スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

学校へ行こう!MAX



学校へ行こう!MAX

学校へ行こう!MAX(がっこうへいこうマックス、英名:GROOVY AFTER SCHOOL MAX!)は、TBSで日本時間の毎週火曜日夜7時56分から8時54分まで放送している学校教育バラエティ番組。2006年3月までは夜7時54分(TBS以外では原則として8時)からだった。2005年4月19日スタート。

出演

みのもんた(みのりかわ学園校長)
V6
渡辺満里奈
夏帆
奥田民義(ナレーション)
金成公信(ハローバイバイ、みの宮金次郎)

主なコーナー・登場人物

ニッポン学生の声大ローラー作戦!
学校へ行こう!の最終回、2005年3月15日に放送された「ニッポン!学生聞き込み調査隊!!」が前身。学生にインタビューしているVTRの中で、気になる学生をV6のメンバーが実際に会いに行く、「学校へ行こう!」の原点に立ち返ったコーナー。ナビゲーターは、みの宮金次郎(声の主・ハローバイバイ金成公信、「それゆけ!みんなのカタカーナ」のカーナの声と同じ)

文舞両道フリツケ甲子園

元は灘中学校・高等学校の6人の男子高校生が、V6のダンスを踊る為ダンス指導を受け、それを見た麻布ぃ6(麻布中学校・高等学校の男子高校生)が2005年6月7日放送の「ニッポン学生の声大ローラー作戦!」に登場しライバル視、そして視聴者の名門進学高校生「○○6」(○○は学校の略称)が番組に応募し、日本一の学生ダンスグループを決める。実質2005年6月14日開始。

ニッポンの今ドキあたりまえ学生

「あたりまえスロット」を回転させ、V6が学生に街頭インタビュー。2005年5月17日放送。
岡田准一のクイズおもいっきり学校News
2005年5月24日開始。学生代表に学校生活に必要な知識に関する問題を突然出題し、60秒以内に答えを出させる。

宮崎学園合唱部合唱コンクールへの道

2005年6月14日放送に登場した「合唱部を作りたい」という男子学生率いる合唱部を追跡する密着ドキュメント。2005年10月25日に合唱コンクール九州大会の模様を放送。

エアボーカリスト

2006年2月21日放送の最後で、学生がネットで発見した「后舎男生」という中国・広東省の学生のグループがバックストリート・ボーイズの「I WANT IT THAT WAY」を口パクする映像が大反響を呼んだことで始まった企画。始まるやいなや佐賀大学野球部4人組や嘉手納外語塾の生徒、などが出す作品に出演者、視聴者が釘付けとなった。参加資格は原則として学生であること(まれに社会人もいる)、固定カメラで撮影すること、洋楽の有名ヒットソングであること(外国人の場合は邦楽でも可)。エアボーカル、略してエアボとも言う。 
約20年前からこれに似た活動をしていたという40代の男性や、「あきる野市のスーパーエアーボーカリスト」の異名をとる「リッキー」(高校2年生)など笑える作品から、自分で映像処理をしたプロのPV(プロモーションビデオ)に近い精密な出来の作品まで幅広く投稿されている。
新たな音楽の楽しみ方としても、注目されている。


登場人物

崎浜君 他の人のインタビューのときに、偶然後ろを通りかかる。シャチホコのまねで、大爆笑をさらう。インタビューの特別編で、わざわざスタッフを呼び出し、側筋(腹筋と背筋のまんなから辺を鍛える)を披露した。また、V6の沖縄旅行では跳びシャチを披露した。

井出君 崎浜君のVTRの後に、スタジオで発見。後日、井出君の家で趣味のバスケット、天気予報の話を聞く。また、その際に、井出君は好きだった女の子に告白(正確に言うと、返事を聞いただけ)。


灘6

2005年4月19日放送分で登場した、日本屈指の進学校・灘高校の3年生6人によるダンスユニット。

「モテたいから」という理由で結成されたこのユニットは「文化祭で『サンダーバード』を披露したいので指導してほしい」とV6にFAXで助けを求めたことでV6から直接指導を受けた。途中スタッフが骨折するというトラブルがあったが、5月の灘高文化祭で見事に踊りきった。

これに触発されたのか、このあと同じ名門私立・麻布高校の生徒が「麻布ぃ6」を結成。また、早稲田大学高等学院の生徒も「早稲6」、筑波大学附属駒場高校も「筑6」を結成。彼らに発表の場を与えようと決定した「全国男子学生フリツケ甲子園・夏の陣」にはほかに青山学院高等部の「青3(ブルースリー)」、立教新座高等学校の「立6」、私立武蔵高校の「武蔵Kids」が出場した。

余談ではあるが、灘6のみがV6により命名されており、他のユニットはそれぞれが自分でつけたユニット名である。


その他

当番組は前身の「学校へ行こう!」の視聴率が裏番組である「NHK歌謡コンサート」(NHK総合テレビ)や「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ)に苦戦し、低迷していたためリニューアルされたもの。内容も前身時代の初期に立ち返り、後期のセミプロや番組レギュラーによる一般的なバラエティ然としたものから、「日本の学生」を中心としたものへ大改編された。しかし視聴率は改善されないせいか、番組編成期ではなくても7時台に放送されている「ぴったんこカン・カン」と交互に2時間(夜6時55分から8時54分まで)のスペシャル番組が放送されることが多く、放送は月2・3回程度とやっていた時期があった。

ちなみに前番組でやっていた「どこ行くんですか?ゲーム」に則ってV6の三宅・長野以外の4人とドランクドラゴンがイブニング5のエンタメコーナー出演を目指すという企画もあった。そのコーナーの発表は当日の朝「朝ズバッ!」内で行った。

番組内のBGMはV6がエイベックスに所属しているせいか、エイベックス所属のアーティストの曲が流れることが多い。特にJanne Da Arc、大塚愛は頻繁に流されている。

長野県のJNN局信越放送の「Uパレード」(2006年8月18日終了)には「信州ばん学校へ行こう2」という長野県の学校限定だが番組のコンセプトが似ているコーナーがあった。このコーナーには長野・坂本の2人が飛び入りで出演したことがある。

2008年2月5日放送では久しぶりにゲーム企画が復活した。


スタッフ

構成:おちまさと、都築浩、樋口卓治、村上卓史、すずきB、渡辺勝彦、藤井輝久、石津聡
リサーチ:真壁寿子
イラスト:高橋潤(スイスイ)
TM (テクニカルマネージャー) :箸透
TD (テクニカルディレクター) :阿部直樹
カメラ:藤田栄治
VE (ビデオエンジニア) :出口博久
音声:鈴木誠司
照明:加藤美和子
ロケ技術:野中利克、野上正樹、金子幸政、伝田直樹
美術:三須明子
美術制作:安川毅
装置:谷平真二
大道具操作:牧ヶ谷純二
装飾:野呂利勝
電飾:澤田稔
メカシステム:庄子泰広
持道具:貞中照美
衣裳:永井碧
メイク:惣門亜希子
スタイリスト:御法川靖子(みの担当=夫人)、五十嵐孝智、三上津香沙、寄森久美子
オープニング:鶴田隆司
CGデザイン:梅沢智仁
VTR編集:野口善弘
MA:並木丈治
音効:幾代学、澤井隆志
web制作:システム四季
TK (タイムキーパー) :飛田亜也
番組宣伝:小林恵美子
デスク:渡辺香織
AP (アシスタントプロデューサー) :廣友忠伸、荒井美妃
ディレクター:和田英智、堤俊博、金原将公、石黒光典、及川慶、戸田悠貴、横井雄一郎
チーフディレクター:平田さおり / 藤田賢城(BERMUDA)
総合演出:江藤俊久
プロデューサー:櫟本憲勝
チーフプロデューサー:吉田裕二
協力:ジャニーズ事務所
技術協力:ProCam
制作:TBSテレビ
製作著作:TBS

過去のスタッフ

チーフプロデューサー:戸正啓
プロデューサー:荒牧克久
ディレクター:田口健介、有馬巨人、松木大輔、山中健洋
TM (テクニカルマネージャー) :中澤健
メカシステム:大谷圭一
衣裳:中川博次
メイク:アートメイク・トキ

テーマソング
Wonder World(V6)
Train(V6)
僕と僕らのあした(V6)
ジャスミン(V6)
Voyager~ボイジャー~(V6)
way of life(V6)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。