スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

KAT-TUN 2



オリジナル曲

シングル・アルバムに収録されておらず、なおかつソロ・デュエットを除いた曲を、仮名50音順に記す。

あ行

愛はいつも追いかけるモノ(作詞: ERYKAH、作曲: 石塚知生・高橋哲也)
OH-E-OH! 太陽のSalsa!(作詞: SPIN、作曲: 船山基紀)
オリジナル・ブルー(作詞: 相田毅、作曲: コモリタミノル)

か行

さ行

Six Groove(作詞: ha-j、作曲: ha-j、編曲: ha-j)
青天の霹靂(作詞: Satomi、作曲: 稲田潤)

た行

Change(作詞・作曲:堂本光一)
ツキノミチ(作詞: TAKESHI、作曲: 蔦谷好位置、編曲: 蔦谷好位置)
元々はジャニーズJr.名義のオリジナル曲
DESTINY(作詞: SPIN、作曲: 飯田建彦、編曲: ha-j)
DRIVE ME DRIVE ON(作詞: 西野健次、作曲: 宮崎歩)
ど〜にかなるさ

な行

は行

ピカピカII(作詞・作曲: 永井真人)
FUCK ME〜Do me one time,Try me one night〜 (作詞:清水昭男 Erykah 作曲:清水昭男)

ま行

Messenger(作詞: ERYKAH、作曲: 酒井ミキオ)

や行

ら行

Le ciel 〜君の幸せ祈る言葉〜(作詞: SPIN・miguel、作曲: Akihito、編曲: ha-j)
Rockin'(作詞: JOKER・SPIN、作曲: 森元康介)

わ行


出演

バラエティ番組

8時だJ(1998年4月 - 1999年9月、テレビ朝日)
music-enta(2001年4月19日 - 2002年3月14日、テレビ朝日)
ミュージック・ジャンプ(1997年4月 - 2000年3月NHK BS2)
ザ少年倶楽部(2000年4月 -(BS2)
ポップジャム(2001年4月 - 2002年3月、NHK)
裸の少年 (2001年4月 - 2003年3月 テレビ朝日)までレギュラー出演。その後不定期出演
THE夜もヒッパレ(2002年、日本テレビ) - 準レギュラー
ミンナのテレビ(2005年4月 - 2005年9月、日本テレビ)
KAT-TUN×3(2005年7月30日・8月6日、日本テレビ)
KAT-TUNのグラチャン応援プロジェクト(2005年10月1日 - 、日本テレビ)
歌笑HOTヒット10(2005年10月 - 2006年3月、日本テレビ)
ウタワラ(2006年4月 - 2007年1月、日本テレビ)
24時間テレビ29 「愛は地球を救う」〜絆〜(2006年8月26日 - 27日、日本テレビ) - メインパーソナリティ
高校生制服対抗ダンス甲子園(2006年12月30日、日本テレビ)
カートゥンKAT-TUN(2007年4月4日 - 、日本テレビ)
KAT-TUNの先輩教えて下さい!大人のオキテ100 ア〜ンドくりぃむ(2008年1月12日、日本テレビ)

テレビドラマ

怖い日曜日(1999年7月4日 - 9月26日、日本テレビ)
怖い日曜日〜新章〜(1999年10月3日 - 12月26日、日本テレビ)
熱血恋愛道(1999年1月10日 - 5月2日、日本テレビ)
怖い日曜日〜2000〜(2000年7月2日 - 11月26日、日本テレビ)
史上最悪のデート(2000年12月3日 - 2001年4月29日、日本テレビ)

CM

NTTドコモ
FOMA new9(902iS)「いくぜオンガク! 篇」(2006年6月)
NTT DoCoMo 903i(2006年11月26日 - 12月30日、JR西日本・大阪環状線の車体広告として)
企業広告「ぼくたちの自由篇」(2007年8月)
スカイパーフェクTV!
「新魔球篇」(2006年3月)
「フリーキック篇」(2006年5月)
「MUSIC LIFE! 篇」(2006年8月)
「スカパー! よくばりパックキャンペーン トナカイチャンネル? 篇」(2006年12月)
ロート製薬
もぎたて果実(2005年7月)
ロートCキューブ(2005年10月)
ロッテ
クランキー
「CMが地味? 篇」(2002年9月)
「クセなんだ♪篇」
「クセなんだ♪篇II」
「おいしい食べ方篇」
「ウォーキングバー篇」
プラスX
「グリーンアップル&レッドベリー篇」(2003年11月)
「ブルーシトラス篇」(2004年)
「ピンクベリー篇」(2005年)
「チームプラスエックス篇」(2005年11月22日 - 27日、全5話)
「ゴールドパイン衣装篇」(2006年2月)
「ゴールドパインガム3箱篇」(2006年2月)
「レインボーフルーティア篇」(2006年7月)
「オリジナルボトルキャンペーン篇」(2007年1月)
「マジックキウイ篇」(2007年7月)
「パワーオブフルーツ篇」(2007年11月)

ラジオ

KAT-TUN スタイル(ニッポン放送)
R-One KAT-TUN(文化放送)

コンサート

お客様は神サマーConcert 55万人愛のリクエストに応えて!!(2002年8月10日 - 8月28日、2都市26公演)

Ko年モ Ah Taiヘン Thank U Natsu(2003年8月8日 - 8月28日、3都市10公演)

KAT-TUNの大冒険 de SHOW(2003年8月12日 - 8月20日、ホテル・グランパシフィック・メリディアン、20公演)

KAT-TUN Live海賊帆(2004年12月28日 - 2005年1月10日、3都市14公演)

Spring 05 Looking KAT-TUN(2005年3月25日 - 3月27日、横浜アリーナ、4公演)

Looking 05 KAT-TUN(2005年5月29日 - 6月26日、5都市14公演)

Looking KAT-TUN 2005ing(2005年8月26日 - 8月28日、横浜アリーナ、6公演)

KAT-TUN Special TOKYODOME CONCERT Debut "Real Face"(2006年3月17日、東京ドーム、1公演)

Spring Tour '06 Live of KAT-TUN "Real Face"(2006年3月28日 - 5月7日、8都市40公演)

Spring Tour '06 in TOKYO DOME Live of KAT-TUN "Real Face"(2006年5月13日 - 5月14日、東京ドーム、2公演)

TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You(2007年4月3日 - 6月17日、7都市28公演)

KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES(2008年6月21日 - 8月5日)


舞台

DREAM BOY(2004年1月8日 - 1月31日、帝国劇場)

「KAT-TUN&関ジャニ∞編」(2004年4月30日 - 5月7日、梅田コマ劇場)

「滝沢秀明編」(2004年5月8日 - 5月21日、梅田コマ劇場)

SUMMARY of Johnnys World(2004年8月8日 - 8月29日、原宿新ビッグトップ)

Hey! Say! Dream Boy(2005年4月27日 - 5月15日、梅田芸術劇場、34公演)

KAT-TUN vs 関ジャニ∞ Musical Dream Boys(2006年1月3日 - 1月29日、帝国劇場、38公演)

DREAM BOYS(2007年9月5日 - 9月30日、帝国劇場、38公演)


連載

ハートビートKAT-TUN(『POTATO』)
SECRET FACE(『duet』)
KAT-TUN'S MANUAL(Johnny's Web)
愛はKAT-TUN(『週刊ザテレビジョン』)
KAT-TUNスタイル(『月刊 TVnavi』)
R-One KAT-TUN(『月刊 TVnavi』)


書籍

KAT-TUN写真集 「KAT-TUN 1st. in NEW YORK」(2003年、ワニブックス)


TEN-G

TEN-Gは、KAT-TUNのメンバーが天狗になってしまった事を歌う、全米で大ヒットしたKAT-TUNの弟分グループであるという設定。2005年8月26日に行われた横浜アリーナでのコンサートで初登場し、2006年3月17日に行われた東京ドームでのデビューコンサート「KAT-TUN Special TOKYODOME CONCERT Debut "Real Face"」と「Spring Tour '06 Live of KAT-TUN "Real Face"」の大阪公演3月28日の1部のみにも出演した。

メンバー

紫天狗(亀梨)
ピンク天狗(赤西)
腹黒天狗(田口)
青天狗(田中)
赤天狗(上田)
黄天狗(中丸)

オリジナル曲

TEN-"G"(作詞: ピンク天狗・青天狗、作曲: 吉岡たく)

スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。