スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

光GENJI 1 (略歴)



光GENJI


光GENJI(ヒカルゲンジ)は、1980年代終盤に一世を風靡した男性アイドルグループ。ジャニーズ事務所所属。同事務所所属のアイドルグループ・SMAPの兄貴分グループである。1987年6月25日に、「GENJI」と「光」の2つのグループが合体されて結成。1995年9月3日解散。グループ名は『源氏物語』の主人公・光源氏に由来する。また、結成当初には「ライト・イン・シャドー」というグループ名でも呼ばれていた。

メンバー

光 (元・「イーグルス」のメンバー)

内海光司(うちうみ こうじ、1968年1月11日 - )
大沢樹生(おおさわ みきお、1969年4月20日 - )(リーダー) 

GENJI

諸星和己(もろほし かずみ、1970年8月12日 - )
佐藤寛之(さとう ひろゆき、1970年11月2日 - )
山本淳一(やまもと じゅんいち、1972年2月28日 - )
赤坂晃(あかさか あきら、1973年5月8日 - )
佐藤敦啓(さとう あつひろ、1973年8月30日 - )
(「アツヒロ サトウ」を経て、「佐藤アツヒロ」に改名。)

光GENJI SUPER 5

内海光司 (リーダー)
諸星和己
山本淳一
赤坂晃
佐藤敦啓(現・佐藤アツヒロ)

SAY・S (内部ユニット)

佐藤寛之
山本淳一
赤坂晃
佐藤敦啓(現・佐藤アツヒロ)

AKIRA & KOHJI (内部ユニット、別名「とんがりーず」、1994年結成。)

赤坂晃
内海光司

「GENJI」元メンバー

田代秀高
(GENJIの結成メンバー。『サブロー・シローの歌え!ヤング大放送』にレギュラー出演し、「今、君と歌いたい」という曲を毎週歌っていた。 まもなくして赤坂晃と交替で脱退。 元々は、1986年5月にジャニーズ事務所に入り、「桜隊」のメンバーとして活動していた。ジャニーズ退所後は、太平サブロー・シローと同じ事務所へ移籍した。)

「GENJI」候補メンバー

山崎正人
(元「桜隊予備軍」メンバー。 ジャニーズ時代の愛称は、ジャニー喜多川が命名した「マットくん」。 長野県長野市松代町生まれ、千葉県鎌ヶ谷市育ち。 ジャニーズ事務所退所後、1989年に「SHADOW」というアイドルグループを結成。「山崎銀次」→「山崎銀」→「木山将吾」の順で改名し、暴露本『SMAPへ ― そして、すべてのジャニーズタレントへ』の著者として話題となった。)

阿部直人 (元「桜隊予備軍」メンバー。 後に「シャイニー」に移籍してモデルに。)
横山雅巳
石山秀雄
松原一平 (後に「スケートボーイズ」を経て「平家派」のメンバーに。 愛称は「ケロ」。)

概要

1987年3月に、諸星・寛之・山本・敦啓・田代の5名で「GENJI」を結成。同年4月5日より、TBSの音楽番組『サブロー・シローの歌え!ヤング大放送』のレギュラーになる。 この番組のオープニングで、初のオリジナルソング「今、君と歌いたい」を毎回披露していた。

まもなくして、田代が赤坂と交替。

同年の来日ミュージカル『スターライト・エクスプレス』のキャンペーンに合わせ、同年6月25日に、既存グループだった5人組の「GENJI」と、元・イーグルスの2人による「光」の2つのグループを合体して、「光GENJI」が結成された。

同年8月19日にポニーキャニオンから『STAR LIGHT』でレコードデビュー。その時のキャッチコピーは、“超新星からのメッセージ”だった。

光GENJIの登場は社会現象となり、ファンクラブの会員数は、50万人にも及んだ。また、ファンたちによる「応援グループ」(親衛隊)も日本全国で作られた。大阪の「紫式部」が最大グループと言われ、他にも「ピンクシャンパン」、「敦啓宗教」、「ZOO」、「めるしぃぼく」など、多数のグループが存在した。

ローラー・スケートを履いてのパフォーマンスが話題となり(このほかにも多数のパフォーマンスを披露した)、全国の小中学生の間にローラースケートを流行させた。ヒットはしなかったが、ファミコンソフトにもなっている。

ジーンズの短パンなど半裸に近い衣装が印象的で、歌の途中で上半身の衣装を脱ぎ捨てるパフォーマンスに、『ザ・ベストテン』の司会者・黒柳徹子が思わず目を覆ったという話がある。

振り付け、特に初期の楽曲のそれは大変に激しかったため発汗の量が尋常ではなく、下着を日に二回は取り替えねばならなかったということが『ザ・ベストテン』の司会者・黒柳徹子によって番組中で語られている。

メンバーのイメージカラーは、内海光司=青、大沢樹生=紫、諸星和己=ピンク、佐藤寛之=水色、山本淳一=赤、赤坂晃=緑、佐藤敦啓=黄色だった。

佐藤寛之・赤坂晃・山本淳一・佐藤敦啓の4人で “SAY・S”(セイズ)という内部グループがあり、SAY・Sという名前は佐藤寛のS・赤坂のA・山本のY・佐藤敦のSで4人のそれぞれの頭文字をとってつけた名前で出来ている。

1988年(昭和63年)には『パラダイス銀河』『ガラスの十代』『Diamondハリケーン』がオリコン年間シングルチャートの1・2・3位を独占するという、1978年(昭和53年)のピンク・レディー以来の大ブームを巻き起こした。

1988年1月に発売したビデオ『太陽がいっぱい 光GENJI』は約30万本を販売し、当時日本のビデオソフトとして最大の売り上げを記録した。

1988年から1992年(平成4年)まで、『ミュージックステーション』にレギュラー出演していた。出演数は234回と歴代アーティストの中でトップである。

1994年8月31日に大沢樹生・佐藤寛之が脱退し「光GENJI SUPER 5」にグループ名を変更。

翌1995年9月3日に解散した(なお、公の場では“解散”ではなく“卒業”と表記している)。

この解散コンサートのチケットには、最高で100万円もの値が付き、またそれが実際に売れたという逸話を持つ。

尚、光GENJI SUPER 5が解散する際、諸星がジャニーズ事務所とのマネージメントにおける契約問題があったこと、またその事も解散の要因のひとつである、と自伝で公言していた。

現在、CHAGE and ASKA(特に飛鳥涼)が提供した『STAR LIGHT』『ガラスの十代』『パラダイス銀河』など、全盛期の名曲は後輩に歌い継がれているのみならず、ブラスバンドの定番楽曲となり、高校野球の応援や官公署の祝い事などで演奏されることも多い。

ジャニーズ事務所タレントとの関係

メンバーにイメージカラーを付ける構成は後輩のSMAP、V6、KinKi Kids、嵐、関ジャニ∞に引き継がれている。また、声優ユニットのDROPSとAice5、お笑いグループのザ・プラン9も使っている。

年長の2人(元イーグルス)を「光」、残りの5人を「GENJI」と分けるグループ内ユニットの存在が特徴的で、このスタイルは後輩のV6(20th Century・Coming Century)、Hey! Say! JUMP(Hey! Say! BEST・Hey! Say! 7)、B.A.D.BOYS(B.A.D.・BOYS)に引き継がれた。

初期のバックダンス、およびスケボーのパフォーマンスは、後のSMAPとして活躍するメンバーを含む「スケートボーイズ」というグループだった。 1988年12月31日放送の『NHK紅白歌合戦』で、光GENJIが「メドレー~ガラスの十代~パラダイス銀河~Diamondハリケーン~剣の舞~」を披露した際にも、SMAPはスケボーで登場している。 更に翌1989年の紅白歌合戦にはコーラスとして参加した。

『剣の舞』や『地球を探して』に登場したバックダンサーグループ「平家派」には、野口隆史(後の反町隆史)、坂本昌行、長野博、城島茂、山口達也、国分太一、井ノ原快彦らが在籍していた。

『勇気100%』は、NHK教育テレビのテレビアニメ『忍たま乱太郎』の初代オープニングテーマソングに選ばれ、1993年から2002年まで使用された。またこの曲を紅白歌合戦で歌った時は、TOKIOがバックでローラースケートを滑っていた。2002年からはジャニーズの後輩のYa-Ya-yahに『新・勇気100%』として受け継がれている。

ローラースケートはK.K.Kity、Kis-My-Ft.2が受け継いでおり、『パラダイス銀河』を中心に光GENJIの代表曲を歌う時にローラースケートを履いている。


追っかけ

ジャニーズ系タレントの例に漏れず、彼らにも「追っかけ」は存在したが、それらファンの熱狂振りは驚異的なものであった。人気の凄まじさゆえに、メンバーたちはプライベートの確保や行動がほとんどできなくなり、メンバーやその家族などの関係者には苦悩した者もいたという。メンバーのある者は、実家がツアー旅行の観光ルートに組み込まれるという体験をしたことを自伝で語っている。

ブーム真っ只中の1988年当時、最年少のメンバーは中学3年生で、プライベートで学校の修学旅行にも参加したが、行き先である京都には大量の追っかけの他、特ダネ狙いのカメラマンまでもが出没する有り様で、行き帰りの京都駅や東京駅の構内でも一目見ようと数百人からそれ以上のファンが待ち構えており、それを警備の為に多くの駅職員や鉄道警察隊が動員され、必死に制止するという状況であった。投宿時には外出機会とメンバーの安全の確保のために、本人は伊達眼鏡や帽子で変装し(変装姿を撮った写真も存在する)、さらに影武者や外出先についての偽情報まで使用されたほどである。帰路の東京駅でも、押し寄せたファンの為に新幹線ホームからの移動すらままならず、時には郵便物の搬送などに使われる業務用通路を通って駅から「脱出」するという有様であった。この模様の一部は歌番組でも放映された。他にも写真週刊誌などでも報道があった。

1980年代末から1990年ごろにかけてはバレンタインデーに大型トラックで数台分ものチョコレートが送られた。事務所にトラックが到着する映像はこの時代の歌番組の風物詩になっていた。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。