スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

シブがき隊



シブがき隊

シブがき隊(しぶがきたい)は、かつて存在した本木雅弘・薬丸裕英・布川敏和によるアイドルグループ。所属事務所はジャニーズ事務所。

メンバー
布川敏和(ふかわ としかず、1965年8月4日 - 神奈川県川崎市出身)「フックン」
本木雅弘(もとき まさひろ、1965年12月21日 - 埼玉県桶川市出身)「モックン」
薬丸裕英(やくまる ひろひで、1966年2月19日 - 東京都武蔵野市出身)「ヤックン」

脱退メンバー
叶屋博基 (かのや ひろき、1966年4月11日 - )
まだシブがき隊に「仙八トリオ」という名前も付く以前は、「仙八悪ガキ4人組」として雑誌やアイドル番組に登場していた。

概要

1981年4月、TBS『2年B組仙八先生』に出演した4名により結成。しかしすぐに1名がメンバーから外れ、3人組となる。 約7年後の1988年11月2日をもって“解隊”した。
田原俊彦などジャニーズ事務所所属のタレントが当たり前のように披露していたバック転ができず、デビュー当時、「ジャニーズなのにバック転ができないグループ」として話題になった。
「ZOKKON 命(LOVE)」のイントロのフレーズにアメリカのロックバンド「ナイト・レンジャー」の代表曲「Don't Tell Me You Love Me」(当時の邦題/炎の彼方)のイントロのリフをそのまま使った事から一部の洋楽ファンの間で話題となり、2007年現在でも音楽雑誌等でネタにされることがある。
名前の由来は「シブい“ガキ”」を意味しており、雑誌『セブンティーン』の一般公募によって『シブがきトリオ』に決定。その後まもなくして『シブがき隊』に改められた。 ちなみに、一般公募以前は正式名称が確定しておらず、テレビ東京『ザ・ヤングベストテン』の中では「Aチーム」と呼ばれたり、『2年B組仙八先生』に出演していた事から「仙八トリオ」などと呼ばれていた。
当初は薬丸がセンターの立ち位置だったが、途中から本木がセンターになった。
バックバンドは「シブ楽器隊」という名前であった。バンド名は事務所の社長・ジャニー喜多川が命名。
解散後、本木と布川はジャニーズ事務所をすぐに離れた。薬丸は残って単独での活動を行おうとしたものの、1年後にジャニーズ事務所を離れた。
解散以来、3人が公の場に揃って出たことは全くなかった。しかし、本木も布川もそれぞれ薬丸が司会の『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」にゲスト出演している。ただし、本木と布川は何回かプライベートで会ったことがあるそうで、「はなまるカフェ」でそれを知った薬丸はショックを受けていた。
テレビ番組に出演した際、視聴者からの「シブがき隊の3人は仕事前にどんな会話を交わしているのか」という質問に対し、薬丸が「無言です」と答えたのが話題になった。解散後かなり経ってから薬丸がトーク番組に出演した際に、解散コンサートの時のことを聞かれたが、ステージの上では3人とも感極まって号泣したが、控室に戻った途端何の感慨も無く「じゃあ」といって別れたそうである。後に、薬丸が自身で書いた自叙伝に「ケンカも無ければ、グループで何かを話し合うことは殆ど無かった。もし少年隊のように、ケンカしながらも自分の本音をぶつけたり話し合いをしていれば、グループとして存続できたのかもしれない。」と書いた。
少年隊よりデビューは早かったが、事務所に入ったのは少年隊の3人の方が先である(年齢的にはシブがき隊と錦織一清が同学年、東山紀之と植草克秀は1学年下)。 そして、「会社での扱いには(少年隊と)かなり差をつけられていた」と布川がテレビ番組でのちに語っている。
意外にもグループ活動中には、カレンダーが発売されたことが無い。これは、シブがき隊として「デスクダイアリー」を発売していたため。テレビ番組でファンから「なぜカレンダーを発売しないのか?」との質問に、薬丸本人が「自分達はデスクダイアリーを出しているので、カレンダーは発売しません。」と公言した。

主な出演作品(ソロは除く)

バラエティ番組
ザ・ヤングベストテン (1981年 - 1982年、テレビ東京)
レッツGOアイドル (1982年 - 、テレビ東京)
夕やけニャンニャン (1985年 - 1987年、フジテレビ)
欽ドン!お友達テレビ (1986年、フジテレビ)
今夜見納め!これが最後のシブがき隊 (1988年、日本テレビ)解散番組

テレビドラマ
連続ドラマ
2年B組仙八先生 (1981年 - 1982年、TBS)
女7人あつまれば (1982年 - 1983年、TBS) 暴走族「黒蜥蜴」のメンバーという役柄
源さん (1983年、日本テレビ)
噂のポテトボーイ (1983年 - 1984年、TBS)
単発ドラマ
オールスターアイドルドラマ「走れ青春42.195キロ」 (1984年4月11日、テレビ東京)
ふたりの恋人・殺し屋から愛をこめて!~ロマンチック連続殺人 (1984年8月18日、TBS)
月曜ドラマランド「シブがき隊のスシ食いねェ!」 (1986年5月5日、フジテレビ)
さよならは一度だけ… (1988年、フジテレビ)

映画
シブがき隊 ボーイズ & ガールズ (1982年、東映)
三等高校生 (1982年、東宝)
ヘッドフォン・ララバイ (1983年、東映)
バロー・ギャングBC (1985年、東映)

ラジオ
シブがきトリオ 夜をまるかじり! (ニッポン放送)
シブがき隊 ホット!ヒット!!はっと?! (ニッポン放送・おりも政夫との共演)
シブがき隊 青春キャッチボール (TBSラジオ)
シブがき隊 マジジェネレーション (TBSラジオ)
ライオン リクエスト30・シブがき隊 俺たちマジだぜ! (文化放送)
シブがき隊のスーパーギャング (TBSラジオ・1986年4月~9月、木曜担当)

CM(ソロは除く)
ハウス食品「リトルボール」 (1982年のグループ初CM)
ハウス食品「おにぎり囃子」
ハウス食品「コロコロリン」
ハウス食品「グーチョコパー」
牛乳石鹸共進社「ラブジュ」
サクラクレパス「ふちどりMARKER・メタリック」
小学館「マイアイドル」
本田技研工業「DJ・1」
日興證券 (出演は無く、歌のみでの参加)

みんなのうた
スシ食いねェ!(1985年、NHK)

ディスコグラフィ

シングル
NAI・NAI 16(シックスティーン)(1982年5月5日)
100%…SOかもね!(1982年7月21日)
ZIG ZAG セブンティーン(1982年10月28日)
処女的衝撃!(ヴァージンショック)(1983年2月25日)
ZOKKON 命(LOVE)(1983年5月5日)
Hey! Bep-pin(1983年8月8日)
挑発∞(MUGENDAI)(1983年10月13日)
サムライ・ニッポン(1984年1月15日)
喝!(カツ)(1984年3月30日) 
キャッツ&ドッグ(1984年6月1日)
アッパレ! フジヤマ(1984年7月7日)
べらんめぇ伊達男(ダンディー)(1984年10月3日)
男意ッ気(イッキ)(1985年1月11日)
DJ in My Life(1985年4月3日)
月光淑女!(ムーン・ビーナス)(1985年6月29日)
KILL(1985年10月2日)
トラ! トラ! トラ!(1986年1月22日)
スシ食いねェ!(1986年2月1日)
OH! SUSHI(スシ食いねェ! 英語ヴァージョン)(1986年4月10日)
飛んで火に入る夏の令嬢(1986年6月1日)
千夜一夜キッス倶楽部(アラビアンキッスクラブ)(1986年9月5日)
恋人達のBlvd.(ブールバード)(1986年11月21日)
ドリーム・ラッシュ(1987年3月21日)
反逆のアジテイション(1987年7月22日)
演歌なんて歌えない(1987年11月21日)
PSST PSST(プス プス)(1988年2月26日)
恋するような友情を(1988年7月15日)
君を忘れない(1988年10月8日)

アルバム
ボーイズ & ガールズ(1982年7月1日)
for'83 -We come together,we'll run together-(1982年12月1日)
夏・Zokkon -Memories For You-(1983年7月1日)
Love∞MUGENDAI(1983年11月21日)
“純情元年五月五日” ~LOVE from HONOLULU~(1984年5月5日)
Honesty まじ(1984年12月8日)
バローギャングBC ~From桑港~(1985年4月21日)
エキゾティック(1985年11月21日)
5th ANNIVERSARY(1986年5月5日)
情熱的新世界 -PASSIONATE PARADISE-(1986年7月21日)
HOROSCOPE ホロスコープ(1986年12月21日)
NEXT STAGE(1987年5月5日)
PSST PSST(1988年3月16日)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。