スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
--/--/--(--) スポンサー広告

森且行



森且行

森且行(もり かつゆき、1974年2月19日 - )は日本のオートレース選手で、SMAPの元メンバーである。東京都足立区出身。東京都立日本橋高等学校卒業。血液型B型。

所属事務所
ジャニーズ事務所 → 日本小型自動車振興会・川口オートレース場

オフィシャルファンクラブ
Angel → ビアンコ

ジャニーズ時代の参加ユニット
スケートボーイズ
SMAP
でこぼこ隊[要出典]
音松くん

来歴·人物

中学時代に、兄の森久典(別名・森正行)と共に、ジャニーズ事務所のファンクラブ「ジャニーズ・ファミリー・クラブ」へ直接履歴書を持って出向いて頼み込んだ結果、2人揃ってジャニーズ事務所入りを果たし、ジャニーズJr.となる。

1987年11月、スケートボーイズの一員としてデビュー。 1988年4月にSMAPを結成し、1991年9月9日にCDデビューした。

1996年5月一杯で、オートレース選手に転身する為、SMAPを脱退。同時にジャニーズ事務所も退社した。脱退以降、SMAPの過去の映像が出る場合は森の姿が映っていない物しか使われていないことが多い。

SMAP時代のイメージカラーは白で、今でも好きな色は白。

2000年後期から2004年後期まで、オートレーサーとしては最高位であるS級にランクされ、一流選手の仲間入りをした(2006年後期もS級にランクされている)。雨と冬場の強さには定評がある。

オートレースでの師にあたる人物は広瀬登喜夫。

既婚で1児の父。

SMAPの中で森だけフジテレビ系列の月9ドラマに出演していない。


オートレース選手としての活動概略

1996年8月25日 : 訓練中に大事故。左大腿骨脱臼骨折の重傷。

1997年春 : 同期生に数ヶ月遅れて養成所卒業(事故による入院で訓練が遅れたため)。

1997年7月6日 : デビュー戦を1着で飾る。

1998年4月14日 : 25期生の新人王決定戦で優勝。

1998年 : オートレース選手の森且行としてポカリスエットのCMに出演。

2001年 : オートレース選手の森且行としてユニクロのCMに出演。

2003年10月4日 : 念願のグレードレース若獅子杯(GII)で優勝。

2004年3月21日 : SG(グレードレース最高峰)第17回全日本選抜オートレースで初優出(5着)。

2005年7月28日~31日 : 鈴鹿8時間耐久ロードレースでオートレース·ハルクプロ監督を務め、青木治親・安田毅史ペアが総合3位クラス優勝した。

2007年4月~: 平成19年度のオートレースイメージキャラクターに選ばれ同CMに出演。

2007年4月15~18日 : 川口オートレース場の開催で、初の完全優勝[要出典](完全優勝とは、優勝戦も含めその節に出走した全ての競走で1着となること)。優勝戦は定評ある雨コースでの勝利であった。


SMAPのメンバーとして

木村拓哉と共にメインボーカル的な役割を務めており、ファンの間では「ツインボーカル」と呼ばれていた。
SMAPの初期のシングルの大半が、Aメロ・木村、Bメロ・森、サビ・全員という構成になっている。

SMAPの初期の作品では、サビの部分の大半は木村と森の声が占めていた。

SMAPの人気に火がつく契機となったフジテレビ系『夢がMORIMORI』では、森の姓がタイトルに含まれることもあって、メンバーの中でも主要な扱いを受けていた。しかし番組タイトルそのものは司会者であった森脇健児と森口博子の頭文字をとっている。

顔が小さく足が長い、締まったヒップに無駄な筋肉は付いてないが運動能力の高さを感じさせる骨格、SMAPの中で最も芸能人らしい芸能人・一目で芸能人とわかるオーラを放つタレントと業界で言われていた。

料理に長けており、フジテレビ系『SMAP×SMAP』の料理コーナー「BISTRO SMAP」では
当初「木村vs森」という構図で対戦が行われていたが、番組開始からわずか2ヶ月で引退・降板となった。なお最終出演日は木村とチームを組んでいる。

引退記者会見には、SMAPのリーダー・中居正広が同席した。
中居は、森がオートレース選手になるという夢を叶えたということで、読売ジャイアンツの選手になるという自身の夢であり、ファンである当時ジャイアンツの新人内野手であった仁志敏久(現横浜ベイスターズ)のユニフォームを着用していた。本人の希望としては近藤真彦のようにレーサーと芸能活動の両立を希望していたとの説も強い。

森が出演する最後の『SMAP×SMAP』は、当時の番組最高視聴率となった。

中居が司会を務めていたフジテレビ系『TK MUSIC CLAMP』にも引退日直前(1996年5月29日OA)に出演、二人でしんみりとしたトークを展開した。

引退後は、SMAPの過去のVTRがテレビ番組で紹介される際、森の映る映像は全て編集でカットされるようになった(本来森が歌っているシーンを他のメンバーのアップに差し替えたり、森の立ち位置が端の場合には、画面を拡大する、森の姿を切り取る、場合によってはモザイクをかけたり、CGで森を消してしまうと言った編集が施されている)。

ジャニーズ事務所の副社長・メリー喜多川の「森などという人間は最初から(SMAPに)存在しない!」(メリー本人が実際に発言)という強引な意向・主張により、森の存在を隠滅する為、森の映る映像を一切流さないようにテレビ局などのマスコミ各社に圧力を掛けた結果である。

香取慎吾が総合司会を務めた2007年のフジテレビ系『FNS27時間テレビ・ビストロSMAPスペシャル』内でSMAPのデビューシングルのジャケット写真が公開された時や、日本テレビ系『24時間テレビ』の宣伝特番(2007年放送)で1995年にSMAPがメインパーソナリティを務めた時の映像を流した際も、やはり森の姿が消されていた。

(例外として、2004年6月頃にテレビ朝日系列で放送された「中居正広が今さら…キスした?SMAP」では6人全員で写った当時のビデオもいくつか放送されていた。ただ番組内では殆ど触れられず、唯一遥洋子が「6人やったんやなあ…」とつぶやく程度だった。この他にも、『TBSテレビ50周年特番』や、『SMAP×SMAP』で過去のVTRを特集した際に若干、森の姿が確認された。また、映像が放映されない場合でもメンバーが自ら森の事についてコメントする事が、極稀にある。但しその場合、森の名を最初に口にするのは必ず中居であり、他のメンバーが森の話題を出したのは、『速報!歌の大辞テン』に稲垣吾郎がVTR出演した際、森のパートを誰が歌うことになるかについてを触れた程度だった。映像では森脱退後のコンサートのものが使われていた)

木村に長女が産まれた際には、「おめでとうメッセージ」を伝えたり、2001年、稲垣が事件を起こした際にも心配して電話を入れたり、自身の公式サイトでも「好きなドラマ」にメンバーのドラマを挙げたりなど、現在でも「遠くにいるけど一番近いSMAP」と言えるだろう。

稲垣の謹慎が明けた際のSMAPメンバーのコメント(SMAP×SMAPより)では「やっぱりSMAPは5人でなきゃダメなんだ」といった類のものが多かったが、これは森に対する配慮が欠けたものとして笑い話となっている。

2004年、稲垣が自身のソロプロジェクトである&G名義でテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演した際の司会のタモリとのトークでは、デビュー当時のエピソードなどを語りながら突如思い出したようにカメラに向かって「森くん見てる~~?」と稲垣が手を振る一幕があった。ただその行為には特に誰も反応せず何事もなかったように番組は進行した。


主な出演作品

テレビドラマ
3年B組金八先生(1988年)
ツヨシしっかりしなさい(1989年)
世にも奇妙な物語「三日間だけのエース」(1991年)
真夜中を駆けぬける(1993年)
君が見えない(1994年)
ママのベッドへいらっしゃい(1994年)
SALE!(1995年)

映画
シュート!(1994年)
大失恋。(1995年)


オートレースでの主な勝績

デビュー戦(1997年)
新人王決定戦(1998年)
グレードレース若獅子杯(GII)(2003年)
川口オートレース場開催レース(一般開催)、初の完全優勝(2007年4月18日)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
 

古川栄司



古川栄司

古川 栄司(ふるかわ えいじ、1971年7月11日 - )は、ジャニーズ事務所に所属していた元忍者のメンバー。静岡県出身。

1988年、少年隊に憧れてジャニーズ事務所入り。
Jr.のユニット・平家派として光GENJIのバックを務めた後、90年、忍者のメンバーになる。
ダンスは下手だったが、歌はとても上手で、シングル「日本」ではメインボーカルとして、語りかけるような甘い声を披露。
94年、志賀泰伸と共に忍者・ジャニーズ事務所を脱退。
ジャニーズ脱退後、グランクリュコンサルティングに移籍したが、その後、芸能界を引退。

ジャニーズ時代の参加ユニット
平家派
忍者
 
 

志賀泰伸



志賀泰伸

志賀 泰伸(しが やすのぶ、1968年8月3日-)はジャニーズ事務所に所属していた元「忍者」のメンバー。 神奈川県横浜市港北区出身。 血液型・O型。 日本大学中学校→日本大学高校→都立日比谷高校定時制中退。

所属事務所
ジャニーズ事務所 → 天クリエイト → グランクリュ・コンサルティング(古川栄司が先に所属していた事務所) → パン・プランニング → ?? → スパイス(2000年一杯で退社) → フリーランス

ジャニーズ時代の参加ユニット
Mr.ミュージック
少年忍者
少年御三家
忍者


経歴

1984年春、田原俊彦に憧れ、日本大学高校1年生の時にジャニーズ事務所に入所。
1985年、「忍者」の前身である「少年忍者」のメンバーになり、少年隊などのバックダンサーを努める。
1990年8月22日、「忍者」としてCDデビュー。
1994年、デビュー当時から既に結婚をしていた事が発覚し、古川栄司と共に、「忍者」及びジャニーズ事務所を脱退。
俳優としてVシネマや舞台に出演する他、「グランクリュ・コンサルティング」所属時代には、後述の「D-run(デュラン)」というバンドグループも結成。ボーカルを務めていたがメンバーの事務所移籍などにより解散した。


性格・特徴

大雑把でおとなしい性格だが髪型にやたらこだわっていた。

普段おとなしいのに遊ぶときはよくはしゃいでいたらしい。

「10年後も忍者でいたい」と、1992年のコンサートビデオで語っている。

忍者時代はよく、郷ひろみ(若人あきら)にそっくりだと言われていた。

幼い頃よく女の子に間違えられていた。

小学校にあがって間もなく親の勧めで剣道を始め、小学校4年生の時の大会で優勝した。

妹も昔、アイドルとして芸能界デビューしていた過去がある。

忍者の中では一番の酒豪だった。

小学校生の時に、剣道の大会で日本一になった。

忍者時代に、メンバーの遠藤直人から「メンバーの中で志賀の声質が一番好き」と言われたが、「志賀は自分でその良さを分かってない」とも言われた。

ダンスの振りの覚えが悪く、自ら「忍者の足を引っ張っている」と言う程だった。

忍者時代、撮影などの時にいつもメイクさんに髪を切って貰っていたので、メンバーの高木延秀から「散髪しに行く金もないほど貧乏なのか?」と思われていた。
 本人曰く、「髪がよく伸びるので、その都度散髪に行っている暇がない」との事。

デビューしてから約2年間で、体重を10?増やした(デビュー当時の体重が42?と痩せ過ぎであった為)。

小、中学校まではとても勉強好きで成績も良かった。

忍者時代、ラジオ番組内で「忍者のここだけは嫌」というのをファンに投稿して貰うコーナーがあり、その時に志賀は「ぼそぼそ喋っててジジくさい」と言われた。

主な出演作品

テレビドラマ
連続ドラマ
はぐれ刑事純情派 (1998年、テレビ朝日)
第11シリーズの第8話に、女を騙して殺されるホスト役でゲスト出演。
裸の大将放浪記(フジテレビ)ゲスト出演
単発ドラマ
月曜ドラマスペシャル「警部補 坪内直哉~父と娘の事件簿~」(1998年2月、TBS)

映画
少年武道館
トイ・ソルジャー (日本語吹き替え版ビデオにて声優出演)
蛾狼の群れ

Vシネマ
バトル・チャレンジャー/激走
ワイルドタッチ2 パチスロ大攻略 AREX編
ワイルドタッチ3 パチスロ大攻略 アステカ編

ラジオ
少年忍者のMidnight War (文化放送)
忍者、ナン者、モン者!! (ABCラジオ)
忍者の今夜もお祭り (文化放送)
忍者のハート・ロック 三十分一本勝負 (文化放送)

[編集] 舞台・ミュージカル
「少年隊ミュージカルPLAYZONE」シリーズ (通称・プレゾン、PZ)
PLAYZONE "MYSTERY" (1986年)
PLAYZON'87 TIME-19 (1987年)
PLAYZONE'88 カプリッチョ ―天使と悪魔の狂想曲― (1988年)
PLAYZONE'89 Again (1989年)
PLAYZONE'90 MASK (1990年)
ブルースな日々 あぁガス欠! (1998年、新宿シアターサンモール)

[編集] D-run
志賀を軸に、1995年に結成された3人編成のバンドで、下北沢や恵比寿のライブハウスで活動していた。
「D-run」というバンド名は志賀が発案した。「Dream-run」の略で、「夢に向かって走る」という意味。読み方は「デュラン」。
メンバー
志賀泰伸 (ボーカル、最年長)
今井芳継 (ギター、元・「Cygnuss」のメンバー)
かりちゃん (キーボード、音大出身者)

 
 

前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。