スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

錦戸亮



錦戸 亮(にしきど りょう、1984年11月3日 - )は、日本の俳優、タレント、歌手である。ジャニーズ事務所に所属し、男性アイドルグループNEWS及び関ジャニ∞のメンバーである。身長170cm。体重55?。

略歴

熊本県出身の父と鹿児島県出身の母との間に兵庫県神戸市に生まれる。(本人がジャニーズweb内で「兵庫の尼崎という街に自分と言う名のコウノトリがはこばれてきました」と発言)、後大阪府に移住。

1997年の9月6日にジャニーズ事務所のオーディションを受け、訓練生として事務所に入る。このオーディションに合格し、ジャニーズJr.のひとりとなった。このときの同期に安田章大、大倉忠義、丸山隆平がいる。

関西ジャニーズJr.の中心として第一線で活躍。関西ジャニーズJr.としては、東京での仕事に早い段階で呼ばれていたメンバーの1人であり、『ミュージックステーション』などの音楽番組や、ジャニーズJr.のコンサートではソロで歌う機会も多かった。

2000年2月、「Secret Agent」名義でシングル『Secret Agent Man』(ソニー・ミュージックエンタテインメント)を発売。東山紀之主演『平成夫婦茶碗〜ドケチの花道〜』(日本テレビ系)の主題歌として使われ、『ミュージックステーション』では東山紀之と一緒に出演し、デュエットをした。クレジットには錦戸の名前は記載されておらず、ジャケットは外国人モデルが起用されている。錦戸の声変わり前の歌声が収録されている一枚である。

2002年の12月には関西テレビでのレギュラー番組内で、関西ジャニーズJr.の主力メンバーによる関ジャニ8(のちの関ジャニ∞)を結成。2003年9月には『バレーボールワールドカップ2003』に際してのイメージキャラクターとして結成されたNEWSのメンバーに選ばれる。同年の11月には『バレーボールワールドカップ2003』のイメージソング『NEWSニッポン』(M.Co.、セブン-イレブン独占発売)を発売。その後も関ジャニ8のメンバー活動を並行して行う。

2004年5月にはNEWSとして、シングル『希望〜Yell〜』(ジャニーズ・エンタテイメント)でメジャーデビュー。同年8月に関ジャニ∞として、シングル『浪花いろは節』(テイチクエンタテインメント)を関西地区限定で発売。9月には全国発売し、メジャーデビューを果たす。期間限定を除くCDデビューユニットに複数所属するのはジャニーズ事務所としては初の試みであった。

2006年1月には初のソロライブ『錦戸亮 LIVE』を横浜アリーナ・大阪城ホールで公演した。


人物・特徴


「関ジャニ戦隊∞レンジャー」(公式携帯サイトJohnney's Webでの連載名)でのレンジャーカラーは黄色。

基本は右利きだが、過去に右腕右手を三度骨折した経験により、左手も使えるようになった。またその結果、右肘が曲がりにくく、右手を肩につけることができない。

読書を好み、好奇心も旺盛のため、色々な分野の雑学を多く知っている。

ギターを弾けるようになってからは、自ら作詞・作曲を手掛けるようになり、実際にコンサートで披露したり、CDアルバムやライブDVDに収録されている曲もある。

NHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』で主人公の相手役を演じ、日刊スポーツが行った「第7回ドラマグランプリ」において、新人賞を受賞(2004年)。以後、『がんばっていきまっしょい』『1リットルの涙』(共にフジテレビ系・2005年)と出演作が続き、ザテレビジョンが行った「ドラマアカデミー賞」助演男優部門で読者票・審査員票・TV記者票から安定した評価を受け2位(2005年夏クール・秋クール)になるなど、俳優としての評価が高まる。なお、ジャニーズタレントによる朝の連続テレビ小説への主要キャストとしての出演は89年SMAP・稲垣吾郎の『青春家族』出演以来、14年ぶり2人目である。

ドラマ『ラスト・フレンズ』(フジテレビ系/2008)ではDV男役を演じたため、雑誌『日経エンタテイメント』(2008年8月号掲載)が行なった「上半期ヒット総まくり」の“イメージダウンした俳優ランキング”においてダントツの1位に選ばれたが、“嫌われ役”を徹底した故の結果とされ、俳優としての実力は高く評価された。これにより、ザテレビジョン実施の「ドラマアカデミー賞」(2008年春クール)にて、読者票・審査員票・TV記者票、すべての部門で投票数1位を獲得し、同誌では自身初となる最優秀助演男優賞を受賞。これまでの好青年役ばかりにより生まれたイメージを一転させ、俳優としての活動の域を広めた。

ドラマで演じる役は何かに挫折した役が多く、本人も「自分は“挫折顔”だからだろう」と語っている。重松圭一(『がんばっていきまっしょい』プロデューサー)には「挫折した役はドラマの王道をいくには最も必要であり彼は是からのドラマを背負っていくであろう」と評価を受けている。

普段は関西弁で話しているため、ドラマで標準語の役を演じる時は、言葉のイントネーションをスタッフに何度も確認してから撮影に臨んでいる。アドリブでの演技は、知らずに関西弁が出てしまう事があるため苦手である。基本的に脚本に書かれた台詞を忠実に演じている。また、撮影現場には台詞を完璧に頭に入れてから現場に行き、台本を持たないようにしている。

台本のない仕事(バラエティ番組、コンサートのMC等)では、上手く話せない事が多い。しかし、年下のメンバーが多いと、MCの要所で牽引している。

ジャニーズ事務所の先輩では松本潤(嵐)、同年代では内博貴(ジャニーズJr.) ・山下智久(NEWS)・安田章大(関ジャニ∞)・大倉忠義(関ジャニ∞)・赤西仁(KAT-TUN)とプライベートで会うことが多い。

発言やドラマで演じる役柄から「怖い」「クール」などのイメージを持たれやすいが、実際は恥ずかしがり屋で人見知りが激しい。

斉藤和義の大ファンで、各メディアにおいて度々本人が公言している。

出演

グループでの出演はNEWS及び関ジャニ∞を参照のこと。個人での出演のみ記載。なお、 NEWSではコンサート項のうち、2003年の「相信台湾」、2004年の「SUMMARY of Johnnys World」に、関ジャニ∞の舞台項のうち、2004年の「Magical Musical Dream Boy」には出演していない。


テレビドラマ

連続ドラマ

びんぼう同心御用帳(朝日放送、1998年7月 - 9月) - 伊之役
七人のサムライ J家の反乱(朝日放送、1999年4月 - 2000年9月) - 城之内亮役
ゼニゲッチュー!!(日本テレビ、2001年5月 - 6月) - 松上孝之助役
よるドラシリーズ かるたクイーン(NHK総合テレビ、2003年1月) - 倉田友也役
朝の連続テレビ小説 てるてる家族(NHK、2003年9月29日 - 2004年3月27日) - 桑原和人役
がんばっていきまっしょい(関西テレビ、2005年7月5日 - 9月13日) - 関野浩之役
1リットルの涙(フジテレビ、2005年10月11日 - 12月20日) - 麻生遥斗役
アテンションプリーズ(フジテレビ、2006年4月18日 - 6月27日) - 中原翔太役
一瞬の風になれ(フジテレビ、2008年2月25日 - 4夜連続放送) - 神谷健一役(友情出演)
ラスト・フレンズ(フジテレビ、2008年4月10日 - 6月19日〈特別編を含むと6月26日〉) - 及川宗佑役
流星の絆(TBS、2008年10月 -) - 有明泰輔役

単発ドラマ・ゲスト

熱血恋愛道〜乙女座のB型BOY(日本テレビ、1999年4月4日) - 主演
怖い日曜日〜新章〜 第4回「バイバイ」(日本テレビ、1999年10月24日) - 主演
BS-i 開局記念ドラマ Peace Wave〜ウクレレと少年〜(BS-i、2000年12月1日) - 主演・久田純役
史上最悪のデート 第8話「刑事の息子 vs ヤクザの娘」(日本テレビ、2001年1月28日) - 主演
関ジャニ∞青春ドラマシリーズ ダイブ・トゥ・ザ・フューチャー(関西テレビ、2006年12月27日) - 下田役
関ジャニ∞青春ドラマシリーズ 蹴鞠師(関西テレビ、2006年12月29日) - 黒島役
アテンションプリーズ スペシャル ハワイ・ホノルル編(フジテレビ、2007年1月13日) - 中原翔太役
1リットルの涙・特別編 〜追憶〜(フジテレビ、2007年4月5日) - 麻生遥斗役

バラエティ

8時だJ(テレビ朝日系) 1998年~1999年
USO!?ジャパン(TBS系) 2001年~2003年

ラジオ

ABCミュージックパラダイス(ABCラジオ、月2回マンスリーゲスト)
ミューパラ土曜日の「ミューパラ・アーティストレビュー」コーナーのマンスリーゲストとして月2回の出演だったが、同番組の土曜日放送が2008年3月29日で終了する為、2008年3月22日放送分が錦戸の最後のコーナー出演となった。

CM

ヤン坊マー坊天気予報「放送開始40周年記念」Ver.(ヤンマー、1999年)
オロナミンC「関ジャニ入らへん?・特訓」編(大塚製薬、2006年7月8日 - 2006年9月30日)
Ultra Music Power「先輩たち」篇(2007年11月12日 - 18日)

舞台

ミュージカル「MASK」(大阪松竹座、1997年12月6日・7日)
KYO TO KYO 春公演(京都シアター1200、1998年4月18日 - 7月12日)
KYO TO KYO サマーフェスティバル(京都シアター1200、1998年7月18日 - 8月31日)
KYO TO KYO 秋公演(京都シアター1200、1998年9月6日 - 11月29日)
PLAYZONE・THEME PARK(青山劇場、2000年7月16日 - 8月20日) - ゴロー役
PLAYZONE新世紀〜EMOTION〜(青山劇場・大阪、2001年7月14日 - 8月17日)
SHOW劇・SHOCK(帝国劇場、2001年12月1日 - 2002年1月17日) - リョウ役
Endless SHOCK(帝国劇場・32公演、2005年1月10日 - 31日) - リョウ役
Endless SHOCK(帝国劇場・34公演、2006年2月6日 - 3月28日) - リョウ役

コンサート

ジャニーズJr.「Johnny's Winter Concert」(横浜・大阪、1998年12月27日 - 1999年1月6日)
ジャニーズJr.「Fresh Spring Concert '99」(横浜・大阪、1999年5月2日 - 6月20日)
関西ジャニーズJr.「FIRST LIVE」(Zepp 大阪、1999年8月13日 - 15日)
ジャニーズJr.「特急投球コンサート(東京ドーム、1999年10月9日)
関西ジャニーズJr.「X'masプレゼント」(大阪松竹座、1999年12月20日 - 25日)
ジャニーズJr.「Spring Concert 2000」(大阪・名古屋・横浜、2000年4月3日 - 5月7日)
ジャニーズJr.「3大ドーム CONCERT」(大阪・名古屋・東京、2000年9月3日 - 10月15日)
東山紀之ディナーショー(東京・大阪、2000年12月24日 - 29日)
タッキー&翼 21世紀の対決(横浜・名古屋・大阪、2001年5月3日 - 6月3日)
ジャニーズJr. タッキー&翼総出演(大阪・名古屋・横浜、2002年3月29日 - 5月6日)
タッキー&翼 with allジャニーズJr.con'(大阪、2002年12月28日)
錦戸亮 LIVE(横浜アリーナ・大阪城ホール、2006年1月5日・9日)

シングル

グループでの作品はNEWS及び関ジャニ∞を参照のこと。

Secret Agent「Secret Agent Man」(2000年2月23日)

オリジナルソロ曲

この星で生まれて (B.B.A.として・DVD『素顔2』収録)
出会いは偶然、別れは必然 (舞台「X'mas party 2003」披露:未収録)
OPEN YOUR EYES (舞台「SUMMER STORM」:未収録)
愛以外のなんでもない (DVD『Spirits!!』収録)
強き心で行け (「ザ少年倶楽部 」2006.1.8放送:未収録)
盲点 (作詞作曲 ※曲はFIVEとの共作/ソロライブ「錦戸亮 LIVE」:未収録)
レース (作詞作曲/DVD『Heat up!』収録)
potential (作詞作曲/「KAN FU FIGHTING全国ツアー」:未収録)
stereo (作詞作曲/アルバム『KJ2 ズッコケ大脱走』・DVD『47[フォーティンセブン] 』収録)
code (作詞/アルバム『pacific』・DVD『Never Ending Wonderful Story』収録)
torn(大倉忠義とのデュエット) ※タイトルは2人のイニシャル(t→忠義、o→大倉、r→亮、n→錦戸)の意味も込められている (「KANJANI∞ LIVE TOUR 2008 ∞だよ!全員集合」)

スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。