スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告



(あらし)は、日本の男性アイドルグループ。所属する芸能事務所はジャニーズ事務所、レコードレーベルはジェイ・ストーム。

概要

1999年、人気絶頂期のジャニーズJr.から選び出され、結成されたアイドルグループ。
結成時から各メンバーの知名度、人気は高く、デビューCD「A・RA・SHI」は結成後2ヵ月で発売されたにもかかわらず、初動売上約56万枚(オリコン調べ)を記録し、先駆けて行われた握手会には約8万人を動員した。

反面、グループ結成およびCDデビューは、当人たちには十分に知らされないまま進められたもので、結成会見までほとんど話したことのないメンバーがいるほど唐突の出来事であり、嵐というグループとしての持ち味はもちろん、結束もCDデビューと並行して図らなければならなかった。

結成後しばらくの間、活動の場はジャニーズJr.と同じくすることが多く、その人気もジャニーズJr.の延長であったことは否めない。

2002年よりメンバーのソロ活動(木更津キャッツアイ、ごくせんなど)が充実しはじめたことをきっかけに、もうジャニーズJr.ではない、ひとつのアイドルグループ嵐としての人気が定着。

同年秋には主演映画「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」が公開された。

前年11月にはプライベートレーベルであるジェイ・ストームが設立され、CD製作やコンサート構成により主体的にかかわるようになった。

ジャニーズ事務所のスタイルとは違った、嵐独自の路線が打ち出されるようになっていく。
結成して5年目の2004年にはメンバーのキャラクターが確立。
単独の冠番組「Dの嵐!」にはアイドルの枠を超えて深夜番組としての支持が生まれ、トークの上達が伺われる。

同年「24時間テレビ」のメインパーソナリティを務めた。

松本潤出演「花より男子」主題歌「WISH」のロングヒットから幕を開けた2006年、アジアでコンサートを開催。チケットは完売し、台湾で約2万人、韓国で約1万6000人を動員した。

2006年は音楽活動に加え、テレビドラマ、映画、バラエティ番組、報道番組、演劇とメンバー全員のソロ活動が充実、3本目の主演映画「黄色い涙」の制作もあり、社会から注目される1年となった。

2007年にはその凱旋公演を単独では初の東京ドーム、京セラドームで開催、約20万人を動員した。また去年同様、メンバーそれぞれのソロ活動、シングル「Love so sweet」が年間で4位、ジャニーズの中では1番の売上を記録した。

「芸能人“年間ネット検索”ランキング2007」で年間第7位を獲得。2006年(第8位)に引き続き、嵐に興味を持つ人が増えた事を意味すると思われる。

メンバー

大野智(おおの さとし、1980年11月26日- A型)メインボーカル(嵐のリーダー)
櫻井翔(さくらい しょう、1982年1月25日- A型)ラップ担当
相葉雅紀(あいば まさき、1982年12月24日- AB型)
二宮和也(にのみや かずなり、1983年6月17日- A型)
松本潤(まつもと じゅん、1983年8月30日- A(Rh-)型)

年譜

1999年9月15日 ハワイ州ホノルル沖のクルーズ客船にてデビュー記者会見
嵐の結成、およびCDデビューが発表された。この記者会見は5000万円かかった。
船酔いしやすい二宮は、このときも船酔いしていた。

1999年11月3日 「A・RA・SHI」でCDデビュー
前々日に行われた握手会には約8万人のファンが殺到し話題になった。
「A・RA・SHI」の初回出荷枚数は36万枚(曲が決定する以前から発売が決まった時点で枚数は決定していた)、発売1週間の初動売上は約56万枚(オリコン調べ、デビューCDとしては歴代1位)、累計売上約97万枚。

2000年4月6日 初めてのコンサートツアー「嵐 FIRST CONCERT 2000」を開催
360°のステージが話題になった。

2001年10月3日 初めての冠番組「真夜中の嵐」が放送開始

2001年11月7日 所属レコード会社をポニーキャニオンからジェイ・ストームへ移籍
ポニーキャニオンから発売されたCDはすべて廃盤となったため、翌年5月16日、ポニーキャニオン在籍時のシングル曲を収めた「嵐 Single Collection 1999-2001」が発売されている。

2002年3月メンバーである相葉雅紀が肺気胸のため入院し、4人で活動する
ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPYの映画で復帰

2002年10月18日 メンバー5人全員での初主演映画「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」が公開。主題歌、挿入歌も担当

2004年3月1日 初主演映画の続編「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY」が公開
前作同様主題歌、挿入歌共に担当

2004年8月21日、8月22日 「24時間テレビ」の第27代メインパーソナリティを務めた
番組終盤には相葉雅紀がメンバーへの手紙を読み上げ、メンバー全員の涙をさそった。

2006年3月11日 二宮和也がアメリカ映画「硫黄島からの手紙」撮影のため渡米
4月25日に帰国するまで、4人での活動に

2006年7月31日 「JET STORM」というキャンペーンでタイ、台湾、韓国の3ヶ国をわずか1日で回り、アジア進出を大々的にPR。このプロモーションだけで1億円かかったといわれる。
夜に終了したライブの後、直行でタイに移動。
各国ではファンが嵐を一目見ようと記者会見会場や空港に殺到、各国メディアのみならず国内メディアもこれを大きく上げた。
特に韓国の仁川国際空港には2000人ものファンが到着ロビーに出迎え、メンバー自身も驚きを隠せないままの記者会見となった。

2006年9月16日、9月17日 台北市でコンサートを開催

2006年11月11日、11月12日 ソウル特別市でコンサートを開催
台湾公演、韓国公演ともにチケットは完売、それぞれ約2万人、約1万6000人を動員した。
韓国での単独公演は、ジャニーズ事務所内で初めてである。
10月7日に予定されていたバンコクでの公演は、9月19日に発生したクーデターのため中止に。

2007年4月4日 3本目の主演映画「黄色い涙」が公開

2007年4月29日 東京ドームで初の単独公演を開催、約5万5000人を動員した

2007年 「Happiness」が9月度の月間シングルランキングで1位を獲得し、グループ初の月間1位を果たす

2007年 オリコンの年間シングルランキングで「Love so sweet」が4位になり、グループ初の年間トップ10入りを果たす

2008年 SMAP、KinKi Kidsに続き、五大ドームツアーを行う予定

エピソード

グループ名の由来
嵐というグループ名は、「世界中に嵐を巻き起こす」という意味、「芸能界に嵐を巻き起こす」という意味のほか、頭文字が五十音でも最初の“あ”、アルファベットでも最初の“A”であり、「頂点に立つ」という意味が込められている。
他には「?」(クエッションズ)などの候補があった。しかし、嵐は番組の中でクエスチョンズ(後に後輩のバンド名に)よりも嵐のほうが良いと言っていた。
結成まで
櫻井翔は当時、嵐を一時的な物と考えており、1999年ワールドカップバレーボールのイメージキャラクターとしての仕事が終われば、ユニットは解散してまたJr.に戻るものと思っていた為、メンバー入りを引き受けた。
櫻井翔、二宮和也、松本潤は夏前からレコーディングや振り付けを行っていたが、CDデビューすることは知らされていなかった(当時、ジャニーズJr.にはCDデビューには至らない数々のユニットが存在した)。
大野智は当時Musical Academyのメンバーだったが、Jr.のレコーディングの手伝いをしてほしいと頼まれ承諾。大野はそれまでに2度、事務所に辞意を伝えていた為、デビューの話を持ち出して大野に逃げられる事を恐れた事務所側に騙される形で、9月初頭にレコーディングを行なっている。その際、ラップも歌っており、「メロとラップ、どっちがいい?」と聞かれ、「メロ」と答えた為メロディ担当となった。嵐のメインボーカル。
メンバー5人が初めて揃ったのは、デビュー記者会見(9月15日)を行うハワイ州に渡る3日前。一度4人で集められた所に、二宮といつも一緒にいた相葉雅紀が居ないのを見て、社長がその場で相葉に「パスポートを持っているか」と電話をし、「持っている」と返事をした相葉の嵐加入が決定した。
リーダー
大野智が嵐のリーダーに決まったのは、1999年11月2日に放送されたテレビ番組「少年隊夢」内でのこと。それまでは大野智がダンスリーダー、櫻井翔が勉強リーダー、相葉雅紀はアイドルリーダー、二宮和也が芝居リーダー、松本潤がお笑いリーダーと分担制だった。
特徴
デビュー当時、グループ内の年齢差が3歳以内というのはジャニーズ事務所でもめずらしかった。
アイドルらしくない趣味を有していることを自覚している。アンダーグラウンド、アキバ系、文化系、マイナー、シュールなどと自称。
仲が良い
メンバー同士で誕生日プレゼントを渡している。2005年の大野智の誕生日は「まごまご嵐」の収録日に当たり、誕生日ケーキを贈られた模様が放送された。この日、松本潤はテレビドラマ撮影のため不参加。また海外に行った折には、お互いに土産を買って帰っている。
プライベートで旅行をしたことがある。大野・二宮・松本・相葉で箱根に日帰りで旅行した(櫻井は仕事のため不参加)。その際松本が相葉の車を料金所の近くでカスってしまった。松本はこのことを「ハンドルがいつも自分が運転している車とは左右逆だったから」と言っている。櫻井へのお土産に陶芸体験をし皿をプレゼントした。皿に彫ったメッセージはそれぞれ、松本「元気でね」・相葉「ありがとな」・二宮「あきらめるなよ」・大野「頑張れよ」である。
喧嘩をしたことがない。松岡昌宏(TOKIO)から喧嘩をしないと分かり合えないと怒られたことがある。
メンバー5人とジェイ・ストームのスタッフでフットサルのチームを組んでいる。ユニフォームも作った。

音楽活動
タイアップについてはジャニーズ タイアップ一覧を参照
大野が振付けた曲については大野智(音楽活動)を参照

シングル
A・RA・SHI (1999年11月3日)
SUNRISE日本/HORIZON (2000年4月5日)
台風ジェネレーション -Typhoon Generation- (2000年7月12日)
感謝カンゲキ雨嵐 (2000年11月8日)
君のために僕がいる (2001年4月18日)
時代 (2001年8月1日)
a Day in Our Life (2002年2月6日)
ナイスな心意気 (2002年4月17日)
PIKA☆NCHI (2002年10月17日)
とまどいながら (2003年2月13日)
ハダシの未来/言葉より大切なもの(2003年9月3日)
PIKA★★NCHI DOUBLE (2004年2月18日)   
瞳の中のGalaxy/Hero (2004年8月18日)
サクラ咲ケ (2005年3月23日)
WISH (2005年11月16日)
きっと大丈夫 (2006年5月17日)
アオゾラペダル (2006年8月2日)
Love so sweet (2007年2月21日)
We can make it! (2007年5月2日)
Happiness (2007年9月5日)
Step and Go (2008年2月20日)

アルバム

オリジナルアルバム
ARASHI No.1〜嵐は嵐を呼ぶ〜 (2001年1月24日)
HERE WE GO! (2002年7月17日)
How's it going? (2003年7月9日)
いざッ、Now (2004年7月21日)
One (2005年8月3日)
ARASHIC (2006年7月5日)
Time (2007年7月11日)
Dream "A" live (2008年4月23日) 

ベストアルバム
嵐 Single Collection 1999-2001 (2002年5月16日)
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (2004年11月10日)

サウンドトラック
ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY THE ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK (2002年10月30日)
黄色い涙 オリジナル・サウンドトラック (2007年4月4日)

コンサート

2000年

嵐 FIRST CONCERT 2000 (4月6日 - 4月30日)
嵐〜台風ジェネレーション〜SUMMER CONCERT (8月13日 - 8月29日)

2001年

ARASHI SPRING CONCERT 2001 〜嵐が春の嵐を呼ぶコンサート〜 (3月25日 - 4月30日)
松山公演が芸予地震により会場の一部が損壊したため中止になった。
ARASHI All Arena tour Join the STORM nagoya osaka yokohama (12月23日 - 2002年1月7日)

2002年

ARASHI SUMMER 2002 HERE WE GO! (8月6日 - 9月8日)
8月18日は「嵐と一緒に犬のキモチになってみたりしてワンワン ワワワワン 特別公演」に。
ARASHI STORM CONCERT 2002 新嵐 ATARASHI ARASHI (12月28日 - 2003年1月13日)
大野智と二宮和也のユニット「大宮SK」が初登場した。

2003年

USO!?ジャパン special summer ARASHI 2003 How's it going? (8月7日 - 9月7日)
2001年に中止となった松山公演を、2年越しの実現を果たした。
WINTER CONCERT 2003-2004 〜LIVE IS HARD だから HAPPY〜 (12月28日 - 2004年1月12日)
1月5日は「日テレプレゼンツ Dの嵐!スペシャルライブ 一回限りのドキ・Doki・ドキュメント!!」に。

2004年

2004 Dの嵐!Presents 嵐!いざッ、Now Tour!! (7月27日 - 8月31日)

2005年

嵐 LIVE 2005 "One" SUMMER TOUR (7月26日 - 8月24日)

2006年

嵐 SUMMER TOUR 2006 “ARASHIC ARACHIC ARASICK Cool&Soul” ([7月9日] - 8月31日)
ARASHI FIRST CONCERT 2006 in Taipei〜久等了!嵐來了!〜 (9月16日、9月17日)
ARASHI FIRST CONCERT 2006 in Seoul 〜You are my 서울 SOUL〜 (11月11日、11月12日)
10月7日にはバンコクの「日タイ修好120周年記念プレイベント」に出演する予定だったが、9月19日に発生したクーデターのため中止になった。

2007年

凱旋記念公演 ARASHI AROUND ASIA (1月3日 - 1月8日)
凱旋記念最終公演 ARASHI AROUND ASIA+ in Dome (4月21日 - 4月30日)
冬に行なわれた凱旋記念公演の追加公演。大阪ドーム、東京ドームで開催。「アラウンド・アジア・プラス・イン・ドーム」と読む。FANの間では通称「AAA」と呼ばれている。嵐としては初のドーム公演となった。

ARASHI SUMMER TOUR 2007 Time -コトバノチカラ- (7月14日 - 10月8日)
当初、追加公演として他会場同様、9月22日・23日に横浜アリーナ公演が決定していたが、再追加公演として9月23日・24日に京セラドーム大阪、及び10月7日・10月8日[東京ドーム公演が決定したため、2公演が中止・振替となった。
2008年

ARASHI Marks2008 Dream-A-live(5月16日 - 7月6日)
初の全国5大ドームツアー。
全10公演を展開し、44万人の動員を見込んでいる。

コンサート関連 DVD / VHS
スッピンアラシ (2000年6月28日)
ALL or NOTHING (2002年6月12日)
How's it going? SUMMER CONCERT 2003 (2003年12月17日)
2004 嵐!いざッ、Now Tour!! (2005年1月1日)
ARASHI AROUND ASIA Thailand-Taiwan-Korea (2007年5月23日)
ARASHI AROUND ASIA+ in DOME(2007年10月17日)
SUMMER TOUR 2007 FINAL Time -コトバノチカラ-(2008年4月16日)

スポンサーサイト
 
 
2008/03/15(土) トラバ(0) コメント(1)
コメント

こんにちはー
リンクさせて頂きました。
もしよろしかったら相互リンクおねがいいたします

芸能人エンタメ バンク
http://entamebank.seesaa.net/
by: 芸能人エンタメ バンク * 2008/03/17 18:34 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。