタイトルだけにその名残が残った。

また、2人とも父親は同じだが異母兄弟。東京のアニメ専門学校で出会い、「堂本兄弟」としてバンドデビューを目指す。 二人の父の名前は「堂本拓郎」。母の名前はそれぞれ「堂本美代子」、「堂本愛子」とされている。家族の名前は、父については「LOVE LOVEあいしてる」で共演していた吉田拓郎、母については浅田美代子と森下愛子(それぞれ、吉田拓郎の前妻と現在の妻)に由来する。


堂本ブラザーズバンド

堂本ブラザーズバンドとは、番組内で演奏を担当するバックバンドで、「堂本兄弟」を中心に2001年3月に結成された。正式名称は「DOMOTO MUSIC BROS. BAND」。通称「DMBB」。旧バンド名「堂本兄弟とゆかいな仲間たち」。 一部のメンバーはトークにも参加する。初期は前身の番組であるLOVELOVEあいしてるのLOVE LOVE ALL STARS(主なメンバーはスタジオミュージシャン)と差別化を図るためか解散した人気バンドのメンバーを起用していたが、若手ミュージシャンの演奏力の低下などからLLASにも参加した吉田、また吉田とともに活動していた村上など演奏力が安定したミュージシャンを現在は起用している。

特に一時期はツインドラム(ドラムス担当が2名)になったり、堂本兄弟のテーマ以外の楽曲を演奏しなかったりということが多々あった。このことから、若手ミュージシャンを起用した当時は演奏力が低い、安定しないなどの理由から意識的に演奏を行っていなかった事が推測される(ドラムス、ベース担当のメンバーの変更が多かったことから。また、個性的な若手ミュージシャンを多く出演させたかった意図もあるかもしれないが)。


現在のメンバー

2001年3月からのメンバー
堂本光一 (ボーカル&アコギ)
堂本剛 (ボーカル&アコギ)

2003年4月からの新メンバー
吉田建 (ベース、音楽監督)
土屋公平 (元ストリート・スライダース、ギター) - ※第2回~
高見沢俊彦 (THE ALFEE、ギター)★
ブラザー・トム (バブルガム・ブラザーズ、BGV)

2005年10月からの新メンバー
深田恭子 (ピアノ)
YUCALI (HALCALI、BGV)
浦嶋りんこ (元FUNK THE PEANUTS、BGV)

2006年4月からの新メンバー
武田真治 (サキソフォン)
屋敷豪太 (ドラムス)
浅倉大介 (キーボード)

2007年2月からの新メンバー
SunMin (BGV)
サポートメンバー
レギュラーメンバーではないが、不定期で参加することがあるミュージシャン。
また楽曲によってはストリング・セクションやブラス・セクションなどのゲストミュージシャンが参加する場合がある。

北風一郎(ポール・ギルバート) (レーサーX・元Mr.BIG、ギター)
坂崎幸之助 (THE ALFEE、LLAS、アコギ)
武部聡志 (LLAS、キーボード)
サンコンJr (ウルフルズ、LLAS、ドラムス)
村石雅行 (LLAS、ドラムス)
そうる透 (LLAS、ドラムス)

元メンバー

「堂本兄弟」時代

Gackt (元MALICE MIZER、ボーカル&ピアノ)★
恩田快人 (元JUDY AND MARY、ボーカル&ベース)
真矢 (元LUNA SEA、ボーカル&ドラムス)
まこと (シャ乱Q、ドラムス&タンバリン)
NOISY (元SEX MACHINEGUNS・現DUSTAR-3、ベース)
ポール・ギルバート (元Mr.Big、ギター)
TO-BU (THE☆SCANTY、ドラムス)
YURAサマ (Psycho le Cemu、ドラムス)
SHAKAN'BASS (元麻波25、ベース)
堂島孝平 (ギター)

「新堂本兄弟」時代

雅-miyavi- (ギター、2004年10月のマンスリーゲストミュージシャン)
木村カエラ (BGV)
HIBARI (BGV)
上原奈美 (BGV)
金城綾乃 (Kiroro、ピアノ)
吉村由美 (パフィー、BGV)
村上“ポンタ”秀一 (ドラムス)
えなりかずき (キーボード)★
華原朋美 (BGV) - ※2005年10月に深田恭子らと加入。2007年1~5月までは療養のため一時降板し、5月22日の収録分から復帰していたが、心身の回復が思わしくなく、所属事務所との契約が解除となったため同年6月に正式に降板。

番組開始当初のメンバーである真矢、Gackt、恩田快人、土屋公平、ポール・ギルバートはそれぞれあだ名(ニックネーム)で呼び合い『名の知れたミュージシャンが夜な夜な集まる隠れたライブハウス』という設定だった。

★…スポンサー読み担当


剛マン・ブラザーズバンド

剛マン・ブラザーズバンド(通称TMBB)

3本目の収録の前に堂本剛が中心となり、セッションをするのが最近の恒例となっている。 そのセッション・バンドの名称。

メンバーは堂本剛を先頭に、吉田建、土屋公平など自由な組み合わせとなる。 打ち合わせらしきものは殆ど無く、その日の気分や簡単なお題のみでのセッションとなる場合が多い。

基本は不定期でのセッションの為、必ずある訳ではなく遭遇出来た観覧客は幸運ともいえる。


内容

オープニングでは生演奏によるゲストの呼び込みが行われる。

番組の1コーナーとして放送中の『堂本一問一答』では女性ゲストへの主に好みに関する質問に対し男性レギュラーがオーバーリアクションを取るのが恒例。

主な例として、「思わずドキッとする男性の仕草は?」の回答の行動を(やや誇張気味で)取る、「告白する側?される側?」で「される側」と答えた瞬間に「好きです!」と連呼する、などがある。

『堂本ベストヒットたかみー』が後半にあり(※「堂本一問一答」のトークが長くなってしまった場合は放送せずにそのままセッションに移ることがある)、年代・歌手・季節などのテーマが設定されていて、そのテーマに合った曲の紹介がされているVTRと、高見沢俊彦がフリップを使って解説をする。解説後、その中から1曲を、全員でセッションする。たいていは、ゲストがボーカルを務め、セッションをすることが多い。稀にKinKi Kidsやゲストの新曲を披露することがある。しかし高見沢はコーナーオープニングのタイトルコールが言えずに噛んだり、コーナー名を間違えて言うことがしばしばある。

100回記念(2003年5月4日)、200回記念(2005年5月1日)、300回記念(2007年7月1日)の放送日にはそれぞれ生放送によるライブを行った。

2005年7月17日に「LOVE LOVEあいしてる」時代からの念願であったファーストライブを開催。この模様は同年7月24日、8月7日、10月2日に放送された。2006年8月1日にはセカンドライブを開催、同年8月27日に放送された。

2005年の最終放送となった12月18日にはLOVE LOVE時代に共に司会をしていた篠原ともえがゲストになり、LOVE LOVE時代に結成した「ビートルーズ」の一度限りの再結成が行われ、オリジナル楽曲「The Night before Your Birthday」(未CD化)を4年9ヶ月ぶりに披露した。


過去のゲスト

男性


哀川翔
阿部サダヲ

アンガールズ
&G
アントニオ猪木
IKKO
井筒和幸
忌野清志郎
EXILE
えなりかずき
江原啓之
及川光博
岡本知高
小川直也
おぎやはぎ
小倉久寛
オリエンタルラジオ



筧利夫
KABA.ちゃん
加山雄三
ガレッジセール
河口恭吾
河村隆一
関ジャニ∞
吉川晃司
キャイ~ン
くず
久保田利伸
くりぃむしちゅー
劇団ひとり
CHEMISTRY (2回)
けん♂♀けん(志村けん・研ナオコ)
ケンドーコバヤシ
郷ひろみ (3回)
ココリコ
KONISHIKI
小林旭
小室哲哉 (2回)
近藤真彦 (2回)


堺正章
桜庭裕一郎
ザ・たっち
THE つんくビ♂ト
佐野元春
さまぁ~ず
THE ALFEE (4回)
椎名桔平
品川庄司
志村けん
GYM
少年隊
新庄剛志
陣内孝則 
陣内智則
スガシカオ
スキマスイッチ


タカアンドトシ
高橋克典
高橋克実
高橋ジョージ
高見沢俊彦
武田真治
竹中直人
タッキー&翼 (3回)
たむらあつし
田村亮
千原兄弟
CHAGE and ASKA
チュートリアル
チョナン・カン
つんく♂ (2回)
テゴマス
テツandトモ
東儀秀樹
徳永英明
トコブクロ
所ジョージ (2回)
鳥越俊太郎


長瀬智也 (2回)
長渕剛
中村獅童
なだぎ武
生瀬勝久
南海キャンディーズ
西川貴教
NEWS (2回)


爆笑問題
間寛平
波田陽区
はなわ
原口あきまさ
パンツェッタ・ジローラモ
ヒロシ
福山雅治
ふじいあきら
藤井隆
藤井フミヤ
藤木直人 (3回)
Hey! Say! JUMP
ポール・ギルバート
ボビー・オロゴン
ホリ
ポルノグラフィティ (2回)


槇原敬之
真島茂樹
ますだおかだ
松岡充(SOPHIA)
MATCHY
美川憲一
三宅裕司
宮迫博之
ムッシュかまやつ
森山直太朗


八嶋智人
安田忠夫
山咲トオル
山本譲二


RAG FAIR
リリー・フランキー
レギュラー


女性


AI
aiko (2回)
青木さやか
安達祐実
安倍なつみ (2回)
安室奈美恵 (2回)
絢香
綾戸智絵 (2回)
飯島直子
石川梨華
石田ゆり子
石原さとみ
伊東美咲
伊藤由奈
井上真央 (2回)
上戸彩 (2回)
上原多香子
内山理名
榮倉奈々
江角マキコ (3回)
榎本加奈子
Every Little Thing (2回)
大黒摩季
大竹しのぶ
大塚愛
奥菜恵
オセロ



加藤あい
叶姉妹
華原朋美 (3回)
上沼恵美子
川嶋あい
川島なお美
神田うの
菅野美穂 (3回)
菊川怜 (3回)
菊池桃子
木村佳乃
Kiroro (2回)
工藤静香 (2回)
国仲涼子
黒木瞳
黒谷友香
ケリー・チャン
小池栄子
倖田來未 (3回)
小島奈津子
後藤真希 (2回)
小林聡美


サエコ
酒井法子
坂井真紀 (2回)
榊原郁恵
櫻井淳子
さとう珠緒
沢尻エリカ
篠原ともえ
篠原涼子 (2回)
島谷ひとみ (2回)
清水ミチコ
白石美帆
慎吾ママ
鈴木亜美
SunMin
瀬戸朝香 (2回)
ソニン (3回)


大地真央
竹内結子 (2回)
W
CHARA
デヴィ夫人
ともさかりえ
友近
朋ちゃん&コロッケ
DREAMS COME TRUE


中川翔子
中越典子
中澤裕子
永作博美
中島美嘉 (2回)
仲間由紀恵 (2回)
夏木マリ


長谷川京子
PUFFY (2回)
浜崎あゆみ (2回)
ハリセンボン
伴都美子
久本雅美 (3回)
hitomi (2回)
ビビアン・スー
平原綾香
平山あや (2回)
hiro (2回)
広末涼子 (3回)
深田恭子 (2回)
福田沙紀
プリンセス天功
BoA (2回)
北陽
BONNIE PINK
本上まなみ


増田恵子
松浦亜弥 (3回)
MAX
松下由樹
松嶋尚美
松たか子 (3回)
松田聖子
松本莉緒
松雪泰子
真矢みき
未唯
観月ありさ
mihimaru GT
三船美佳
ミムラ
村上知子
MEGUMI
モーニング娘。
持田香織 (2回)
森下愛子


矢井田瞳
矢沢心
安めぐみ (2回)
矢田亜希子 (2回)
山田優
YOU (2回)
優香 (2回)
ユンソナ
米倉涼子




若槻千夏
渡辺満里奈


スペシャル

いずれもプライムタイムでの放送で、19:00-20:54(JST)

2004年10月5日(カスペ!)「最新堂本兄弟スペシャル」トーク総集編などを中心に構成。
2004年12月23日(ホリデースペシャル)
瞬間最高視聴率ランキングが放送された(1位は坂井真紀とフラフープ、瞬間最高視聴率21.9%)。
2005年3月31日「堂本兄弟春祭り豪華ハワイツアーSP」と題して瞬間最高視聴率ランキング発表とハワイロケの模様を放送。
2005年9月29日「秋の堂本兄弟スペシャル」としてトーク総集編を放送し、加入メンバーや郷ひろみへの質問とKinKi Kidsが暴露トークを繰り広げた。
2006年3月29日「パーフェクト堂本兄弟祝5周年240回まつり」として、江角マキコへの質問とゲストトーク総集編。
2006年9月29日「LOVE LOVE堂本兄弟10周年記念生放送SP」は、生放送で演奏(生演奏)。LOVE LOVEあいしてる時代の映像も送る。ゲストとしてLOVE LOVEの第1回ゲストのつんく♂と安室奈美恵、志村けん、広末涼子、所ジョージ、ポルノグラフィティ(視聴者リクエストランキング第1位)が登場した。

スタッフ

構成:津曲ラッキー、御影屋聖、大野ケイスケ、山内浩嗣、福田雄一
監修:田家秀樹
音楽監督:吉田建
ナレーター:小林俊夫(「堂本一問一答」・最後のお知らせ堂本[不定期])、柳沢真由美(「堂本ベストヒットたかみー」)
TP(テクニカルプロデューサー):勝村信之
TD(テクニカルディレクター):佐々木信一
SW(スイッチャー):二見健二(以前はカメラマン担当)
カメラ:斉藤伸介
VE:金森健彦、田淵昌樹
AUD:太田宗孝
PA:松田勝治
LP:植松晃一
LD:三好裕治
バリライト:PRGアジアライティング
カムリモート:ダブルビジョン
編集:ゴン三浦(IMAGICA)
音響効果:中田圭三(4-Legs)
MA:伊藤一馬(IMAGICA)
タイムキーパー:石原由季
美術制作:大坊雄二
デザイン:越野幸栄、きくちまさと
美術進行:内山高太郎
大道具:吉野雅則
アートフレーム:菅沼和海
電飾:今石純一
アクリル装飾:鈴木正樹
視覚効果:小熊雅樹
装飾:菅野知洋
楽器:磯元洋一
振付:カーニヴァル三浦
CG:松本幸也
マルチ:柿崎知巳
WEB MASTER:鬼熊陽一郎
WEB COMIX:川村麻子
広報:為永佐知男
メイク:大平真輝
スタイリスト:四方修平(光一担当)、渡辺奈央(剛担当)
AP(アシスタントプロデューサー):宇賀神裕子、加藤万貴
ディレクター:深沢ボン、福井倫子
演出:浜崎綾(以前はディレクター)
チーフディレクター:三浦淳(以前はディレクター→プロデューサー)
プロデューサー:きくち伸
技術協力:共同テレビジョン、FLT、サンフォニックス
収録スタジオ:東京メディアシティ→フジテレビ湾岸スタジオ(2007年10月2日収録分から)
制作協力:CELL、イースト、ESP、YAMAHA
制作:フジテレビ音組

過去のスタッフ

ナレーター:古賀慶太
演出:城野智則、藪木健太郎
ディレクター:志方聡、塩谷亮
制作進行:望月靖子
広報:猪熊伴子、清野真紀
TP(テクニカルプロデューサー):馬場直幸
SW(スイッチャー):菅野恒雄
MA:若月正幸(4-Legs)
美術制作:石鍋伸一朗、井上明裕
メイク:小林ちえ


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。