スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

大野智



大野智

年譜

1980年11月26日 午前9時7分 東京都三鷹市で生まれる
1994年10月16日 ジャニーズ事務所入所
1994年11月2日 TOKIOの日本武道館コンサートで初仕事
1997年- 1998年 舞台「ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO」出演のため京都に滞在
1999年9月15日 嵐でデビュー
1999年11月2日 テレビ番組内でリーダーに決まる
1999年11月3日 「A・RA・SHI」でCDデビュー
2001年1月9日 ジャニーズ事務所の成人式のイベントで、明治神宮に参拝
岡田准一(V6)とふたりで参加。立会人に城島茂(TOKIO)
2002年2月4日 舞台「青木さん家の奥さん」初主演
2002年10月1日 ラジオ「ARASHI DISCOVERY」でラジオパーソナリティ開始
2002年12月 嵐限定ユニット、大宮SK結成
2004年 映画「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY 」で初主演
2004年 24時間テレビでTシャツのデザインを手がける
2006年1月29日 初のソロコンサートを開催
2008年2月8日アート写真集「FREESTYLE」を発売
2008年2月21日~29日 表参道ヒルズで個展「FREESTYLE」を開催

参加ユニット
ジャニーズJr期は下記のジャニーズJr期参加ユニットを参照


大宮SK

人物

デビューまで
リズム感のよさを社長のジャニー喜多川氏に認められジャニーズ事務所に入所。
ジュニア内で歌が上手く、ダンスも先輩たちのバックダンサーを務める頃には「新人Jr.は大野の後ろで踊れ」と言われたほどの実力の持ち主で、自身も踊りを極めたいという思いから舞台を中心に活動していく。
1997年から2年間、よりダンスを極めたいという思いから実家を離れ京都に滞在し、一日5公演ある舞台に出演しながらダンスの技術を磨く。
1998年の舞台終了後、共演していたプロダンサーからプロに転向するように勧められるも、踊りには満足したという理由から事務所に辞意を伝える。しかし社長に上手くかわされ堂本光一の舞台「MASK」、少年隊の「PLAY ZONE」に出演させられる。その後、改めて社長に辞意を伝えたところ、今度はレコーディングの手伝いを頼まれ、手伝いならばと歌ったのが嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」で、その収録の一週間後、社長に遊びに行くといわれ誘われるままについて行ったハワイで嵐のデビュー会見が行われた。
デビュー曲「A・RA・SHI」ではメロディとラップの両方のレコーディングを行っており、収録後に「メロとラップ、どっちがいい?」と聞かれ、「メロ(ラップはそれまで歌ったことがなかったため)」と答えたためメロディ担当となった。
V6の年少組Coming Centuryの曲もレコーディングしている。社長にバレーボールはできるかと聞かれたが、デビューすることに興味がなかった大野は「嫌な予感がした」ためそれを否定し、V6入りはなくなった。

デビュー直後

ジャニーズ事務所を辞めるつもりでいたときに強引にデビューさせられたことに加えて、睡眠時間が30分~1時間しかとれない日が1ヶ月以上続いたことから、本気で逃げ出そうとしていた。

歌・ダンス

嵐のダンスリーダーかつ、嵐のメインボーカル。
伸びやかな歌声とリズム感のよさが持ち味で、得意の高音を活かしてフェイクも担当。
抜群の運動神経とリズム感を持ちあわせ、ストイックで重力を感じさせない細かいステップとキレのあるダンスを踊る。
ジャズダンスをはじめ、ロッキングやカポエィラなどのストリートダンス、ジャグリング、殺陣、アクロバットなどダンスの幅が広く多彩なため、嵐のコンサートでは、曲の振り付けも手がける。(振り付けた曲は下記の音楽活動を参照)
歌、ダンス、存在のすべてで嵐の要。そのため、大野を尊敬しているデビュー組やジュニアが数多く存在する。

リーダー

嵐のリーダー。
[少年隊の冠番組「少年隊夢」内で櫻井翔とじゃんけんをした結果リーダーに決まった(他のメンバー全員が大野をリーダーに推薦したが、大野だけが櫻井翔を推薦したためじゃんけんに至った。なお、じゃんけん自体は大野が勝ったのだが、櫻井が「勝ったから大野がリーダー」と言い、そのノリで大野がリーダーという雰囲気になってしまい、断ることができなかった)。
リーダーが決定するまでは大野智がダンスリーダー、櫻井翔が勉強リーダー、松本潤がお笑いリーダー、二宮和也が芝居リーダー、相葉雅紀がアイドルリーダーと分担制だった。
そんな経緯からか、本人はリーダーは愛称であると発言している。実際、表立ってリーダー然とした言動を特に取ることはないが、メンバー曰く「背中で引っ張っていくタイプ」の大野は、「嵐の精神的支柱」(櫻井翔談)となっている。二宮曰く「リーダーシップを発揮する人が必ずしもリーダーとは限らない」。

性格
温厚な性格で怒ることがない。嵐ではほのぼのとした天然癒し系キャラクター。
ざっくりとした性格で、物事にあまり動じない。コンサートでは緊張したことがない。
好奇心旺盛。飾らない性格でいつも自然体。
歌や踊りに関しては完璧主義者で、普段の柔らかな言動と舞台上での激しい動きにギャップがある。
人に優しく自分に厳しい性格で、メンバーからは絶大な信頼と人気を得ている。
「才能の人」、「(芸事に対して)極度に自分に厳しい人」、「嵐における彼の力は絶大」、「嵐の精神的支柱」(櫻井翔談)
「俺に対して何をしても何でも許せる気がする」、「(踊りも性格も)無重力」、「かわいい」(相葉雅紀談)
「何やってもうまい」、「基本的に可愛い」、「才能がある」、「動体視力が半端じゃない」 (二宮和也談)
「自分の体をよく知ってる」、「水のように流れるイメージ」、「(才能があるのに控えめな性格など存在全てが)超レア」「(嵐の)安定剤」(松本潤談)

世評
歌番組「HEY!HEY!HEY!」の中で小倉智昭から、独立独歩でマイペース、歌や踊りが上手く絵を書かせたらいい感性を持っている天才肌だと評された。
舞台で共演したことのある松岡昌宏(TOKIO)からは、「芸事に取り組む姿勢はまじめで幅の広い役者」だと評されている。
映画「黄色い涙」の犬童一心監督からは、「嵐のゆとりを作っているのが大野くん」、「欲のない感じがみんなをほっとさせている」、「今度生まれ変わるとしたら大野くん」、「幅の広い役者」と評された。
2004年にメインパーソナリティを務めた「24時間テレビ」では、番組のTシャツのデザインを手がけた。構想に一週間かかったが作業時間は30分で終わったという。その際、日本におけるTシャツ製造の草分け久米繊維の三代目でTシャツコレクターでもある久米信行に「驚き、深く感銘を受けた」、「ガツンと頭を叩かれた気がした」と評された。

芸術
友達の影響で小学校3年生のころから絵を描き始め、中学2年生でジャニーズ事務所に入所しダンスに熱中する一方で、イラストレーターになることを夢見て絵を描き続ける。
立体表現・ペインティング・ドローイング・グラフィティ・スチールカメラなどの趣味を持ち、公式携帯サイトではイラストを公開するなどアートに造詣が深い。
イラストレーターになりたいという思いから、デビュー前に2回、デビュー後に1回、事務所の社長に辞意を伝えたが、そのたびにうまくかわされたため、現在は芸能活動と並行して創作活動を続ける。
1999年に嵐としてデビュー後、2002年によりリアルなのものを求めて立体表現に興味が広がりフィギュア作成を始める。
20世紀の米画家ノーマン・ロックウェルや江戸時代の京都の絵師・伊藤若沖にあこがれるが、すべて独学。
2006年末、主演舞台「転生薫風」の上演時に、事務所幹部に「個展を開きたい」と自ら申し出、2008年2月、総合セルフプロデュースで個展を開催し成功をおさめた。
2008年2月8日、大野がデビュー前から10年にわたり制作してきたアート作品を収めた写真集「FREESTYLE」を発表。
写真集の出版を記念してジャニーズ初の個展を東京・表参道ヒルズ内の「スペースO(オー)」(約450平方メートル)で2008年2月21日から29日まで9日間、入場無料で開催。
個展では、写真集に掲載されたフィギュア約100点と絵画約20点、写真集の表紙にもなった自身の顔の実寸大でかたどった金色のオブジェや廃材を利用したロボット=「ガマドン」、自身の手とつま先を実寸大でかたどった手足をくっつけた椅子、自前の一眼レフカメラで撮影した作品スチールやメーキングの様子、自身の体を使ったカラフルな衣装を身に着けた写真、などに加えて個展用に創作したグラフィティ(縦3メートル×横6メートル)など約200点を展示。
個展を開くのはジャニーズで初であり、また芸能界においても現役タレントがここまで大規模な個展を開催するのは異例中の異例としてメディアに大きく取り上げられた。

映画・ドラマ
もともと演技には定評があるものの、根っからの舞台人のためテレビドラマや映画に出演することはほとんどない。そのため、事務所側から受けるように言われた「3年B組金八先生」のオーディションも受けずに断ったという経緯がある。
映画「黄色い涙」
オリジナルサウンドトラックに収録されている「もどり雨」では、メンバーの中で唯一大野だけが自分の演じた役柄のイメージにあわせてレコーディングを行っている。これは、スタッフから要望されたために行ったことなのだが、収録後に出来上がった歌を聞いてみたところ、他のメンバーは普段と全く同じように歌っていたたため、結果、大野だけが本来とは違う声や歌い方で収録されることとなった。
犬童一心監督からはコメディリリーフとしての才能を高く評価され、もう一度、自分の作品に出演して欲しいといわれている。
大野が演じた画家の下川圭が書いた手紙や絵の裏に書かれた字などはすべて本人の直筆が使われており、劇中にでてくる油絵やデッサンなども大野が自ら手を加えたものが使用されている。

歌番組
うたばん
司会を務める事務所の先輩である中居正広(SMAP)に対し、大野が反抗的な態度で暴言を吐き(司会のとんねるずの石橋貴明が大野に暴言を吹き込む)、それを聞いて切れた中居が大野に襲いかかろうとし、嵐のメンバーと石橋貴明がそれを止めに入るというコントが「うたばん」に出演した際の定番となっている。尚、このコントは「下剋上コント」と呼ばれ、2002年から続く人気のコーナーとなっている。
ミュージックステーション
出演した際には歌の最後の決めポーズで大野だけがメンバーと違う動きをするのが定番となっている。これは、大野が何気なくメンバーと違うポーズで決めた時の曲が大ヒットしたという理由からで、最近では最後のポーズだけではなく曲の振り付けが違う場合もある。

資格
書道4段
5段を取ると師範になれると言われたのだが、「師範になるほどうまくないから」という理由で師範となる一歩手前で辞めた。ペンで書く字も達筆。
テレビ番組「ザ少年倶楽部」では、初代タイトルロゴの題字を担当していた。
日本漢字能力検定7級
テレビ番組「嵐の技ありッ!」の企画で挑戦し合格した。

趣味・特技

釣り
スポーツ全般
テレビ番組の紹介でも「運動神経抜群」と紹介されるほど運動能力が抜群に高く、番組の企画で数々のスポーツに挑戦しているが、呑み込みが早く何でも器用にこなしている。
中学時代はバドミントン部に所属し、一時はプロを目指していた。
嵐のメンバーとジェイ・ストームのスタッフでフットサルのチームを組んでいる。
アクロバット
アクロバットは、「ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO」で共演したジャパンアクションエンタープライズ(当時のJAC)から直伝に教わった。
技の中でも特に難しいとされている側宙を得意とする。

エピソード

振付師のSANCHEの指導は厳しいことで有名で、メンバー曰く、みんな一度は必ず泣かされるのだが、大野だけは未だに怒られたことがない。
2006年のソロコンサートの間、成功を祈って肉断ちをしていたのだが、一緒にツアーを回ってくれているジュニアのM.A.D.を気遣って名古屋で焼肉屋に連れて行った。
同期入所の町田慎吾(Musical Academy)とは大親友で、2006年の誕生日に、町田とまったくおそろいの帽子をプレゼントされたことがある。
Hey! Say! JUMPの知念侑李の憧れの人として雑誌やテレビに大野の名前が出てくることが特に多い。

SMAP

SMAPのコンサートに出演した際、MCの間に楽屋で寝てしまい、気がついたらコンサートは終わっていた。
中居正広から貰ったTシャツをずっと愛用している。

V6

社長から、井ノ原快彦(V6)に似ていると言われたが、当時ジャニーズ事務所に入所したばかりだったため井ノ原のことを知らなかった。ちなみに井ノ原のことは「いのっち」、「兄(あん)ちゃん」と呼んでジュニアの時はいつも一緒にいた。

TOKIO

国分太一(TOKIO)と番組で共演した際、ジュニア時代は堂本光一に似ていたと言われた。自身もその当時よく間違えられたと発言しており、実の姉にも堂本光一と間違えられたことがある。
松岡昌宏(TOKIO)や相葉雅紀とカラオケに行った際、相葉がTOKIOの花唄を歌っている最中に、松岡に向かって「松兄(まつにい)これ誰の曲?」と聞いてしまい、それにキレた松岡は大野にではなく歌っていた相葉に「ちゃんと教えておけ」と蹴りをいれた(二宮曰く「松岡くんは好きな人には手を出さないから」)。ちなみに大野は、相葉が叫ぶように歌っていたのでわからなかったのだと弁解している。

Jr.時代は滝沢秀明とよく一緒に帰っていた。
2007年4月に行われた嵐のドーム公演の時に、マネージャー経由で今井翼から携帯電話のアドレスを手渡され、その後連絡を取り合うようになった。



遊びに誘ってもことごとく断る大野に切れた松本潤が、番組の節分の企画で鬼役になった大野に「俺と遊びに行け、このやろう」と豆を投げつけたことがある。
大野が舞台に出演する際、のどを痛めないようにと松本潤から舞台期間中に使い切れないほど大量のうがい薬をプレゼントされた。
デビュー以前から大野のことを慕っていた二宮和也にはいつもお尻を触られている。
コンサート前に円陣を組む際、メンバー同士で握手するのだが、二宮和也だけは大野の手の甲にキスをする。それを見たスタッフは大野曰くドン引きらしい。
酔っ払って記憶をなくすことが多く、真夜中に二宮に電話し「ニノちゃん愛してるよ~」と言ったにもかかわらず本人は全く覚えていなかった。また、相葉と銀座にのみに行った際に、トイレに行くといってそのまま帰ってしまったり、朝、目が覚めたら知らない人の家の2階で寝てたなど失敗談も多い。
相葉雅紀とは、「メンバーの中で付き合う(結婚する)なら誰がいいか」という雑誌のインタビューなどには必ずいつもお互いの名前を挙げあうほど気が合う仲で、プライベートで遊びに行くことも多い。
2007年、プライベートで沖縄を訪れた際、櫻井翔も偶然同じ日に訪れていることがわかり、それから延々と写メールのやり取りをし、東京に帰るまで逐一お互いの行動を報告しあっていた。
大野のダンスや歌の時と普段の時のギャップがあまりにも激しいため、それを切り替えるスイッチが身体のどこかにあるに違いないとメンバー内でささやかれているが、デビュー以来、未だに誰も発見できていない。

コンサート・舞台

大きなコンサート会場よりも、お客さんとの距離の近い小さな会場の方が好き。
コンサート中に、メンバーに戯れでよくキスされる。
舞台やコンサートの千秋楽などでは感激の涙を流すことがある。
2006年のソロコンサートではコンサートグッズの企画から舞台の演出までを初めて経験。また、「WEST SIDE STORY」以来となるジャズダンスも披露した。



体質的に人よりも目に水分が多いため、いつも泣いているのかと誤解される。
手がきれいなため、CMやテレビ番組で手の映像を使われることが多い。
デビュー当初、生番組に遅刻してしまい、その時に迷惑をかけたと反省して以来、時間に正確になり遅刻をしなくなった。
味覚音痴で(人よりまずいと感じる物が少ない)基本的にほとんど、何を食べても「うまい!」という。しかし、ゲテモノ系は苦手で、相葉雅紀とエビ料理を食べに行った際、エビの躍り食いのかわいそうな光景を見てからはエビ自体も苦手となった。
酔っ払うと料理をする傾向があるが、料理本などは見ずあくまで自己流を通す。チャーハンが得意。
好きな食べ物はクリームシチューとねじりパン。好きな飲み物はココア。コーヒーはブラックでは飲めず、牛乳と砂糖を入れる。
小さい頃は、パンが好きという理由だけでパン屋になるのが夢だった。大野曰く「パン屋は憎めない」。
服には無頓着。仕事では衣装が用意されており、私服は行き帰りだけのためあまり気にしていない。また、自分では買い物はあまりせず、母親が買ってきて家に置いてあるものや、メンバーに頼んで買って来てもらったものを着てることが多い。
母親が服を買って来たものを身に着けていることに関しては、服を買うことで母親のストレス解消になっているようだし、買ってきた服を「これよくない?」とすごく嬉しそうに言っているのをみると、これも親孝行なのかなと思って身に着けるようにしている。
靴だけは通販で購入。本人曰く「意外と2日で届く」。
自分で作ったシルバーや皮のアクセサリーを身につけていることが多い。現在では私物のローリーロドキンのスカルを愛用していて、TVやコンサートなどでよく身に付けている。
好きなアーティストはジャスティン・ティンバーレイクやエルヴィス・コステロなど主に聴くのは洋楽。
中学生時代にはバドミントン部に所属していたが基礎練習はよくさぼったり、先輩が出場していた大会を抜け出してコンビニへ行ったりし何度も退部入部を続ける。しかし出られなくなった先輩の代わりに大会に出場し優勝した。

愛称

嵐のメンバー、松本潤からは「リーダー」、相葉雅紀からは「リーダー」や「キャプテン」、櫻井翔からは「智くん」や「智(さと)っさん」「さとしっく」と呼ばれることが多い。二宮和也からは「キャプテン」の他、二宮自身のラジオ番組の中では「サミー」、二宮がWEBで連載している「ゲームニッキ」においては大野を「パン屋さん」と呼ぶことがある。
大(おお)ちゃん
事務所の社長ジャニー喜多川が命名
リーダー
相葉が呼び始めたのがきっかけ。それまでは、櫻井以外は「大ちゃん」と呼んでいた。
キャプテン
まごまご嵐の番組内で結成されたボート部のキャプテンだったことからついた。また、リーダーは他のグループにもいるが、キャプテンは嵐にしかいないという理由から呼ばれるようになった。
サミー
事務の偉い人に「サミーっぽい」という理由でいきなりつけられたあだ名。2006年のソロコンサートではおかまのサミーという役を演じた。

家族
父、母、姉の4人家族。
ジャニーズ事務所入りを勧めたのは母親。本人は反発したが、どうせ落ちるからと言われてそれもそうかと納得し、オーディションに行くことに了承した。
母親にはダンスの経験があり、事務所から書類選考の合格通知が届くと大喜びし、大野に2ステップを教えた。
姉に車をプレゼントしたことがある。

ペット
ハムスターを2度飼ったことがある。舞台のため京都で暮していた折に飼っていた「牛若」(大野の役名にちなんで)と雑誌の企画で購入した「セン」(背中に線があることから)。
京都では同居人と一緒に犬を飼ったことがある。友人からもらい、タクシーで連れ帰る途上「丼」というどんぶり屋があり、「ドン」と名づけた。しかしこの先育てられないと思い直し、次の日に違う友人に譲った。

音楽活動

振り付けを手がけた曲
CDアルバム収録曲
One(2005年8月3日)
Rain
ARASHIC(2006年7月5日)
Ready To Fly
CARNIVAL NIGHT part2
Time(2007年7月11日)
Everybody前進
WAVE
Song for me :初回限定版
CD未収録曲
TOP SECRET

ソロ曲
CDアルバム収録曲
One (2005年8月3日)
Rain
Time(2007年7月11日):初回限定版
Song for me
Video/DVD収録曲
スッピンアラシ (2000年6月28日)
COOL
雪国
ALL or NOTHING (2002年6月12日)
Bite the Love
How's it going? SUMMER CONCERT 2003(2003年12月17日)
so-so-so
2004 嵐!いざッ、Now Tour!! (2005年1月1日)
TOP SECRET
ARASHI AROUND ASIA Thailand-Taiwan-Korea (2007年5月23日)
ARASHI FIRST CONCERT 2006 in Taipei【DISC3】:初回限定盤の特典DVD
TOP SECRET
未収録曲
ARASHI SPRING CONCERT 2001 ~嵐が春の嵐を呼ぶコンサート~(2001年3月25日 - 4月30日)
OPEN ARMS
少年隊ミュージカル PLAYZONE2001“新世紀”EMOTION (2001年7月14日 - 8月17日)
DEEP SORROW ~君のいない世界~
ARASHI SUMMER 2002 HERE WE GO! (2002年8月6日 - 9月8日)
All my Love
ソロコンサートExtra Storm in Winter '06 "2006×お年玉/嵐=3104円(サトシ)" (2006年1月29日 - 2月26日)
DEEP SORROW ~君のいない世界~
SIZE
DICE
俺たちのsong :櫻井翔との共作

ソロコンサート
Extra Storm in Winter '06 "2006×お年玉/嵐=3104円(サトシ)" (2006年1月29日 - 2月26日)
ZeppSENDAI(1月29日)、ZeppNAGOYA(2月4日)、ZeppOSAKA(2月5日)、ZeppSAPPORO(2月12日)、ZeppTOKYO(2月22日-2月23日)、ZeppFUKUOKA(2月26日):6ヶ所7日間13公演

出演

グループでの活動については、嵐 (ジャニーズ)を参照

舞台
少年隊ミュージカル PLAYZONE2001“新世紀”EMOTION (2001年7月14日 - 8月17日) : KARE 役
井ノ原快彦(V6)・松岡昌宏(TOKIO)とのトリプルキャスト
青木さん家の奥さん (2002年2月4日 - 2月24日) : サトシ 役(主演)
センゴクプー (2003年4月11日 - 5月11日) : 風助 役(主演)
TRUE WEST (2004年5月2日 - 5月30日) : オースティン 役
WEST SIDE STORY (2004年12月4日 - 1月9日) : リフ 役
バクマツバンプー ~幕末蛮風~ (2005年10月3日 - 11月1日) : 沖田総司 役(主演)
テンセイクンプー ~転世薫風~ (2006年12月2日 - 12月28日) : 薫 役(主演)
プーシリーズEpisodeI アマツカゼ ~天つ風~(2008年3月21日 - 4月28日) : 凪 役(主演)

映画
ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY (2002年) : 貴田晴彦(ハル) 役
ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY (2004年) : 貴田晴彦(ハル) 役(主演)
黄色い涙 (2007年) : 下川圭 役

テレビドラマ
Vの嵐 (1999年10月11日 - 10月29日、フジテレビ) : 大野智 役
史上最悪のデート (2000年12月24日、日本テレビ) : 工藤達也 役(主演)
第4話「the 4th Dates:悪魔のクリスマス☆キス」に出演
SPEED STAR (2001年4月14日、日本テレビ) : 桜井浩志 役
少年タイヤ (2002年1月8日 - 1月29日、フジテレビ) : サトシ 役(主演)
第3弾「青木さん家の奥さん」に出演
演技者。 (2002年11月12日 - 12月10日、フジテレビ) : 三男 役(主演)
第6弾「ミツオ」に出演
よい子の味方~新米保育士物語~(2003年3月8日 、日本テレビ) : クレームエージェント嵐 役
櫻井翔の主演ドラマ第8話に友情出演
四分の一の絆 (2004年5月19日、TBS) : 鈴木直也 役
劇団演技者。 (2004年7月6日 - 8月3日、フジテレビ) : 沖ノ島淳二 役(主演)
第3弾「勝手にノスタルジー」に出演
山田太郎ものがたり(2007年9月14日、TBS) : ビラ配りの兄さん 役
同じ嵐のメンバーである二宮和也と櫻井翔の主演ドラマの最終回に友情出演

テレビ番組

出演

はなまるカフェ (2002年2月6日、TBS)
はなまるカフェ (2004年3月3日、TBS)
はなまるカフェ (2007年4月2日、TBS)
ズームインSUPER・週刊イマジン(2007年4月7日、日本テレビ)
笑っていいとも (2007年4月26日、フジテレビ):テレフォンショッキング
ザ少年倶楽部プレミアム (2007年5月20日、NHK衛星第2テレビジョン):プレミアムトーク
王様のブランチ (2008年2月9日、フジテレビ)
おネエ★MANS (2008年2月19日、日本テレビ)
NEWS ZERO (2008年2月21日、日本テレビ) : ZERO CULTURE
THE・サンデー (2008年2月24日、日本テレビ)
art lover (2008年2月29日、フジテレビ)
はねるのトびら(2008年3月12日、フジテレビ)

ラジオ
ARASHI DISCOVERY (2002年10月1日 - 、横浜エフエム放送)
毎週月曜日~金曜日 6:50~6:55

DVD
テンセイクンプー~転世薫風(2008年3月26日)

書籍
アート写真集「FREESTYLE」(2008年2月8日)

ジャニーズJr期

参加ユニット
J-Eleven
Junichi&JJr (1995年結成)
ミラクルスリー
ヤラえもんず (1996年結成)
Hi! See Me IN KYOTO(1997年結成)
少年新撰組(1997年結成)
KYOTO大原村 (1997年結成)
TOKYO浜松町 (1997年結成)
ZEUS(1998年結成)
T.O.P-J (1998年結成)
Musical Academy (1999年結成):1999年5月 - 10月まで在籍。初代メンバー

舞台
ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO (1997年8月7日 - 12月10日) : 牛若丸 役 他
ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO オールジャニーズJr.公演(1997年8月29日、9月7日、10月26日)
SHOW劇'97 MASK (1997年12月6日 - 12月27日)
ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO プレビュー公演(1998年3月 - 4月)
ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO (1998年4月18日 - 11月29日): 牛若丸 役 他
SHOW劇'99 MASK (1999年1月 - 2月)
少年隊ミュージカル PLAYZONE'99 Good bye & Hello (1999年7月11日 - 8月4日)

テレビ番組
アイドルオンステージ (1994年12月4日 - 1997年3月30日、NHK-BS2)
ジュニア・ゴールド(1996年7月28日、8月5日、TBS)
愛LOVEジュニア (1996年4月8日 - 1998年9月28日、テレビ東京)
ミュージック・ジャンプ (1997年4月6日 - 2000年3月、NHK-BS2)
愛LOVEジュニア (1998年2月9日、テレビ東京)
「ア・イ・ツとValentine's day」 サトシ 役(主演)
SHOW-NEN J (1998年4月 - 1998年10月1日、テレビ朝日)
THE夜もヒッパレ (1999年8月-9月、日本テレビ) :Musical Academyとして出演。

コンサート・イベント
TOKIOと楽しい時代を (1994年11月2日)
夏だ!祭りだ!こどもカーニバルジャニーズJr.ミニライブ (1995年7月27日)
LOWSON PRESENT ジャニーズJr.1stコンサート(1998年2月1日-2月15日)
Johnny's Jr. Summer Concert'98 (1998年7月29日-8月24日)
ジャニーズJr.の一日消防隊長 (1998年11月9日)
Johnny's Jr. Winter Concert (1998年12月27日-1月6日)
Johnnys' Senior Junior Fresh Spring Concert'99(1999年5月2日-6月20日)

ラジオ
ジャニーズJr.アフタースクール女子高生サイコー裁判SHOW!(1996年9月16日-1997年4月4日、日本放送)
ジャニーズJr.アフタースクール恋の青春花吹雪(1997年10月6日-1998年3月27日、日本放送)
ジャニーズJr.DOKI DOKIアフタースクール(1998年4月-1999年10月4日、日本放送)

Video/DVD
ジャニーズJr.ワールド(1997年7月2日、ローソン限定販売)
ジャニーズファンタジー「KYO TO KYO'97」夏公演(1998年1月1日): 牛若丸 役・「OUR soNG」・千年メドレー 他
素顔(1998年7月29日)
素顔2(1999年9月22日):「朝日を見にいこうよ」 他

CD(シングル)
Junichi&JJr として発表。

「こうしちゃいられない」(1996年5月2日) : NHK教育系アニメ「忍たま乱太郎」エンディングテーマ、映画「映画 忍たま乱太郎」挿入歌
「0点チャンピオン」(1996年12月6日) : NHK教育系アニメ「忍たま乱太郎」エンディングテーマ
スポンサーサイト
 
 
2008/03/16(日) トラバ(0) コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。