スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

フォーリーブス 1 (略歴)



フォーリーブスは、ジャニーズ事務所に所属した男性アイドルグループの「先駆者」である。

1967年4月1日結成、1968年9月5日レコードデビュー、1978年8月31日解散。2002年再結成。 グループの愛称は「リーブ」、「リーブス」、「FL」。

端整な美少年達がステージで歌い踊るという、現在まで続く男性アイドルのスタイルを確立したグループである。 またステージ上でバック転を披露した最初のアイドルグループでもある。 ビジュアル性の高いパフォーマンスで若い女性ファンからの強い支持を受け、トップスターとしてテレビ・舞台を中心に活躍した。音楽性も高く、当時としては息の長い1970年代を代表する男性アイドルグループであった。
解散から24年を経た2002年に再結成を果たした。2007年現在も活動中である。


メンバー

北公次 (きた こうじ、1949年1月20日 - 、愛称「コーちゃん」)
青山孝 (現:青山孝史)(あおやま たかし、1951年8月10日 - 、愛称「ター坊」)
江木俊夫 (えぎ としお、1952年6月4日 - 、愛称「トシ坊」、「ポコちゃん」)
おりも政夫 (おりも まさお、1953年7月4日 - 、愛称「マー坊」、B型)

脱退メンバー
永田英二 (ながた えいじ。 愛称「英ちゃん」、「英坊」。 後にソロデビュー。 「スーパーエイジス」も結成。)
渡辺茂樹 (わたなべ しげき。 愛称「チャッピー」。 後に「ザ・ワイルドワンズ」に加入。)


概要

グループの成り立ち
1967年4月1日、ジャニーズの『太陽のあいつ』という曲のバックダンサーとしてグループを結成。メンバーは、元々ジャニーズの付き人だった北公次、3歳から子役で活躍していた江木俊夫、劇団若草出身でファッションモデルをしていたおりも政夫、同じく劇団若草出身の永田英二、そして渡辺茂樹の5名(この他にも候補メンバーとして、既に1950年代から子役と活躍していた大沢健三郎、更にはポールという名前のハーフの人物などが居た)。 この5名で、同年6月、大阪フェスティバルホールにてジャニーズが主演のミュージカル『いつかどこかで~フォーリーブス物語』に出演。しかしまだグループ名は無く、「ジャニーズJr.」としての出演だった。 ミュージカル終了後に渡辺茂樹が脱退し、北・江木・おりも・永田の4名になる。

同年8月、「第31回・日劇ウエスタンカーニバル」に初出演。この時、初めてグループ名が正式に『フォーリーブス』に決まる。 尚、「フォーリーブス=Four Leaves(4枚の葉←leavesはleafの複数形)」の意味が定説だが、本来の名前の由来は、ジャニー喜多川氏が脚本を書いたジャニーズ主演のミュージカル『いつかどこかで~フォーリーブス物語』内のグループ名からで、「4つに“別れる、去る、出発する”」という意味の自動詞の「“leave”」である。

同年10月、結成メンバーの永田英二は当時小学生だった為、スクールメイツ出身の青山孝と交替となる。

1968年9月5日、CBS・ソニーの国内契約第一号アーティストとして、両A面シングル『オリビアの調べ c/w 壁のむこうに』にてレコードデビュー。 16歳前後の美少年たちが踊りながら歌うというビジュアル性豊かなスタイルは新鮮であり、若い女性からの熱烈な支持を集め、すぐに人気アイドルとなった。また、「日本に本格的なミュージカルを」を合言葉とし、精力的なミュージカル公演も行った。

1970年にはプロマイドの売上げが男性歌手部門の1位になり、衰退期にあったグループサウンズのザ・タイガースらに代わりトップアイドルとなった。大ヒット曲はなかった(ヒットチャート最高10位)が、冒頭の江木の名ゼリフで知られる『地球はひとつ』や、『あしたが生まれる』『夏の誘惑』などの個性的な名曲がコンスタントにヒットを重ね、1970年から7年連続でNHK紅白歌合戦に出場した。また多くのレギュラー番組を持ち、安定した人気を保った息の長いアイドルグループであった。ミュージカルにも熱心に取り組み、その姿勢は現在のジャニーズに受け継がれている。

グループ内での位置付けは、運動能力に優れた北公次は華麗なダンスやバック転でステージを彩る、ダンスやアクロバット面での看板メンバー。東京音楽学院の特待生だった青山孝はジャニーズ史上でも1,2位を競うと評される程の歌唱力を持つ、歌唱面での看板メンバーであり音楽面でのリーダー的存在。フォーリーブスの楽曲の音楽性の高さは青山に負うところが大きい。名子役として芸歴の長い江木俊夫と最年少のおりも政夫はグループのMC役としてトークや司会進行を担当。おりも政夫は前期はあまり目立たぬ存在であったが、次第に話術等において豊かなタレント性を発揮するようになる。各自の個性を生かした単独での活動も徐々に増えていった。

1973年の8月にフォーリーブスへのプレゼント代や追っかけ費用を稼ぐために売春していたという女子中学生グループが書類送検されて批判を浴びた。後にその少女のうちの一人がツアーの宿泊先などでメンバー全員とも関係を持ったと答えている。

長く賞には恵まれなかったが、10周年記念曲として1976年にリリースした『踊り子』で日本歌謡大賞特別賞、日本テレビ音楽祭特別賞等を受賞した。しかし当時人気は既に下降し始めていて、ヒットチャートの最高は41位であった。翌1977年に起死回生を賭けてリリースした『ブルドッグ』は、奇抜な歌詞や振り付けが話題を呼ぶも最高40位とヒットには至らず、7年連続出場したNHK紅白歌合戦にも落選した。しかし、この曲はその後も後輩のジャニーズアイドル達によってライブやテレビで歌い継がれているほか、1997年には富士フイルム「写ルンです」のCMソングに起用され、2006年にはタレントの城咲仁によってカバーもされた。

1970年代後半になるとその人気も下降線を辿り、レコードセールスも低迷する。個人での活動の比重も高くなり、それぞれの芸能活動における方向性の違いも顕著になっていった。メンバーの平均年齢も20代後半となり、1977年には青山が結婚をするなど、アイドルとしての活動に限界を迎え、1978年の7月21日に最後のシングル『THE END-思いがけず出会ったら-/夢のかけら』をリリース、1ヵ月にわたる全国ラストツアーを行い、同年8月31日、大雨の降る中、新宿の東京厚生年金会館のステージにて解散した。 この日は何と、副社長のメリー喜多川が初めてステージに上がり、「これから頑張っていこうね」と言いながらメンバーたちと抱き合って泣いた。 尚、この解散コンサートの模様はテレビ番組としても放送され、しかも再放送までされている。解散にあたり、メンバー全員が「二度とフォーリーブスの名で再結成しない」などといった内容の念書を書かされ事務所に提出した。

1977年に、青山孝が同事務所の女性タレント・嶋田じゅんと結婚した際には、披露宴の模様がテレビ番組まで組まれて放送された。 しかし、グループ解散後の1979年に江木俊夫が結婚した際には、ジャニー喜多川、及びメリー喜多川からは祝電さえも届かなかった。

約12年の活動でシングル38枚を発表。そのシングル曲累計売上は約266万6千枚に及んだ。
解散後から再結成までの期間までは、解散直後にベストアルバムが販売されたものの、翌1979年の覚醒剤取締法違反による北公次の逮捕以後は、1992年8月にNHK-BS2で放送された『時代を駆ける栄光のアイドル達』を除き、当時の人気に反してメディアで振り返られる機会はほぼ皆無と言っても過言ではなかった。1981年に『さよなら日劇ウエスタンカーニバル』が開催された際、この企画の為にフォーリーブスを一時的に再結成させたいという話がジャニーズ事務所に持ちかけられたが即座に断られた事もあった。編集盤も解散直後に発売された物を除くと1997年9月21日発売の『アーリーシリーズ・ベスト・オブ・フォーリーブス』が初のベストアルバムであり、アルバムの再発もCDでは1994年5月21日発売の『若者』のみであった。

本家であるフォーリーブスによる過去の楽曲や映像の再発や放送の機会がほとんど無い一方、レコードレビュー前の少年隊が夜のヒットスタジオレッツゴーヤングなどのテレビ番組やコンサートでフォーリーブスの代表曲であった『ブルドッグ』『踊り子』『急げ若者』『地球はひとつ』をレパートリーとして発表。それを皮切りにジャニーズ事務所に所属している後輩のグループやジャニーズジュニアらによってそれらの楽曲がテレビやライブで歌われる姿を現在に至るまでたびたび見かけられるようになった。2002年1月29日に再結成し、往年のファンの支持を得て2006年現在もライブ中心に活動継続中である。

その後

1990年頃、青山とおりもの2人で、静岡県浜松市肴町に在る同じビル内に、『ステージバー・グリッター』(3F)というショーパブと、『タレント・ミュージック・スクール』(4F)という音楽学校の2つを開いた。 (実際の出資者はジャニーズ事務所。また、音楽学校の方だけはすぐに閉校してしまった。)
青山孝は一時、静岡県沼津市のパブでマスターをしていた時期もある。
2006年8月12日、NHK『第38回思い出のメロディー』に出演し『ブルドッグ』と『地球はひとつ』を熱唱した。北公次はバック転も披露した。久々のテレビ出演であり、特にNHKには1978年の解散時に出演した『ビッグ・ショー』以来28年ぶりである。続く2007年1月に徹子の部屋にも出演したが、以後のテレビ、ラジオ出演は再び途絶える。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。