スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

スカウトされた人物



ジャニー喜多川からのスカウトを受けたが、結局入所しなかった人物

「東阪企画」の会長・澤田隆治の息子 (空港でジャニー喜多川にスカウトされた)
三ツ木清隆
宮脇康之(現:宮脇健)
自著『ケンちゃんの101回信じてよかった』(2004年、講談社)の中で告白。ジャニー喜多川に気に入られ、高校生の頃に合宿所に頻繁に通うようになり、そこでバンドを組んだり、当時はまだジャニーズJr.だった近藤真彦や野村義男をパシリに使っていた。しかし、ある事件をきっかけに自分の荷物を残したままで合宿所を飛び出してしまった。その事件について本人は「まだ言えない」と口を閉ざし続けている。

京本政樹 (しかし、後に長男の京本大我がジャニーズ事務所に入った。)

新田純一
1981年、NHK『レッツゴーヤング』で「サンデーズ」のメンバーとしてデビューした頃にスカウトを受けたが断った。

ウエンツ瑛士
NHK教育『天才てれびくん』でジャニーズJr.の生田斗真、伊東亮輔の2名と共演していた事が縁で、番組卒業後の14歳の時にスカウトを受ける。しかし、「お笑いが好きだから」という理由で断った。

逸話を持つ有名人

中山秀征
「かつてジャニーズ事務所に入り、短期間ながらジャニーズJr.としてレッスンを受けていた過去がある」と、井上公造氏が2002年1月31日放送のワイドショー番組内で明かしている。

高知東生
過去に関西ローカルのトーク番組にて、「かつてジャニーズ事務所に所属し、ジャニーズJr.としてレッスンを受けていた事がある。」と自ら告白した。また、周りの友人たちにも「元ジャニーズである」と告げている。 しかし、四国の高知県に在住していた高知東生が、実際にいつ頃、どの位の期間ジャニーズ事務所に所属していたのか、その詳細な情報は一切不明のままであり、高知東生の発言の真偽が問われている。
スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。